生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 2009ギフト > | ボジョレーヌーボー予約 > | 管理人 ハカセ > 脂気があって中が空で鋼のような○○

脂気があって中が空で鋼のような○○

こんにちは~。管理人 ハカセです。

「熱い」「脂気のある」「いかめしい、厳格な」「輝く」「角ばった」「乾きすぎた」「草のような」「しなやかな」「中が空の」「肉づきのよい」「鋼のような」「ベールのかかった」「痩せた」......。

これら、なんのことだかわかりますか?

勘の良い方はお気づきかと思いますが、これらはすべて、ワインを形容する言葉なんです。

出処は、先日、ボジョレーの調べ物のときにお世話になったJETROのサイト
ここの「国・地域別情報」の「チリ」の中、「チリワイン情報」の下に「ワイン用語集」というものがあって、その中で上記のものも含め、たくさんの言葉の意味が説明されています。

テレビなんかで時折耳にしますが、(実際にソムリエさんから聞けるようなお店に行ったことはありませんcoldsweats01ワインの説明一つに対して、たくさん言葉があるんですね~。

しかも、それぞれにちゃんと定義がある!

例えば、
いかめしい、厳格な(AUSTERO)
硬く深みの足りない、多くの場合まだ若いワイン。

鋼のような(ACERADO)
力強くしっかりとした性質のワイン。通常、高度の酸を含むワインに対して使われ、シャブリその他の高品質で若いフランスワインによく見られる性質。

などなど...。
今まで、ソムリエの方の表現って個人の感性によっていると思っていたのですが、それぞれにちゃんと定義があったんですね~。勉強になりましたhappy01

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/28340
この記事へのトラックバック一覧
脂気があって中が空で鋼のような○○ from コープのギフトブログ

ホーム > 2009ギフト > | ボジョレーヌーボー予約 > | 管理人 ハカセ > 脂気があって中が空で鋼のような○○

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープのギフトブログ
http://blog.todock.com/mt4i/gift/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ