生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 残留農薬・動物用医薬品 > 食品中の残留農薬分析とは②

食品中の残留農薬分析とは②

こんにちは、りかおです。「食品中の残留農薬分析②」です。

 食品中の残留している農薬を分析するにはクロマトグラフィーという手法を用いて分析します。
クロマトグラフィー!?ほとんどの人は聞いたことがないと思います。
1903年、ロシアの植物学者のTswettが植物の色素の分離に成功し、この分離手法をクロマトグラフィーと命名しました。

P7120076

(ほうれんそう中の残留農薬を検査する様子)

この1903年にはライト兄弟による人類初の動力飛行に成功した年でもあります。
最近の話題としては大麻問題で精密分析をしましたが、この精密分析をする際、クロマトグラフィーという手法を用いて検査しました。

015_2

(丘珠空港に着陸予定の飛行機です。飛行機はここまで進化しました)

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/13995
この記事へのトラックバック一覧
食品中の残留農薬分析とは② from コープさっぽろ ひんかんひろば

ホーム > 残留農薬・動物用医薬品 > 食品中の残留農薬分析とは②

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープさっぽろ ひんかんひろば
http://blog.todock.com/mt4i/hinkan/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ