生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 2009ギフト > | 夏ギフト > | > ししゃもの名産地は?

ししゃもの名産地は?

こんにちは。銀だらだらです。今日は大樹漁協さんから、ししゃもの紹介をいただきました。ししゃもは日本固有の魚。大樹漁協のある十勝管内は、その漁獲量が多いだけに大小さまざまな、ししゃもが水揚げされます。
それでは担当の「空母」さんに紹介していただきました。



こんにちは、みなさん!
大樹漁協、シシャモ担当シシャモ大好きの、「空母」と申します、初めまして!
今回はわたくしが、当漁協、自慢の大きさを誇る、シシャモのご紹介をさせていただきます、みなさん、おつきあいください!

はてさて。
日本の各地、スーパーや、居酒屋でよく目にする「シシャモ」の姿。
けれど、本物のシシャモは、年間1,300トンほどしか漁獲されておらず、とても全国に出回る量ではないってご存知でした?
シシャモの代用品として、年間20,000トンほどが輸入されているその魚の正体は・・・

「カラフトシシャモ」(またの名を、カペリン・キャペリン)。

よく見ると、輸入の「カラフトシシャモ」との区別をつけることはできるのですが、表現が曖昧で、「カラフトシシャモ」を「シシャモ」と混同してしまう人も、少なくないのです。

そんな中、今回皆さんにお届けするのは、もちろん「シシャモ」の方です。
皆さん、シシャモは日本固有の魚なんですよー!



シシャモは、北海道の太平洋岸のみに生息。
10月中旬~11月下旬にかけて、胆振・日高・十勝・及び釧路地方の河川に産卵のために遡上します。

十勝管内は、シシャモの産地としてはあまり知られていませんよね?
(知ってらっしゃる方、ありがとうございます!そんなアナタは素人ではありませんね?)

けれど、実は・・・・・十勝管内は、全国の漁獲量約1,300トンのうち、約500トンを水揚げしている、シシャモ漁の主要な産地。
その量たるや、全道1・2位の規模なんです!
(知らなかった方、覚えてくださったら幸いです!そんなアナタは絶対素人ではありませんね?)

大樹漁協は、その十勝管内の漁協のひとつであり、他の十勝管内の漁協と力を合わせて「十勝管内ししゃも漁業調整協議会」を立ち上げております!

具体的には・・・・シシャモの漁獲量を制限したり、豊かな環境作りの為に、植樹活動をおこなったり。
限りあるシシャモという資源を、守っているのです!

そして、より多くのみなさんに、おいしいシシャモを食べていただくために、PR活動も欠かしておりません。
「十勝海鮮フェア」に出展したり「シシャモ即売会」を開催し、大反響を得ています!

↓こちらは「十勝海鮮フェア」の時のししゃも販売の画像です。
すごい人だかりです。みなさん、シシャモを買う為に並んでくれています。
各地からお客様が来ていました。



シシャモ、大人気です。

~シシャモに、想いをのせて~!


北海道の太平洋岸のみにしか生息しない、貴重なシシャモ資源。
この漁業が未来にまでつながるように。
そして、みなさんに、おいしいシシャモを食べて喜んでもらうために。
そんな想いを込めて、大樹漁協が、メス25g以上・オス31g以上(メス・オスともに3L以上)のシシャモのみを選び、(↓画像は、水揚げ後選別風景)



乾燥して、「干しししゃも」として、皆様にお届けします!
「大樹漁協 シシャモ」を大切なアナタへ。


トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/26628
この記事へのトラックバック一覧
ししゃもの名産地は? from コープのギフトブログ

ホーム > 2009ギフト > | 夏ギフト > | > ししゃもの名産地は?

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープのギフトブログ
http://blog.todock.com/mt4i/gift/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ