生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 食品表示 > 「農産物漬物」の原料原産地表示はどのようになっていますか?その2

「農産物漬物」の原料原産地表示はどのようになっていますか?その2

  • 投稿日時: かるかる
  • 2009年12月 5日 00:33
  • 食品表示

みなさま こんにちは。かるかると申します。 718px-Fukujinzuke by DoWhile.jpg 前回から、加工食品のうち、「個別の加工食品で原料原産地表示が義務付けられているものの品質表示基準」の4品目のうち、「農産物漬物」の原料原産地の表示対象について、かいつまんで ご紹介しております(*)。

 今回は農産物漬物の「主な原材料」が原料原産地の表示にかかわるところから始めます。

 

 農産物漬物品質表示基準の第2条に「主な原材料」の定義があります。

 

「原材料の重量に占める割合の高い農産物又は水産物の上位4位(内容重量が300g以下のものにあっては、上位3位)までのもので、かつ、原材料の重量に占める割合が5%以上のものをいう。」

 

 つまり、農産物漬物の「主な原材料」とは、内容重量が

○300gより重ければ、上位4位かつ、原材料の重量に占める割合が5%以上のもの。

○300g以下なら、上位3位かつ、原材料の重量に占める割合が5%以上のもの。

というわけです。

 

 そして、原料原産地表示の仕方については、第4条(3)ア で定められております。

「農産物漬物の主な原材料の原産地名は、原材料に占める重量の割合の多い原産地の順に、次に定めるところにより記載すること。農産物漬物の主な原材料以外の漬けた原材料の原産地名についても、同様に記載することができる。
(ア) 農産物
国産品にあっては国産である旨を、輸入品にあっては原産国名を記載し、その原産地名の次に括弧を付して、当該原産地を原産地とする主な原材料を原材料に占める重量の割合の多いものから順に、その最も一般的な名称をもって記載すること。ただし、国産品にあっては国産である旨に代えて都道府県名、市町村名その他一般に知られている地名を、輸入品にあっては原産国名に代えて一般に知られている地名を記載することができる。
(イ) 水産物
a 国産品にあっては国産である旨を、輸入品にあっては原産国名を記載し、その原産地名の次に括弧を付して、当該原産地を原産地とする主な原材料を原材料に占める重量の割合の多いものから順に、その最も一般的な名称をもって記載すること。ただし、国産品にあっては国産である旨に代え生産(採取及び採捕を含む。)した水域の名称(以下「水域名」をいう。)、水揚げした港名又は水揚げした港若しくは主たる養殖場が属する都道府県名、市町村名その他一般に知られている地名を記載することができる。
b 輸入品にあっては、aの規定にかかわらず、原産国名に水域名を併記することができる。」

 

 

つまり、

○輸入品は原産国名を記載する。

○国産品は国産である旨を記載する。(主な原材料を原材料に占める重量の割合の多いものから順に、その最も一般的な名称をもって記載する。)

 

そして、

国産品の場合は原料の種類によって、「国産」と表示する代わりに、

 

農産物なら、

○都道府県名

○市町村名

○その他一般に知られている地名

を記載することができる。



水産物なら、

○生産した水域の名称(「水域名」)

○水揚げした港名又は水揚げした港

○主たる養殖場が属する都道府県名、市町村名その他一般に知られている地名

を記載することができる。
 

というわけです。

 

次回も農産物漬物の原料原産地表示についてご案内いたします。

 

今回の記事を書くにあたり、農林水産省のホームページより参考にさせていただきました。 

(*)...農産物漬物品質表示基準

http://www.maff.go.jp/j/jas/hyoji/pdf/kijun_31.pdf

 

写真 はDoWhile氏 、ウィキメディア・コモンズより。

ホーム > 食品表示 > 「農産物漬物」の原料原産地表示はどのようになっていますか?その2

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープさっぽろ ひんかんひろば
http://blog.todock.com/mt4i/hinkan/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ