生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 食品表示 > 加工食品の原料原産地の表示方法についてのお話です。

加工食品の原料原産地の表示方法についてのお話です。

  • 投稿日時: かるかる
  • 2009年5月18日 22:24
  • 食品表示
こんにちは かるかるです。


前回は加工食品で原料原産地表示をしなければならない24の食品の
分類群についてご紹介しました。

そして、一つクイズをお出ししました。
それは、「これらの加工食品の中で、
一番最初に原料原産地表示が義務づけられたのはどれでしょうか?
というものです。
答えは、
 
「うめぼし」と「らっきょう」です。
 
 どちらも、平成12年12月に義務付けられました。
それまでは、加工地を強調することで消費者に原料の「原産地」と
誤解を与えるような産地表示が行われているものがあり、
原料原産地表示の要望が強く寄せられていたのだそうです。


 
さて、今回は、加工食品の原料原産地の表示方法についてのお話です。
 
 
対象となる加工食品では、どのように原料原産地を表示するのでしょうか?
 
 
農林水産省の
加工食品品質表示基準Q&A(原料原産地表示)
 
から かいつまんでご紹介いたします。
 
 
 基本的な表示方法として、まず、
主な原材料が国産品である物には、「国産である旨」を、
輸入品にあっては、「原産国名」を表示します。
 
具体的には、原材料名欄にかっこ書きで表記するか、原料原産地名欄に
表記します。
 
 
《例1:原材料欄にかっこ書きで表記》
------------------------------------------------------------------------------
名称     あじの開き
原材料名  真あじ(A国)、食塩
内容量    1尾
消費期限  平成××年××月××日
保存方法  10℃以下で保存してください。
製造者    ××株式会社 ××県××市××町×‐×
------------------------------------------------------------------------------
 
《例2:原料原産地名欄による表記》
------------------------------------------------------------------------------
名称       あじの開き
原材料名    真あじ、食塩
原料原産地名 A国 
内容量      1尾
消費期限    平成××年××月××日
保存方法    10℃以下で保存してください。
製造者      ××株式会社 ××県××市××町×‐× 
------------------------------------------------------------------------------
 
 
 
 それでは、主な原材料について、複数の原料原産地を表示する場合は
どのように表示したらよいのでしょうか?
 
 2カ国以上のものを混合した場合は、
原材料に占める重量の割合が多いものから順に原産国名を記載します。
 
《例3:原材料に占める重量の多いものから順に原産地名を記載》
------------------------------------------------------------------------------
名称     乾燥○○
原材料名  ○○(A国、B国)、××、△△
内容量    100g
消費期限  平成××年××月××日
保存方法  直射日光を避け、常温で保存してください。
製造者    ××株式会社 ××県××市××町×‐×
------------------------------------------------------------------------------
 
 
 主な原材料の原産地が3カ国以上ある場合は、原材料に占める
重量の割合が多いものから順に2箇所以上記載し、その他の原産
地を「その他」と記載することもできます。
 
《例4:原料原産地が3箇所以上であり、全て記載する場合》
------------------------------------------------------------------------------
名称     乾燥○○
原材料名  ○○(A国、B国、C国、D国)、××、△△
内容量    100g
消費期限  平成××年××月××日
保存方法  直射日光を避け、常温で保存してください。
製造者    ××株式会社 ××県××市××町×‐×
------------------------------------------------------------------------------
 
《例5:原料原産地を2箇所以上記載し、
それ以上を「その他」として記載する場合》
------------------------------------------------------------------------------
名称     乾燥○○
原材料名  ○○(A国、B国、その他)、××、△△
内容量    100g
消費期限  平成××年××月××日
保存方法  直射日光を避け、常温で保存してください。
製造者    ××株式会社 ××県××市××町×‐×
------------------------------------------------------------------------------
 
 
 以上、少し長くなりましたが、
かいつまんでご紹介させていただきました。
ここまで読んで下さって、ありがとうございます。
 
 
 お買い物をされる際にも、原料原産地の情報を食品選択の重要な
めやすと 考える組合員さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
 加工食品の原料原産地表示については、
今もさらなる見直しに向けて検討が進んでいるそうです。
 
 
次回からは、24ある義務表示対象品目について順番に見ていきましょう。
 
 まず、「1 乾燥きのこ類、乾燥野菜及び乾燥果実(フレーク状又は
粉末状にしたものを除く。)」についてのご紹介といたします。
 
 
 
 
  
 
 
 

ホーム > 食品表示 > 加工食品の原料原産地の表示方法についてのお話です。

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープさっぽろ ひんかんひろば
http://blog.todock.com/mt4i/hinkan/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ