生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 2010ギフト > 冬ギフト の一覧

冬ギフト の一覧

富良野チーズ工房(2)

こんにちは~。管理人 ハカセです。

富良野チーズ工房訪問の第2話をお送りします。
待望の試食ですlovely

前回ご紹介した工場から移動し、工房内の1室へ。
冬ギフトの商品に含まれるものを試食させていただきました。
 
CIMG1811.jpg
手前左が「ワインチェダー」、右が「メゾン・ドゥ・ピエール」、中央の黒いのが「セピア」、奥が「ホワイト」です。

目を引くのは、何と言っても「セピア」。チーズらしからぬ色。

CIMG1816.jpgかじった後で申し訳ないですが、アップの写真。

このチーズ、名前の通り、イカスミをまぜてこの色を出してあります。
味は、イカスミが入っている分普通のチーズよりもまろやかな感じでした。
切ったときの驚きは相当なものなので、ギフトにはもってこい。あの人をびっくりさせちゃいましょう。

他の種類もすべて食べてみましたが、管理人のオススメは「ワインチェダー」。
いったん固めたチーズを細かく砕き、ワインに漬けた後もう一度固めて作るこのチーズ、うっすらと浮かぶワインの赤い筋がとてもきれいです。
見た目だけでなく、食べてみてもしっかりワインの香りがします。
このワインは、もちろん富良野産のふらのワインです。

上で挙げた2つ以外の「メゾン・ドゥ・ピエール」「ホワイト」も、どちらも「これぞチーズ」といった感じの王道のおいしさなので、これらがセットになった【チーズギフト2】【チーズギフト3】は本当にオススメです。
ご自分用としても、きっと満足いただけると思います♪

CIMG1822.jpg当日のお昼は併設されている「ピッツァ工房」で。
使われているチーズはもちろん自家製でした。

富良野チーズ工房(1)

こんにちは~。管理人 ハカセです。

すっかりご無沙汰しているうちに、札幌では雪が降るような季節になってしまいましたcoldsweats01
その間に、コープのギフトサイトもリニューアルしたりしています。
まだご覧になっていない方は、ぜひ一度ご覧になってくださいませnote

さて今日は、冬ギフトの旨いもの見つけ隊の取材に同行したときのお話をしようと思います。

お邪魔したのは、富良野チーズ工房さん。

CIMG1785.jpg
富良野の中心部からちょっと外れたところにある、林に囲まれた雰囲気の良いところです。

CIMG1787.jpg看板。

冬ギフトでは、【チーズギフト1】【チーズギフト2】【チーズギフト3】という商品を扱っています。

この日は、さっそく工房内に入らせていただいて、実際の作業を見ながらお話を伺いました。

CIMG1788.jpgこんなカッコをしました。

見せていただいたのは、メゾン・ドゥ・ピエールという商品の製造工程。白カビをつけて熟成させるタイプのチーズです。

CIMG1790.jpg
わかりにくいですが、真ん中くらいに写っている筒の下半分に、チーズの赤ちゃんが詰まっています。

CIMG1792.jpg取り出すとこんな感じ。

これをスライスした後、カビをつけて1ヶ月くらい熟成させれば完成。
カビを生やす冷蔵庫は、13℃程度で、湿度を調整しながら1週間~10日間くらいかけるそうです。

CIMG1798.jpgカビ。

CIMG1794.jpgカビ生やし中。(写っているのは、「セピア」という別の種類のチーズです)

今回は時間の都合で工程の一部しか見ることができなかったんですが、実際は、原料の牛乳に乳酸菌とレンネットという酵素を加えて固める工程や、固まったものから水分を抜く工程など、たくさんの工程があります。

それらの作業をする中で、もっとも重要なのが、「機器の洗浄」なんだそうです。

食べ物を扱うので衛生面に気を使っているというのももちろんですが、チーズは乳酸菌の力で固まるので、他の菌が入るとそもそもチーズにならないというのが大きな理由だとか。
(特に納豆菌は強く、作業する方は朝食に納豆を食べないそうですcoldsweats01

作業時間のうち、何割かは洗浄に費やされるそうです。
今回見学している間も、隣で丁寧にタンクや配管が洗浄されていました。

こんな風に丁寧に、慎重に作られているから、おいしいチーズになるんですねhappy02

次回はそのおいしさを堪能しますlovely

全ての記事

ホーム > 2010ギフト > 冬ギフト の一覧

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープのギフトブログ
http://blog.todock.com/mt4i/gift/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ