生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > よもやま話 > 寄付講座「フードビジネス特論」試験を受けました。その2 講義の内容や感想について

寄付講座「フードビジネス特論」試験を受けました。その2 講義の内容や感想について

こんにちは かるかるです。

前回に引き続き。酪農学園大学のコープさっぽろ寄附講座「フードビジネス特論」を受講したお話です。

テーマは「食の安全、安心(信頼)への回復に向けて」でした。

4月17日~7月24日の毎週木曜日・全15講義でした。

受講して学んだこと・強く感じたことをいくつか述べますと、

○これまでは、食品は

「安けりゃいい」「儲かればいい」という、いってみれば工業製品として扱われてきた。そこからいろんな問題が出てきた。

○だけど、これからは、

バイオ燃料の普及や、地球環境の変化(旱魃など)により、いつ食糧危機になってもおかしくない。よって食料は、貴重品(戦略物資)としてみなくてはいけなくなる。

○国内の自給率も39%と低い。すぐには無理でも何とかして高くできないだろうか?

まだまだありますが、このくらいにしておきます。

さて、試験ですが、難しかったです。

制限時間60分で、

選択式、一部記述式で90問くらいありました。

ノート、資料は持ち込み可でした。

最初は資料を見ながら解いていましたが、時間がまったく足りなくなり、こりゃまずい、とあせりながら、全部を埋めたのは、試験終了の5分前でした。これを60分でやるのは、チト厳しかったです。

試験直後の講義室の風景です。

Kyousitu_2

こういう機会がまたあれば、何とかやりくりして学びたいと願っています。ありがとうございました。

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/13957
この記事へのトラックバック一覧
寄付講座「フードビジネス特論」試験を受けました。その2 講義の内容や感想について from コープさっぽろ ひんかんひろば

ホーム > よもやま話 > 寄付講座「フードビジネス特論」試験を受けました。その2 講義の内容や感想について

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープさっぽろ ひんかんひろば
http://blog.todock.com/mt4i/hinkan/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ