生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > よもやま話 > 商品の回収②

商品の回収②

おさぴいです。2回目の投稿です。

ブログ09/09/12

商品回収の続きです。
三笠フーズの事故米不正販売で、さらに焼酎3品がコープさっぽろの店頭から撤去されました。

調査が進むとさらに拡大するかもしれません。

さて、回収される商品は2つに分けられると考えます。

ひとつは商品の中身そのものに健康危害の可能性があるものです。

例えば残留農薬の基準を超過している、食中毒の危険がある、などの商品です。

これらは商品として流通させることはできませんから、早急に回収する必要があります。

もうひとつは商品の中身そのものには健康危害のおそれはないが、表示が間違っているものです。

例えば内容量が不足している、賞味期限を9月31日と間違って印字したものなどです。
ある食の安全安心に関するシンポジウムで会場の参加者からこんな質問がでました。

「量目不足の商品なら、その理由を明らかにして相当分を値引きして売れば、商品回収する必要はないし、無駄にならないと思いますが、どうでしょうか?」

その質問に対して、ひな壇にいたお役所の方の回答は
「法律上は計量法違反の商品なので販売することはできません」でした。

続けて
「でも、そういった消費者の声が大きくなれば法律が変わることはあります」

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/13985
この記事へのトラックバック一覧
商品の回収② from コープさっぽろ ひんかんひろば

ホーム > よもやま話 > 商品の回収②

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープさっぽろ ひんかんひろば
http://blog.todock.com/mt4i/hinkan/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ