生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > よもやま話 > 史上最強の毒物

史上最強の毒物

ご無沙汰してました、おさぴいです。

 

怖い話しです。

急性毒性で史上最強の毒物は何か、分かりますか?

なんと悪名高きダイオキシンの100倍も強いものがあったのです。

それは「ボツリヌス毒素(ボツリヌス菌が産生する毒素)」です。

 ボツリヌス菌といえば、九州で起こった「辛子れんこん」の食中毒事故を憶えていますか。

お土産品だったので被害者は14都府県に広がり9名もの人が亡くなりました。

 

ボツリヌス.gifのサムネール画像                                          

 

 

 

ボツリヌス菌 

 

 

急性毒性はLD50といって、その物質をエサに混ぜてラットなどの動物に食べさせ、そのうちの半数が死んでしまう量で表します。

ボツリヌス毒素は0.00001mg/kg、

ダイオキシンは0.001mg/kg、

ですから急性毒性は100倍です。

そのほかにニコチンは1mg/kg、

冷凍餃子中毒事故で問題になった農薬のメタミドホスは7.5~30mg/kg・・ということです。

(数値が小さいほど毒性は強いのです)

 これは酪農学園大学で開催されているコープさっぽろ寄付講座で聞いた話しです。

 

化学合成物質より自然界の毒物のほうが強力だなんて、

「天然は安全・安心、からだにやさしい・・」なんて単純なものではないのですね。

 

これから食中毒の季節、細菌たちも生き残るために一生懸命がんばるはずです。

私たち人類も気をつけましょう。

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/26541
この記事へのトラックバック一覧
史上最強の毒物 from コープさっぽろ ひんかんひろば

ホーム > よもやま話 > 史上最強の毒物

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープさっぽろ ひんかんひろば
http://blog.todock.com/mt4i/hinkan/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ