生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 商品へのお申し出 > 牛乳のお話

牛乳のお話

 お盆の思い出ですが、りかおの両親は三重県出身で毎年この時期、三重県にいき、クワガタや蝉取りによくつれていってもらった記憶があります。

またいとこが井村屋に勤めており井村屋の製品を食べさせてもらった記憶があります。

そのおかげか今でも井村屋の製品は好きですし、野球は中日ドラゴンズのファンでもあります。baseball

今日のお話は組合員からの質問で「72度で15秒殺菌しているものと、130度で2秒間殺菌している牛乳、栄養面で違いはあるの?」です。

72度、15秒間の殺菌方法はHTST殺菌といわれており、High Temperature Short Time(高温短時間)の略です。この殺菌方法は体に有用な菌だけを残し、たんぱく質の変性も少ないといわれております。

 

90px-Vitello.jpg 

 一方、130度で2秒間の殺菌方法はUHT殺菌といわれており、Ultra High Temperature(超高温)の略です。日本では一般的な方法でこの殺菌方法はより滅菌に近いので保存性が良くなります。

 

120px-Cow_milking_machine_in_action_DSC04132.jpg 

 HTST殺菌などと比べて成分的な差はあまりありませんが、高温をかけるUHTのほうはカルシウムやたんぱく質が熱変性を起こすことが知られています。またビタミン類は、UHTのほうが10~20%ほど少なくなります。

さてさて難しいお話はこれぐらいにしておいしい牛乳をいただきましょう。

450px-Milk_glass.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム > 商品へのお申し出 > 牛乳のお話

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープさっぽろ ひんかんひろば
http://blog.todock.com/mt4i/hinkan/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ