生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 2009ギフト > 母の日ギフト の一覧

母の日ギフト の一覧

間もなくです!!

こんばんは~。管理人 ハカセです。

だんだん母の日本番が近づいてきました。
母の日のギフトの主役、カーネーションの生育具合は...?
トミタの姉さんからのご報告です。



20090429-7.JPG

みなさん こんにちは!

ご覧ください♪
こんなにきれいに咲きはじめました。
間もなくみなさんの大切なお母さんのお手元にお届けされます。

このハウスの中、ご覧いただける部分だけでも約8000鉢のカーネーションが育っています。

一見、お花がたくさん咲いているように見えますが、まだ最初のお花が咲き始めたところ。
これから日に日に花を大きくさせていきます。

20090429-8.JPG

母の日にお花を贈るって心が温かくなりますね。

母の日が待ち遠しいです(*^_^*)

ランフェスタ赤平2009

こんにちは~。管理人 ハカセです。

赤平市で、「ランフェスタ」というものが開催されたそうです。
そこに行ってきたユーチャリスさんからのご報告。



こんにちは、ユーチャリスです。

先日、赤平市でランフェスタが開催されました。
私は日曜日に行ったのですが、すごく人がたくさんいて賑わっていました。

20090501-1.JPG

上の写真はランを使ったブライダルディスプレイです。
今回は右下にある白いブーケが出来るまでを紹介したいと思います。

20090501-2.JPG


バレリーナのチュチュをイメージして土台を作ります。

20090501-3.JPG


それに、羽や模様を貼り付けて、スパンコールも付けます。

20090501-4.JPG


そして、胡蝶蘭を丁寧に一つ一つ挿していきます。

20090501-5.JPG


完成したものがこちらです。
一見、簡単そうに見えますが、デザイナーさんの技術やセンスがあって出来たブーケです。

たまにはちょっと遠出をして、お花のイベントに出掛けてみてはいかがですか?

今年も確実に春がやってきました!

こんばんは~~。管理人 ハカセです。

サンダーソニアさんから、「春の野の花」のお話です。
以前のエントリ、覚えていますか?
それらの花たちは今、こんな感じになっているそうです。



こんにちは!
サンダーソニアです。
最終回の本日は第1回目に話題とした「春の野の花」続編です。
実を言うと、あのときの写真は07年・08年に拙宅の庭で写した写真です。
本日の写真も4/27(月)に撮影した、拙宅で咲いているものです。携帯のカメラで写したので画質が良くないのはご勘弁願います。

アカヤシオツツジ
20090429-9.JPG

拙宅の花木では一番最初に開花します。札幌ではあまり見かけない種類です。

カタクリ(開花前)
20090429-10.JPG

開花は今週末です。これだけの株数が一斉に開花するのは迫力満点です(第1回目のブログ参照)

エゾエンゴサク
20090429-11.JPG

足の踏み場もありません。けっこう貴重なものですが踏んづけて歩いています。

福寿草(フクジュソウ)
20090429-12.JPG

前日の雪で少しダメージを受けていますが、けなげに咲いています。

雪割草(ユキワリソウ)
20090429-13.JPG

これは白花ですがピンクもあります。山野草然とした清楚で美しい花です。

延齢草(エンレイソウ~左の茶色)
エゾエンゴサク(右のブルー)
20090429-14.JPG

エンレイソウは花の大きさ(小ささ)に比べ、葉がやたら大きい(フキの葉みたいな)、アンバランスな植物です。花は白もあります。

コルチカム(の葉)
20090429-15.JPG

変わった植物です。あと数日すると葉は枯れて消滅します。そのまま地上に何もない状態で夏越しし、10月のある日突然、葉っぱなしのまま花茎が顔を出し、いきなり開花します。

20090429-16.JPG
これがその花。05年10月撮影。

最後にもう一度エゾエンゴサク
20090429-17.JPG

花期は短く、だいたい1週間くらい。もう少しゆっくりしてくれればいいのに・・・と思いますが、これも自然の摂理に組み込まれているスケジュールなのでしょう。

植物は不思議です。人の一生と植物の一生を比べても仕方ありませんが、短いサイクルの中にもそれぞれの植物が子孫を残すために環境に適応し個々に進化してきたことがうかがい知れます。
それと自分の一生や人類の行く末、宇宙のなかの地球と、地球以外の天体にも生命体が存在する可能性など、いろいろ考えが広がります。
ゆっくり愛でる時間がないので残念ですがもっと勉強してみたいです。

フラワーギフトを贈る・いただくことをきっかけに、皆さんにもっと花・植物に興味を持っていただけたらな~と思いながら筆を折ります(PCだから違うか)。

またいつかお会いしましょう。

母の日ギフトの隠れた人気商品

こんばんは~。管理人 ハカセです。

昨日、母の日ギフトの店舗・宅配・インターネットをすべて合わせた人気ランキングをお知らせしました。

今日はその続きで、インターネットのギフトサイトでのランキングをお伝えしたいと思います。

...といっても、やっぱり全体と大きくは変わらないんですがcoldsweats01

1位 カーネーション花束(全体1位)(2009/4/29 間違っていたので訂正しました...。「大輪カーネーション花束」→「カーネーション花束」です。ごめんなさいdespair)
2位 マダガスカルジャスミン鉢
(全体3位)
3位 カーネーション鉢 オレンジデュオ
(全体2位)
4位 ミニバラリングローズ
(全体4位)

ここまで、若干上下はあるものの、同じ顔触れが並んでいます。
...ですが、5位は、

ピンクのワルツ.JPG
ピンクのワルツ

これなんです
happy01.ちなみに全体では15番人気。

なぜネットで人気なのかは定かではありませんが、ピンクと黄色の色鮮やかなカーネーションに、"ありがとう"のピックつきで母の日にぴったりの商品ですhappy01

お悩みの方は、これもご検討してみてはいかがでしょうかwink

母の日ギフトの人気商品

こんばんは~~。管理人 ハカセです。

好評受付中の、母の日ギフト。
あと1週間くらいで受付終了ですが、みなさんもうご注文されましたか?

まだの方は、ひょっとして、どの商品が良いかなかなか決められず、迷っていらっしゃるのではないでしょうか...?

...と、いうわけで、現時点での人気商品ランキングを発表しちゃいます!
店舗・宅配・ネットすべて含めた、4月19日現在のランキングです。

まずは、5位から。

アジサイ鉢 フェアリーアイ.JPG
アジサイ鉢 フェアリーアイ

季節によって花の色がだんだん変わっていくアジサイです。

続いて4位。

ミニバラリングローズ.JPG
ミニバラリングローズ

みどりさんから紹介があったミニバラリングローズ。手間がかかっています。

次はいよいよベストスリー。3位です。

マダガスカルジャスミン鉢.JPG
マダガスカルジャスミン鉢

白と緑のコントラストがきれいな鉢物です。

惜しくも2位だったのは...

カーネーション鉢 オレンジデュオ.JPG
カーネーション鉢 オレンジデュオ

去年も鉢物人気No.1だったカーネーション鉢。変わらぬ人気です。

そして栄えある1位は!

カーネーション花束.JPG
カーネーション花束

(2009/4/29 間違っていたので訂正しました...。「大輪カーネーション花束」→「カーネーション花束」です。ごめんなさいdespair)


やっぱり、母の日といえばカーネーションの花束ですよね~~。

カーネーションと鉢物が人気のようです。
迷っている方、参考にしてみてくださいね~wink5月2日までですよsmile

花瓶の水をきれいに保ってください!

こんばんは~。管理人 ハカセです。

サンダーソニアさんから、切花に使う"延命剤"について教えてもらいました。
実験した写真もありますよ~。
では、どうぞ。



こんにちは。サンダーソニアです。

本日は根っこがある「鉢花」と根っこを切ってしまっている「切花」の違いから、花瓶の水をきれいに保つことの大切さを説明しようと思います。うまく説明できるかな~?
まず、下の説明図をご覧ください。

20090417-11.JPG

20090417-12.JPG

ご覧のとおり切花の場合、太陽光が弱い・バクテリアの作用で根が詰まる・栄養補給ができない・・・などの悪条件が重なっているのがお分かりかと思います。

下の画像を見てください。右側はゲロゲロですね~。花瓶の水が汚れると、こんなに導管が詰まってしまいます。

20090417-13.JPG

花瓶の水を毎日取り替えれば、花は確かに長持ちします。でもめんどくさいし栄養補給まではできません。

そこで市販の切花延命剤の登場です。

弊社の実験写真をお見せします。一般的に「水揚がりの悪い」と言われているバラ類を使いました。
左が水だけのもの、右が延命剤入りのものです。
同条件で比較しましたが明らかに左のほうの劣化が進んでいるのがお分かりですね。

20090417-14.JPG

20090417-9.JPG

切花を長持ちさせる方法はいくつも紹介されていますが、延命剤は手っ取り早く、さらに水を取り替える頻度を減らし、そして延命効果が高いと思います。

「母の日フラワーギフト」のカタログに謳っていませんが、昨年度より弊社から出荷される花束ギフトにはすべて「延命剤」を添付しています。

20090417-10.JPG
注. あくまでも弊社扱いの花束ギフトに関してですので。念のため。

花瓶の水をきれいに保って、きれいなお花を少しでも長く楽しんでくださいね。ではまた。

あふれる向上心

こんにちは~。管理人 ハカセです。

今日は西やんさんから、誕生花の紹介と、お花の利用方法について。



こんにちは。西やんです。

今日4月16日の誕生花はレンゲツツジ。花言葉は「あふれる向上心」。
誰よりも周りの人を大切にできるあなた。吸収できるものは何でも受け入れて自分の成長のパワーにできる人です。

20090417-2.JPG

《頂いたお花、みなさんはどうしてますか?》

今日はお店のお客さんAさんのお話をしますね。
「誕生日に友人に花束のプレゼントをもらい、その花を使ってこんなことしてみた!」と写メールをみせてもらいました。

20090417-3.JPG
(もらった花束)
20090417-4.JPG(ラブちゃん)


小さな花飾りを作って一緒に暮らしてるワンちゃんの頭につけてみたようです。かわいいワンちゃんですね!!

皆さんは花束のプレゼントをいただいた時、どうしていますか?

そのまま花瓶に入れて飾る、ラッピングもはずさないで、ドライフラワーにする、など色々あると思いますが...。
花束をバラバラにし1輪挿しにしたり、写真のように小さなコサージュみたいにしてはどうでしょうか?
自分なりにアレンジすることによって、楽しい新しい一日が始まるかもしれませんよ!

今日はこのへんで。また今度遊びに来てください。

近況報告♪

こんにちは~。管理人 ハカセです。

母の日といえばカーネーション。
その生育具合は、どうなっているでしょうか?
トミタの姉さんからのご報告です。



こんにちは(^・^)

日ごとに暖かくなり、春だな~竹の子だな~母の日だな~
と、ぽ~っと思っている トミタの姉です。

今日は「お母さん達にお届けさせていただくカーネーション鉢」の「生育状態の近況報告」をいたします。

20090415-6.JPG

見てください!
この写真は4月12日に撮影したものです。
こんなに立派に育ちました!
太陽の光をたっぷり受けてすくすくと育っています。

前回、ご報告させていただいた時は
これくらいでした(*^_^*)
生きているって、すごいですね。感動です!

20090415-7.JPG

一株の様子もこのようです。
花芽も付き、これからこの花芽を膨らませます。

20090415-8.JPG

母の日まであと25日ほどですが、それまでに立派なカーネーションに育つように、また明日も愛情たっぷり育てます。

次回、また近況報告をさせていただきたいと思います。
どうぞ、お楽しみに\(^o^)/
 



数読み

こんばんは~。管理人 ハカセです。

サンダーソニアさんから、出荷メーカーさんの苦悩について、教えてもらいました。
とても深くつっこんだ内容です。ここまで公開していいのか?と若干心配になるくらいですcoldsweats01



こんにちは!サンダーソニアです。

本日は、出荷メーカー側の立場からギフト商品の「受注件数の予想」に関する苦労話をしたいと思います。

今の時期はどのメーカーさんも受注進行を基にして「花材」「資材」の発注を進めていることと思います。

余っても会社の利益を圧迫するし、足りなかったら送り主(組合員さん)とお花を受け取るお母さんたち、それにコープさっぽろさんに大迷惑をかけてしまいます。

受注数の確定は5/4の午後です。そして出荷開始は5/6(道外向け)。なんと2日しか猶予はありません。過不足なく原材料を揃えることは限りなく不可能なのです。

20090414-4.JPG

これは3/22までの受注件数を参考にして、全アイテムの構成比に最終日の全アイテム合計の予想件数を掛けて単品ごとの予想件数を割り出したものです。これが4/6のデータですと次の画像のようになります。

20090414-5.JPG

前年同日の受注件数と比較しながら、受注数の「伸び方」を勘案し全アイテム合計予想数を修正し・・・この作業を繰り返すことによって締め切りに近づけば近づくほど単品ごとの予想数の精度が上がってきます。

ゴールデンウィークは、お取引業者さんの多くは「休業」。それまでに「資材関係」は私たちメーカーの元に届いていないといけません。

20090414-6.JPG

ラッピングペーパーやリボンなどでも商品によってはメーカーさんの在庫があまりなく、早めに・多目に押さえておく必要があるものもあります。メーカー欠品ほど怖いものはありません。博打のようなものです。

ギリギリの日程で調達したところで、事前準備(あらかじめペーパーを花束のサイズにカットしておく、化粧箱に商品名のシールを貼っておく、母の日カードと管理のしおりとアンケート葉書を袋にセットしておく・・・など)がどんどん遅れてきます。自分の首が絞まってしまいます。

早めに、しかしできる限り正確に、でも余したくないのでギリギリまで待って・・・悩ましい日々が続く中、社内用の作業指示書を作ったりしています。

20090414-7.JPG

母の日のギフトをいくつものお取引先に納めるような大きなメーカーさんは、100件やそこらの「数読みの誤差」は大勢に影響なく、「母の日商戦」の中で吸収できてしまいますが、私たちのような小さなメーカーは損益に多大な影響が出てしまうこともあります。

でも、大前提は「エンドユーザーにご迷惑をかけない」、これに尽きます。

俗な言い方で恐縮ですが、私たちの稼ぎ時は「母の日」「お盆」「年末」が3大イベントです。個人的には今回の「母の日」が一番消耗します。

先日、自分の不注意で右足の薬指を骨折してしまいました。翌日はひどく痛みましたが3日後の今日はかばいつつも動けています。今のうちに養生して本番に備えなければ。頑張ります。

では、また。

アジサイ

こんにちは~。管理人 ハカセです。

今日は、ユーチャリスさんから、アジサイについてのお話です。
どうぞ~~。



こんにちは、ユーチャリスです。
今回のテーマは「アジサイ(紫陽花)」です。

母の日ギフトでもよくみられる紫陽花は日本原産のユキノシタ科アジサイ属の植物です。
英名・学名はHydrangea(水の容器)という意味です。

花言葉は、「移り気」「高慢」「無情」とあまり良い意味がないです・・・。

一般的に見られる球体のアジサイは、セイヨウアジサイと呼び、日本原産のガクアジサイを品種改良したものです。
アジサイの花の色は土の酸性度によって変わるといわれています。
アルカリ性ならば赤、酸性ならば青と・・・。

ちなみにアジサイ(葉)には毒があり、中毒を起こしてしまうので決して食べないで下さい。

アジサイは丈夫な植物ですので花が咲き終わった7月~8月頃に花から少し下あたりで切っておくと株に良いと言われていますが、アジサイは今年咲いた花の下の部分の芽が花芽になるので、あまり切りすぎてしまうと次の年の花が咲かなくなることもあるので注意して下さい。

水やりは、乾燥しないよう常に湿っている感じが良いですが、水が溜まったりするのは良くないです。

切花の場合は水をたくさん吸えるように、根元をナイフなどで斜めに切り、中の白いスポンジみたいなのを取り出すと比較的長持ちします。
根元を焼いたりするのも効果的です。

最近ではヨーロッパから逆輸入されているアジサイ(ハイドランジャ)は花びらが肉厚で水も下がりにくく、大きさや色が楽しめる種類がたくさんあるのでこれからもっと楽しめるお花です。

静かな心

こんにちは~。管理人 ハカセです。

今回は西やんさんから、毎度おなじみ誕生花の紹介です。
どうぞ~。



こんにちは。西やんです。

今日、4月4日の誕生花は「カスミ草」。花言葉は"静心"。
...あなたは人をたてることを知っています。そろそろ自分にも自信をもって物語の主人公になってみては!?
ナデシコ科で中央アジア原産です。白く小さな花がかわいらしいですね。
皆さん、よく花屋さんなどで見かけるのではないでしょうか。

20090404-1.JPG


≪今日のお花:アマリリスの紹介≫

冬から初夏にかけてよく目にする花。南米からメキシコにかけてが原産地。
切花以外では球根そのものや、鉢植えが多く出回っています。球根植物で一本の茎にユリに似た大きな花をつけます。
色も赤やオレンジ、純白など多彩で一重、八重咲きなどがあります。

花が終わったら茎を短く切り取り、植え替えをおすすめします。
球根の直径2倍ほどの鉢に市販の土を入れ、球根の上部3分の1が土から出るように植えます。

葉はクンシランに似ていて、花のない時は観葉植物として楽しみ、施肥、水遣りをしっかりやり、球根をふとらせましょう。

春になったら半日陰で管理すると、夏には花芽をつけます。秋は水遣りを控え、葉は枯れてきますが心配はいりません。
霜に当たる直前に室内に入れて下さい。冬には再び花を楽しめるでしょう。

20090404-2.JPG

今回はこのへんで終わりです。また次回に!!

撮影

こんばんは~~。管理人 ハカセです。

今日は、みなさんが普段ご覧のカタログ、その裏側のお話。トミタの姉さんからです。



みなさんこんにちは(^o^)丿

4月に入り、母の日が近づいてきたとソワソワし始めたトミタの姉です(お花屋さんは皆さんそうだと思います)。
仕入れ担当のトミタは先日、カーネーションのハウスの中で「カーネーションよ元気に育て!!」と叫んでおりました。

さて、今日はみなさんにカタログに載せる写真の撮影秘話をお届けいたします。
今回の母の日ギフトのカタログに載っております、「アレンジフラワーと三方六のセット」のアレンジメントの撮影は私たちが行いました。

20090403-2.JPG

こちらが採用になりました写真です。
赤いカーネーションにスウィートネスというピンクのバラがかわいい、母の日らしいアレンジメントです。

実は、この写真に決めるまでに

20090403-3.JPG

アレンジメントの周りに置く小物を変えてみたり

20090403-4.JPG

同じ小物でもお花の向きを変えてみたり

20090403-5.JPG

テーブルにオーガンジーを乗せてみたり

と様々なことを試みて撮影し、その中から1点を選び、そしてカタログに商品写真が掲載されます。

汗と涙の結晶です。
商品写真がカタログの中で生き生きしていると、とても嬉しくなります。

皆様、これから、カタログ(ネット含む)をご覧になる際は、ぜひ、撮影の裏側を想像してみてください。
意外な発見があるかも...!?

それでは、また(^.^)/~~~





準備8割・本番1割・後日1割~園芸市の準備

こんにちは~~。管理人 ハカセです。

今日はサンダーソニアさんから、お仕事について教えてもらいました。
なるほど、普段はこんなお仕事をされているんですね...。

まぁ、コープの母の日ギフトとはまったく関係ないんですがcoldsweats01



こんにちは!サンダーソニアです。

春のお彼岸も過ぎ、雪解けも進んできました。弊社では4月後半から降雪期までの期間、札幌郊外にて常設の園芸市を開催する予定です。

3/29(日)から準備スタートです。
今年は雪が少なかったものの、ビニールを取り除いたハウスの内部にはご覧のとおり雪がびっしり。社員3名で雪割りをして汗びっしょりになりました。

20090402-1.jpg

ご存知のとおり、降雪地帯のビニールハウスは雪の重量に骨格が負けてしまうので、ビニールを取り外してしまいます。今度の週末、社員総出でビニール掛けする予定です。

それまでの間、毎日少しずつ陳列台の準備などを進めていくのですが、600坪のあっちこっちをネコ車で行き来し、ブロックやコンパネや角材を担いだり、脚立に上ってドリルでビス留めしたりと、花屋というより造園業、いや、建設業といった趣きです。

20090402-2.jpg

人気の高い高山植物が雪の下から出てきました。これらの戸外越冬に耐えるものは、前の年にムリに売切り処分せず、きちんと手入れをした上で再度店頭に並びます。庭木類も同様です。

20090402-3.jpg

準備はこんな感じでスタートしました。1ヶ月弱後のオープンに向けて頑張って店作りを進めていきます。園芸の最繁忙期と母の日商戦とが時期的にバッティングするのがつらいところですが・・・

園芸市でも母の日ギフトでも成功のカギは「準備」ですね。
準備はいくらやってもやり過ぎることは決してありません。準備がしっかりできていれば、万が一不測の事態が発生してもわずかな修正で対応できますから。
準備が不十分だと、本番で不測の事態(クレームが代表的)の発生確率は劇的に高くなる上、対応が場当たり的なものになりがちで、問題を大きくしてしまうと思います。
もちろん、事前準備をしっかりして、本番もしっかりてきたとしても、必ず振り返り、見直しをするべきでしょう。
反省すべき点、良かった点をしっかり整理し、記録を残すとともに、社員全員(あるいはプロジェクト全体)で共有することが大切だと思います。
これはコープさっぽろさんとメーカーとの取引関係にも当てはまりますね。

また、次の機会に準備進行をご報告したいと思います。今日はこの辺で。

リングローズ

こんにちは~。管理人 ハカセです。

今日から4月ですねhappy01
新しい年度、気持ちも新たに、みなさまへコープのギフトのことをお伝えしていきたいと思います。
今年度もコープさっぽろならびにコープのギフトをよろしくお願いいたしますwink

新年度の最初の記事は、みどりさんから。「リングローズ」って?



こんにちは!お花の企画担当みどりです。「始めまして」の方も、「お久しぶりですね」の方も元気してますか?

私の住んでる地域は暑かったり寒かったりで咲いたさくらがしぼんだ!!?花粉が飛び回ってお花見が楽しくないよ~的な感じです。
そんなこんなで、母の日の準備に追われている毎日ですが、面白い写真を見つけました!

20090401-1.JPG

双子の苗!ではなく、リングローズの始まりです!リングローズって何?なんて言わないで下さいね。

20090401-2.JPG

リング(輪)ローズ(薔薇)、輪に形に加工した観賞用のバラ鉢です。自然にこんなに形に生育する!って思っていた貴女。生産者の努力を知って下さい。

まず、つるバラを1メートル程度の高さまで育てます。
そこから育った苗を、編んでいきます。
ひと鉢ひと鉢長さもボリュームも異なるものをキレイなアーチに仕立てていくのには大変な気を使います。
手作業での、棘刺いっぱいの作業はベテランさんでも苦労するんです。

でも、このバラを受け取った人はどんな顔にするかなぁ?って思うと、ヘッチャラなんです。

20090401-3.JPG

人もバラも時間もがんばって、仕上げに企業秘密の秘策でリング全体に花が咲いたリングローズが出来上がるのです。

笑顔のごほうびを待ってま~す。

愛を込めて

こんにちは~。管理人 ハカセです。

今日は3月31日。卒業や進学、転勤に引越し...いろいろな節目を迎える方も多いのではないかと思います。
自分だけでなく、身近な人がそうだという方も含めると、かなりの方があてはまるのでは。

"トミタの姉"さんから、そんなときにぴったりのお花の贈り物のご紹介です。



こんにちは。

北海道はまだまだ冬ですが、他の地域では桜が開花し始めましたね。
この時期、卒業や入学、就職や転勤...別れや出会いが多くなります。

こんな時、相手に気持ちを伝えるのにぴったりなのが「お花」。
「お花」をいただいて悪い気持ちになる方はいませんよね。
むしろ、嬉しく暖かい気持ちになりますよね♪
ぜひ、お花を贈って心を暖かくしてください。

お世話になった上司には「気持ちいっぱいの花束」

20090331-1.JPG

元気が出る黄色の花束がおススメ◎

大学に合格した親戚のお子さんには

20090331-2.JPG

春が来たことをイメージする桜の花束がぴったり♪

と、相手に合わせて色々な贈り物が考えられます。
お花を贈りたくなったらぜひ、お花屋さんに相談してください。
きっと良いアイデアをくれますよ!

私からのおススメは愛を込めてのギフトです。

新しいパートナーになって欲しいと言う、愛の告白はもちろん、日ごろの感謝を込めて、お世話になった方に贈るのはいかがでしょうか?

ハート型のアレンジメント
20090331-3.JPG

ハート型のリーガースベゴニア
20090331-4.JPG

ハート型のハートかずら
20090331-5.JPG

キャーかわいい~

私もお世話になった方々にお花贈ろう♪

赤い宝石、小さな恋人

こんばんは~。管理人 ハカセです。

今日登場するのは西やんさん。今日の誕生花、さくらんぼの話題です。
そして《今日のワンポイント》では、衝撃の光景が...coldsweats02



3月も終わりですねー。こんにちは。西やんです。

3月30日、今日の誕生花は「サクランボ」。花言葉は上品

昔から"赤い宝石""小さな恋人"などと呼ばれ親しまれてきたサクランボ(桜坊)。本来はオウトウといい、サクランボという呼び名がいつ、誰によってつけられたのかは不明なのです。

花言葉どおりに優等生として成長した上品なあなた!
恋愛には上品な優等生は必要ありません。
何事にも気後れせず、積極的にアタックしてみては?!

20090330-1.JPG

《今日のワンポイント》

今日は前回に引き続き「切花の水揚げ」についてです。

実はこの水揚げは地域や場所によって方法が違います。つまり、どんな方法でもきちんと花が吸い上げられる状態になればよいのです。

例えば"湯揚げ"。皆さんビックリするかもしれませんが、切り花の茎をお湯で煮る方法。
水につかる余分な葉を取り、新聞紙などで花と葉に湯気が当たらないように包みます。お湯につける前に茎を1cm~2cm切り、沸騰したお湯に20~30秒つけます。

この方法は切花にお湯を吸わせるのではなく、消毒と空気を抜く(お湯につけると茎から空気がブクブク出てきて、導管が真空になる)のが目的です。お花屋さんではよく行われている水揚げのやり方のひとつです。(他にもいろいろありますよ)

20090330-2.JPG

次回はアマリリスについてお話しようかなと思っています。
それでは またの機会に!


プリザーブドフラワー

こんにちは~。管理人 ハカセです。

タイトルにもなっている「プリザーブドフラワー」、最近よく聞きます。みなさんも一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

そんなプリザーブドフラワーについて、ユーチャリスさんからのお話。



こんにちは、ユーチャリスです。

今日のテーマは枯れない花プリザーブドフラワーです。
前回、間単に説明しましたが今回はプリザーブドフラワーをもっと知ってもらおうと思います。

プリザーブドフラワーはフランスの会社が生み出した「枯れない花」で、preserveは「保存」を意味し、生花に染料や特殊な加工をすることで美しさを保ちます。

種類は花の構造上加工出来るものが決まっており、主に作られているのはバラです。生花では作ることが不可能な青いバラもプリザーブドフラワーなら可能なのです。
最近は種類もだんだん豊富になってきてアレンジが楽しめるようになってきています。

花全体がとてもデリケートになっているので取り扱いには注意し、高温多湿のところでは変色、劣化、カビが発生する可能性があるので、よりいっそう長く楽しむにはきちんとした管理が必要です20090325-1.JPG

ここまでで少しはプリザーブドフラワーについて知って頂けたでしょうか?

母の日やお誕生日などさまざまなギフトとして使えるプリザーブドフラワーにはたくさんのデザインがあります。


新築祝いや開店祝いのインテリアディスプレイとして喜ばれそうな壁掛けタイプは、従来のアレンジとはちょっと変わっていてスタイリッシュなデザインが人気になってきています。
機会があれば、いろいろなお花屋さんを覗いてみてはいかがですか?

20090325-2.JPG


最近では自宅でも作れるようなので、益々人気になりそうなプリザーブドフラワーでした。

では、今回はここまでです。

やっぱり お酒は欠かせません

こんにちは。お酒担当のミラ号です。

お歳暮以来の登場に少しブランクを感じておりますが・・・みなさまのたくさんのご支持を頂き、お酒のお歳暮も無事終了し、大変多くのご注文ありがとうございました。
遅くなりましたが、この場をお借りして感謝申し上げます。しかし・・・私もサラリーマン・・・まだまだ、貪欲に実績を求めていきます・・・ということは、『良いものをご紹介していかなければ』、と言う強い気持ちで、今回も望んでおりますので、どうぞよろしくお願いします。


今回3年目を迎える、花束とお酒のセット。
回を重ねるごとに、皆さんから多くの支持を頂いてきておりますので、今回も宜しくお願いします。

今回は、ちょこっと、こだわり過ぎた???でも、自信をもってご紹介できる自信作となっております。

こだわり(1)・・・花束に青いカーネーション『ムーンダスト』を施しました。
花言葉(永遠の幸福)の通り、『お母さん いつもありがとう・・・これからも元気で』のメッセージを感謝を込めて、伝えてあげてくださいネ。

こだわり(2)・・・今回は、お母さんにピッタリな『ピンクの発泡酒』に、なんと『珈琲の発泡酒』をセットにしました。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが・・・ピンクの発泡酒『カナストーリー』は、石狩市地ビールメーカー『日本地麦酒工房』さんが、地元に校舎のある『藤女子大学』の学生さんと共同開発して、現在も高い人気を頂いている商品。
更に今回は、この地ビールメーカーさんと地元でひじょ~に有名な『徳光珈琲』さんとで共同開発した、珈琲フレーバーがシッカリと効いた、褐色の『コーヒー発泡酒』。
色鮮やかなピンクと褐色のコラボが、彩りを大切にしたい母の日を、更に盛り上げること間違いなしです。

是非是非みなさ~ん、たくさんのご注文をお待ちしておりま~す。

花を美しく長く楽しむ

こんばんは~。管理人 ハカセです。

西やんさんから、今日の誕生花アザレアのお話です。
どうぞ~。



こんにちは。早くも3月も後半に入り、暖かくなってきましたね。

本日、3月22日の誕生日花はアザレアです。花言葉は「節度の愛」
・・・ちょうどよい、適度の愛ということでしょうか。
ツツジ科、原産地は中国。

もともと日本や中国のツツジがヨーロッパで花鉢として、品種改良されたものです。
水遣りは土の表面が乾いたら十分にやり、葉やつぼみには霧吹きをします。開花し始めたら水を毎日やり、花が痛むので霧吹きはやめます。
水やりを忘れて花が一度しぼんでも、水をやれば回復しますが寿命は短くなりがちです。

20090322-3.JPG

《今日のワンポイント》

花は生花市場のセリの日の夕方に買うのがポイント。
もらった花も自分で買った花も、基本は水揚げです。
茎の先端を切って熱湯につける方法。焼いて炭状にしてしまう方法。金槌でたたく、十文字に割るなど、その花に合った様々な方法があります。

その中の一つ、水切りは、深めの容器に水をたっぷり張り、その中で茎の切れの良いハサミで斜めに切り落とします。

新しい花屋さんから教えて貰うのもいいでしょう。 
また水はいつも新鮮にするよう心掛けましょう。

それではまた、今日はこのへんで。

胡蝶蘭すくすく♪パート2

こんばんは~。管理人 ハカセです。

今回はトミタの姉さんから、胡蝶蘭の育て方についてです。
どうぞ♪



こんにちは!
企画担当のトミタの姉です。

今日は、前回ご案内しておりました、胡蝶蘭の「ハウスでの育て方の話とお家での育て方のお話」です。

胡蝶蘭は無胚乳種子という種類の種で、種自身の力で発芽する事ができません。
そのため、人工的に栄養分のとりやすい環境を作り発芽させます。
ある程度の大きさになるまでフラスコの中で育てます。

今回ご紹介している胡蝶蘭苗は国内で育てられたものです。
最近、お値段の関係で台湾で育てた苗を輸入している生産者の方々も多くいらっしゃいます。

母の日用のお花を咲かせるには、2~3月頃フラスコから出し、7.5cm(2寸5分)の鉢に水コケを巻いて植え込みます。

9月~10月頃9㎝(3寸)の鉢に植え直します。このまま12月いっぱいまでハウスの室温を20℃以上に保ちながら、葉を伸ばします。

その後、1月になると室温を17℃にまで下げ、花芽を伸ばします。
この写真が花芽を伸ばしているところです。

20090321-1.jpg

花芽が伸びたところで1株1株の茎を花がきれいに見えるように、手で曲げます。そうしてやっと、皆さんがご存知の胡蝶蘭の姿になります。

20090321-2.JPG
 
このような姿になるまで、1年以上の歳月が必要なのです。
胡蝶蘭はここまで成長するのにとても手がかかる植物なのです!

さて、お家でのお手入れですが、育つまでは色々手がかかりますが、花が咲いてからは手のかからない植物です。人が心地よいと思う環境が胡蝶蘭も心地よいのです。
お水はたまにたっぷりあげればよいですし、光もさほど必要としません。
開花後のお花もそのまま管理し続けると、花芽が伸びてまたお花をさかせてくれます。

よく、皆さんから胡蝶蘭をダメにしてしまった。というお話を聞くことがありますが、多くの方は可愛がり過ぎてダメにしてしまうようです。

とても簡単な説明ですが、実際、胡蝶蘭を育てるのは簡単なのです。

今年はぜひ、胡蝶蘭の花を咲かせてみてください♪

どっちがどっち?

こんにちは~。管理人 ハカセです。

今日は春分の日ですね。
ここ札幌では雪もだいぶ融けて、いよいよ春か?といったところです。

今日の記事はサンダーソニアさんから、まさに春らしい話題です。



こんにちは!サンダーソニアです。
春彼岸商戦の忙しいなか、眠い目をこすりながらPCに向かっています。

母の日のギフトとしてはあまりメジャーではありませんが、他社さんのカタログではみかけることもある、ハイビスカス。

さて、下の画像はハイビスカスと、その親戚のムクゲですが、どちらがハイビスカスでどちらがムクゲか分かりますか?似ているでしょう?

20090320-1.JPG 20090320-2.JPG

北海道の庭木や公園の植え込みによくある「ムクゲ」とハワイアンイメージの「ハイビスカス」は親戚同士です。
ハイビスカスとムクゲはどちらもアオイ科ハイビスカス属の植物です。
学名もハイビスカス=Hibiscus hybridus 、ムクゲ=Hibiscus syriacusとなっていて両者とも"Hibiscus"の文字が入ります。

この2種類に限らず、アオイ(葵)科の花は、どの花も、「中心軸のような1本のメシベ」をもっています。
その真ん中の長いメシベの下に、小さな丸っこい「オシベ」がたくさんついています。
ハイビスカスはハワイの州花。ムクゲは韓国の国花。

答えは左がハイビスカス、右がムクゲです。
ハイビスカスやムクゲは「一日花」です。咲いた翌日はしぼんでしまいますが、次から次へと花が咲きます。

今回の記事は4年前にコープさっぽろ「花ニュース」として、弊社商品を扱っていただいている店舗さんに配布させていただいた資料から抜粋しました。
お彼岸向けの商品の加工・出荷でもうぐったりなので今回はこれで勘弁してくださいね。

じゃ、また4/3(予定)にお会いしましょう!

胡蝶蘭すくすく♪パート1

こんばんは~。管理人 ハカセです。

"胡蝶蘭"って、何かこう、いい響きですよね~。
うまく表現できないんですが、みなさんもそう思いませんか?

今日は初登場、「トミタの姉」さんから、その胡蝶蘭のご紹介です。
いいのは響きだけじゃないみたいですよ~happy01



こんにちは\(^o^)/
企画担当のトミタの姉です。

今日は私がお奨めの胡蝶蘭をご紹介します。

20090318-3.JPG
この胡蝶蘭はミディ胡蝶蘭といいまして、ごく一般的な胡蝶蘭より花が小ぶりです(ミディサイズ)。

全体の大きさも大きすぎないので、置き場所を選ばず、飾りやすいです。それに、一つの花の寿命も永く、長い間お楽しみいただけます。

胡蝶蘭=ファレノプシスと言いますが、この名前はギリシャ語が語源で「蛾のような」に由来しており、花の形が蛾に似ていることからついたそうです。
日本では「蝶が舞っているよう」ということから「胡蝶蘭」と呼ばれています。
花言葉は「幸福が飛んでくる」と言われ、とても縁起の良い花と言われています。
贈り物にぴったりのお花です。
一緒にセットされているお花はリーガースベゴニアといい、室内で観賞できるお花です。

このミディ胡蝶蘭の生産者さんのハウスでの写真です。
 
 20090318-4.jpg
こちらの写真はまだ花芽がつかない状態。

20090318-5.jpg
それが、このように花芽がつき、花が咲いてきます。

次回は、ハウスでの育て方の話とお家での育て方のお話をしますね♪

どうぞ、お楽しみに。

ちょっとした工夫

こんばんは~。管理人 ハカセです。

サンダーソニアさんから、母の日ギフトについての改善点を教えていただきました。
なるほど~、こんな工夫がされているんですねhappy01
では、どうぞ!



こんにちは。サンダーソニアです。

今日はギフト用の化粧箱についてお話しします。

いただいた方の満足度を高めるために・・・
20090317-2.JPG この鉢花が送られてきたとします

これは「オステオスペルマム」。まだ母の日には間があるため、カーネーションの鉢花の現物はありませんので、ご勘弁ください!
20090317-3.JPG こんな感じで梱包されてきます・・・

そこで、開梱する際一般的には上面のテープ留めしているところから開くと思います。
20090317-4.JPG
上から見たらこんな感じ・・・

花の種類にもよりますが、こんもりした花姿の場合、ていねいに慎重に鉢花を引き出さないと、花を折ったり傷つけてしまいます
20090317-5.JPG 箱の中はこんな感じです

箱の中でグラつかないように「オトシ」と呼ばれる台座に固定されています。
20090317-6.JPG 「オトシ」単体はこんなイメージ

入れる物の直径サイズに対して、多少の融通性をもたしてあります。こまかいギザギザがクッションの役割もします。ただ、これが曲者なのです!
20090317-7.JPG 「オトシ」の裏側です!

籐編みのバスケットなどに食い込むんです!
これがなかなか取れない!!!
ラッピング仕様だと破けてしまいます。
緩衝材(プチプチなど)をオトシと商品の間に挟めてセットする方法もありますが、ウン10エンのコストアップに・・・

上からオトシごと、鉢花を引っ張りだすのは けっこう大変なのがお分かりいただけましたか?

そこで、「ちょっとした工夫」をしてみました! 

アジサイ フェアリーアイ

こんにちは~~。管理人 ハカセです。

今日から、母の日ギフトのお申し込み受付を開始しました!
店舗ではまだ始まっていませんが、ちょっと早めのスタートです。
ぜひご覧になってくださいね~wink

今日は、初登場みどりさんから、おすすめの商品のご紹介です。



はじめまして!こんにちは!お花の企画担当みどりです。

今日は私の今一押しの花を紹介しますね。

それは、妖精の瞳(フェアリーアイ)。日本人には馴染み深いアジサイの一品種です。

この花の最大の特徴はなんと言っても"きれい"。


春に透明感のある、バラの様なピンクの花が咲き始め、


夏には緑色、


秋には赤色と色が変化して行きます。
1つの花で3回も楽しめる"お得な"お花です。

そしてもう一つ!はじめはガクアジサイの咲き方ですが少しずつ花が進むにしたがって手まり咲きに変わるのも魅力。

フェアリーアイが世に登場したのが2006年。
その年の第1回ジャパンフラワーセレクションで最優秀賞を受賞した専門家お墨付きの育てやすくてきれいな花なのです。
 


今年の花の咲き始めはいつかな?
みなさんも、探してみてね。

母の日の「コープのおすすめは?」

こんにちは。企画編集担当ピリカです。

コープの母の日ギフトのおすすめ商品は、コレ!
 
20090314-1.JPG

この商品は、自分の家でほんとうにきれいに咲いたのでお勧めです。
バラは水揚げがむずかしいですが、着いたら直ぐに茎を水に付けて先を切ると水揚げが良いらしいです。
お届けの時は、パンフレットも入れますので、安心です。

20090314-2.JPG

鉢の商品は、2つの花が楽しめる・・・・という事でこれが私のおすすめ品です。
まあ、新登場の商品です。是非カタログを見てください。

私のお母さんは、もういないので、送ることは出来ませんが、スイートメモリーの花束を買おうと思っています。
是非、コープの母の日ギフトをよろしくね!

母の日ギフト、ちょっと目線を変えて...

こんにちは!あっきっきです。

3月21日の母の日ギフトスタートに向けて、準備の山を迎えております。

090306_1116~02.JPG


こちらは母の日ギフトで登場する商品...ではなくてお店でディスプレイとして飾るダミーなんです。

まるで本物のようです!!

農産ギフトでも食品ダミーを目にする機会が多いのですが、精巧に作られたものは本物以上の質感があります。

カタログやポスター以外にも、いろいろお店にディスプレイされていますので、ちょっと気にして見てみてください。

意外におもしろい発見があるかもしれませんよ!?

もう少しでホワイトデー

こんにちは~。管理人 ハカセです。

もうすぐホワイトデー。
管理人は、バレンタインデーにいただいた数少ないチョコレートのお返しをどうしようか、頭を悩ませていますwobbly
毎年のことなので、去年とは違うものにしようとか考えると、なかなか難しいですよねぇ...sad

そんなわけで、今日はユーチャリスさんから、ホワイトデーがらみのお話です。



こんにちは、今日で2回目のユーチャリスです。
今回は、もうすぐ来る「ホワイトデーにお花」についてのお話にしたいと思います。

ホワイトデーは一般的にはキャンディーやマシュマロといったお菓子が贈られることが多いと思いますが、最近ではお花を贈られる方も増えてきてます。

そこで、ホワイトデーにお花を贈るとしたらどんなものがいいか、ホワイトデー以外にもお花屋さんにお願いするときにはどういう風に注文したらいいかなどのポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

花束

花束といっても大きくわけて2種類あります。
1つ目は花の長さを生かした大きくて豪華な花束です(図1)。
このタイプは誰が貰っても喜ばれるくらいボリュームがあるタイプなので老若男女問わずに使えるタイプです。

そしてもう1つがウエディングブーケのような可愛らしい丸い花束です(図2)。
このタイプは茎が短いのが特徴なので長さはなく、予算によっては少し寂しく感じてしまうかもしれませんが、このぎゅっとした所が女性に人気です。

20090312-1.JPG
図1


20090312-2.JPG
図2


アレンジメント

アレンジメントはそのお花屋さんの個性が強くでる形です。もちろん注文頂いたときにお願いされた形を作るのですが、ラウンドと呼ばれる丸いコロンとしたものやスタイリッシュな形、長さ、高さを活かした豪華な形があります。
アレンジメントは自由にお花の形を変えられるので贈られる方の好み、開店祝いならお店の雰囲気を伝えお花屋さんと相談するのがいいと思います。


プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは生花のようなみずみずしい色・形を数年保ち続けることができるお花です。
軽くて、コンパクトなので最近では母の日やホワイトデーにプレゼントをする方が増えており、一輪から楽しめるお花です。水を与える必要がないのでインテリアとしても使えます。
デザインもいろいろあり、茎が無い分長さは出ないですが、最近は色の種類やバラ以外の品種も豊富なのでお気に入りの物が見つかると思います。


まだまだ紹介しきれないですが、ホワイトデーにこういったお花を贈るのもいいと思います。
次回は、先ほど紹介した「プリザーブドフラワー」についてです。

母の日には「やっぱり花束がおすすめ」

こんにちは。企画編集担当ピリカです。

冬篭りから、やっと目が覚めました。長い冬でした。お久しぶりです。

年末が終わると、直ぐに新茶予約、母の日、アスパラと腹いっぱいの企画が待っていました。

母の日ギフトはほぼ終盤になり、カタログも出来ましたので、少し早いけど、お知らせします。
 
20090310-2.JPG

淡いピンクで作りました。受付スタ-トはまだ内緒です。

今年は残念な事に、表紙の花束が扱えませんでした。
来年私がいたら、絶対にカタログでご案内します。

次回は、おすすめ商品をお見せします。

春ですね

こんにちは~。管理人 ハカセです。

今日は初登場、ユーチャリスさんからのお話です。
日本人の心、さくらのお話です。



こんにちは、今回担当するユーチャリスですsakura.JPG
今日を含めて6回ほど登場します。よろしくお願いしますsakura.JPG

今日は春を一番に感じさせてくれるさくらsakura2.JPGのお話をします。
さくらといえばやっぱり卒業・入学式をイメージしますよねsakura.JPG
さくらはバラ科の植物で、約300以上の種類がありますsakura.JPG
果物のさくらは同じさくらでも、西洋系の品種で西洋実桜又は桜桃と呼ばれていますsakura.JPG

一番早く開花する沖縄では2月には満開になりますが、北海道で満開のさくらを見るには5月上旬と日本で一番遅くに開花するのでまだ時期的に先のことだと思っている方もいると思いますsakura.JPG

でも、街のお花屋さんには1月頃から店頭に並んでいるんですよsakura.JPG
お店によってお値段は多少変わるかもしれませんが、だいたい1本300円くらいで売っていますsakura.JPG
こんな感じで食卓や玄関などに一輪挿しや、短く切ってガラスのコップに挿しておくと一本でも簡単に春を感じられるので、機会があればさくらに触れてみて下さいsakura3.JPGsakura4.JPGsakura5.JPG

20090309-1.JPG

ギフト用ならこんなさくらとスイトピーをたくさん使った花束も可愛いですよ。

20090309-2.JPG

では、今回はここまでです。
次回のテーマは「ホワイトデーに花」です。

母の日カーネーションが咲くまで(2)

こんにちは!管理人 ハカセです。

今日はトミタさんから、カーネーションの続報です。
果たして、カーネーションは無事育つことができるのか?
始まり始まり~~。



こんにちは、母の日カーネーション仕入担当のトミタです。
今日は、母の日カーネーションについてのお話の第2回目です。

前回は、カーネーションの苗が5号鉢でまで育った所までお話ししました。
やっと大きく育つ環境が整ったことになります!
ここから、1月・2月は大きくたくましい花株を作る時期になります。

20090307-1.JPG

1月・2月は、生産者さんのハウスの中で、成長に必要な「温度・肥料・水」をしっかり与えてもらい、スクスクと育って行きます。

実はこの時期が、カーネーションにとって、良いお花を沢山咲かせるためには一番大切な期間になります。しっかり花株が出来ないとつぼみの数も少なくなってしまいます。

20090307-2.JPG

3月(現在)に入ると、大きく力強く育ってきます。
↑見てください!このしっかりと育った花株を。

そして、株がある程度育つと、待望のつぼみが少しずつ出来始めます。
4月は、つぼみが徐々に膨らみ、母の日に備えます。4月下旬には1番花が咲き始め、いよいよ出荷の時を待つのです...

20090307-3.JPG

母の日カーネーションが咲くまで

こんにちは~。管理人 ハカセです。

今日は、母の日といえばコレ!のカーネーションについてのお話です。
初登場のトミタさんからのお話、お楽しみくださいwink



こんにちは、母の日カーネーション仕入担当のトミタです。
今日は、母の日カーネーションについてのお話です。

毎年5月の第二日曜日が「母の日」になっています。母の日に贈られるカーネーション達は、キレイに咲き誇り、お母さんの元へと贈られていきます。

さて、このカーネーション達は、いったいどのように育っているのでしょうか?
実は、カーネーションの生産者さんのところに、前年の9月末~10月初旬に種苗会社(カーネーション苗の専門会社)から、写真のような小さな苗が送られてきて、栽培が始まります。

20090304-1.JPG

この時、全長10cm程の大きさしかないのに、生産者さんの愛情をいっぱい受けて、翌年5月には、沢山のキレイなお花を咲かせることとなるのです。

さて、この苗が届くと、生産者さんは、定植といって、直径10cm位のビニールポット(3号ポット)に苗を植え付けます。(この時点では、母の日にお届けする5号鉢にはまだ植えないんです。)

定植を終えると、ピンチと言って苗の芽の先端を摘み取ります。この「ピンチ」をすることによって、脇芽がどんどん出てきて、株が大きく育っていきます。

時は過ぎて12月、いよいよカーネーションの苗が5号サイズの鉢に植えられる時が来ます。この作業を「鉢上げ」といって、3号ポットから2回り以上大きな鉢へと植え替えられます。
一般的に植物は、土の量が多くなればなるほど、根の張る量が増え、株が大きく育つようになります。

カーネーションもこの「鉢上げ」によって、いよいよ母の日に向けて、しっかりとした土台(花株)を作っていく時期へと入っていきます。

次回は、実際、現在(今年の母の日用)のカーネーションの生育状況をお知らせします。

美しい瞳。愛の告白。

こんにちは!管理人 ハカセです。

今日は西やんさんのお話。
どうぞ~~。



こんにちは 西やんです。

3月6日の誕生花は赤いチューリップ

20090306-1.JPG

花言葉は「美しい瞳。愛の告白。」

ある美少女が三人の若者からプロポーズされ、家宝の王冠、剣、黄金を贈られました。
悩んだ少女は花の神・フローラにお願いし、わが身を花に変えてもらいました。

だからチューリップは花は王冠、葉は剣、球根は黄金なのです。



*鉢物ワンポイント講座*

今日のお花《カランコエ》

20090306-2.JPG

カランコエはポインセチアと同じく日照時間が短いと咲く多年草。
多肉植物で水やりを多少忘れても大丈夫!管理しやすいです。
花を長持ちさせるには、よく日に当て乾燥気味にすると良いでしょう。


それではまた、今日はこのへんで。

ボツ企画あれこれ

こんにちは!管理人 ハカセです。

今日もサンダーソニアさんから、お花について。
メーカーさんならではの裏話が聞けちゃいますよ~。



こんにちは!サンダーソニアです。

第2回目の本日は、コープさっぽろ「母の日フラワーギフト」に提案しながら、哀れ不採用になった商品の行方についてお話します。
今年度の商品は何かと差し支えがあるので、過年度ボツになった商品です。

20090305-1.JPG
 08年不採用-アレンジ「S」サイ

色あわせが地味で花材の種類も物足りない・・・そんな評価だったと思います。

20090305-2.JPG
 08年不採用-ペアアレンジ(母向け)

凝った器に奇抜なデザインで個人的には気に入っていましたが、化粧箱に入れて発送する段階で花材が折れたり抜けたりする恐れがある・・・そんな理由で却下(でも納得)。

20090305-3.JPG
 08年不採用-リーガースベゴニア

道内生産者さんの高品質なベゴニアでしたが、06年・07年と受注件数が減少し08年は不採用となってしまいました。現物を見ることができない「紙面販売」ですので仕方ありませんが、シビアなものです。

20090305-4.JPG
 08年不採用-ミックスブーケ

カタログ本紙向けとしては不採用(同価格帯で別なコンセプトの商品があり、紙面スペース上バッティングした)でしたが、「惜しい」との評価があり、ネット限定企画として生き残りました。


限られた紙面に複数のメーカーが提案しますので当然不採用品が出てきます。
採用決定時(1月!)での打率は3割5分といったところでしょうか。
提案書作製に至るまでの「サンプルづくり」の段階では○○,○○○円の花材が消費されます。

写真撮影する2月にはカーネーション鉢をはじめ、ほとんどの鉢花は時期はずれのため現物が用意できません。
鉢花だけは花束・アレンジ等とは異なり、前年の遅くとも5月末には撮影を済ましてしまいます。

メーカー、コープさっぽろ両者真剣勝負です。

豪華で・かわいらしくて・センスよく・鮮度よく・花持ち長く・・・そしてできるだけ安く・・・当然のことなのですがそれが難しい。
「工業製品」をデザインするのではなく、「農作物」をデザインするわけですから。
さまざまな要求に対してバランスを取り、妥協点をどのくらい高いところに置くかがエンドユーザーとの信頼関係に直結します。私たちメーカーにとっても。コープさっぽろにとっても。

次回は「ちょっとした工夫」についてお話したいと思います。ではまた。

3月3日はひな祭り

こんにちは。管理人 ハカセです。

今日もお花についてのお話です。
今日の語り手は西やんさん。
では、西やんさんのお話をお楽しみください。
「鉢物ワンポイント講座」つきですよhappy01



こんにちは はじめまして!
西やんです。今日からよろしくお願いします。

女の子の幸せな一生を願う桃の節句「ひな祭り」。
ひな祭りに飾るももは女の子のための花!
桃の実の美しい曲線が女の子を思わせるからでしょうか。

20090303-1.JPG

花言葉は「気立てのよさ、あなたのとりこ」
もちろん、ももは3月3日の誕生花。バラ科で原産地は中国です。


*鉢物ワンポイント講座*

今日のお花《プリムラジュリアン》

20090303-2.JPG

ラテン語で「春一番に咲く」という意味の語源を持つプリムラ。

サクラソウの仲間で種類は多く中でも代表的なものは、プリムラポリアナとプリムラジュリアン。
八重咲きや二段咲きもあり、価格も300円程度と手頃なのも魅力!
室内ではなるべく涼しい場所で日に当ててください。
プリムラは水を好みますので、鉢植えは水切れに注意しましょう。


それではまた、今日はこのへんで。


待ち遠しい春の訪れ

こんにちは~。管理人 ハカセです。

ちょっと先の話になりますが、3月下旬から、「母の日ギフト」が始まります。
5月10日の母の日用のギフトとして、お花を中心とした商品を企画しています。

そこで、そのお花のスペシャリストであるメーカーのみなさんにお願いをして、お花についていろいろと教えてもらうことにしました!

第1回目の今日は、サンダーソニアさんからのお話です。
それでは、どうぞ~~。



こんにちは!
会社の中では営業を中心に「何でも屋」を担当しているサンダーソニアと申します。

この企画(母の日ギフト)はゴールデンウィーク期間まで続くのですが、その間8回ほど登場する予定です。
「花」に関する話題を・・・との指令ですが何をどうすればいいのやら???

とにかく社員全員帰ったあと、一人でじっと考えていても時間ばっかり過ぎていきますのでパタパタと片付けてしまいましょう(○○さん、ゴメンナサイ)。

第1回目の本日は、私の大好きな「春の野の花」から・・・(本業は根っこのない花、切花屋ですけど)

20090302-1.JPG

ご存知、「カタクリ」。
片栗粉のカタクリです。うつむいて咲く花はちょっとシクラメンに似ていますね。
カタクリはユリ科です。そういえばやっぱりユリにも似ていますね。

20090302-2.JPG
 
知る人ぞ知る「エゾエンゴサク」。
漢字で書くと「蝦夷延胡索」。ケシ科の多年草です。
これが夏に咲くのだったら、すごく清涼感のある景色になるといつも思いますが4月下旬に咲く(札幌基準)花なのです。

20090302-3.JPG
 
「フクジュソウ」。
庭に残る薄氷を割って伸びてくる姿に野の花のたくましい生命力を実感し感動してしまいます。

20090302-4.JPG
 
これは「ユキワリソウ」です。
雪解けとともに開花するので、この名前があります。

これらの花は札幌での自然開花の場合、ゴールデンウィーク前の4月中~下旬に集中します。
自然の状態での植物は、「華やかさ」や「美しさ」や「かわいらしさ」は商業栽培の植物に一歩譲りますが、植物本来の「生命力」を強烈に感じさせ、私の心に強く響いてきます。
あと2ヶ月足らずで再会できると思うと今から気持ちが高揚してきます。

でもここ数年はじっくり観察し幸せに浸る時間がありません。
なぜならコープの「母の日ギフト」の準備期間のヤマ場と重なる時期だからです・・・(涙)。

「花」は生活に潤いを与えてくれる、変な言い方をすれば「嗜好品」であって、同じ農産物でも野菜と違い、「無くて」も人間が健康を損ねるものではありません。
国内の花卉の国民一人当たりの消費金額は欧米の1/2程度というデータがありますが、日本人はやっぱり「心や気持ちに余裕」がない国民性なのかな~なんて思ってしまいます。


切花屋のサンダーソニアがお届けした第1回目はいかがでしたか?
次回は3月5日分を担当しなさいとの指令です。もう1週間しか余裕がないではないですか!
次はどんな視点でやろうかな?

ではビールを飲みに帰宅します!

全ての記事

ホーム > 2009ギフト > 母の日ギフト の一覧

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープのギフトブログ
http://blog.todock.com/mt4i/gift/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ