生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 2009ギフト > | 夏ギフト > | > ビッグでビックリなしじみ

ビッグでビックリなしじみ

こんにちは。銀だらだらです。
今回はギフト初登場の「冷凍しじみ」を紹介していただきます。この商品はサイズを限定していて、いつも目にするしじみよりビッグです。
(いつも大きいしじみを食べてる方はごめんなさい)

紹介してもらう前に、銀だらだらが自ら食べて経験した事を、お伝えしますと、このしじみは「砂だし」してあるので、沸騰したお湯にそのまま入れて、貝が開くのを待ってから、味噌入れて、しじみ汁の完成なのですが、貝が開くのにちょっと時間がかかります。
でも、味は格別で、普段1杯くらいしか飲まない味噌汁も、この日は3杯は飲んでしまいました。
ここからは、担当の「吉光マン(キッコーマン)」さんにバトンタッチします。



こんにちは皆さん!
こちらは道北、北るもい漁協天塩支所から、しじみ担当の、しじみ応援団、団員NO.001、吉光マンが、天塩町自慢の一品「天塩の砂だししじみ」をご紹介します。

突然ですが・・・。
皆さんは、「蝦夷の三絶」という言葉をご存知でしょうか。
「蝦夷の三絶」とは、北海道三大味覚のことを古くから言い、「天塩のしじみ」は、「厚岸のカキ」「十勝川のフナ」とともに蝦夷の三絶として珍重されている、道外でも著名な特産品です。

北るもい漁業協同組合天塩支所では、自然保護のため、漁期、漁獲場所、漁獲量を定め、環境を守りながら操業を行ってます。

つまり、漁獲量が少ない貴重品。
今回はこの貴重品、「天塩のしじみ」が、コープさっぽろのギフトに初登場。

さあ、初めまして!
紹介させてください!

★どこで獲れるの?


天塩町名産のしじみ漁は、「利尻礼文サロベツ国立公園」の特別保護地区であるサロベツ原野の中、「パンケ沼」と「サロベツ川」で行います。

★どのように育てているの?


完全な天然繁殖の環境を保つ為、年間の漁獲量を厳密に制限して漁を行っています。

★しじみ漁ってどんな風に行っているの?



しじみ漁は「マンガン」と呼ばれる鋼鉄製の爪がついた枠に袋状の網をつけて、沼底を掘り起こすように船で曳いて行います。





★しじみの効能、教えて!



シジミは古来、「肝臓をアルコールから守る」「貧血の予防に効く」「レバーにも匹敵する」などの薬効が指摘されています。
(あくまでも、全ての人に効果があるとは限りませんので、あしからず)

★しじみの大きさ、どのくらい?



良くぞ聞いてくれました!
なんと、今回のギフトでお届けするのは、
1つの横幅が27mm以上のものを厳選。



見てください、この大きさ!

★どんな形で届くの?



化粧箱(木箱)でお届け。
あの人の喜ぶ顔が、目に浮かびませんか。





ところで「蝦夷の三絶」の「十勝川のフナ」は銀だらだらも食べた事ないな~。

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/26631
この記事へのトラックバック一覧
ビッグでビックリなしじみ from コープのギフトブログ

ホーム > 2009ギフト > | 夏ギフト > | > ビッグでビックリなしじみ

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープのギフトブログ
http://blog.todock.com/mt4i/gift/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ