生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 2009ギフト > | 新茶予約 > お茶の色はなぜ緑色か?

お茶の色はなぜ緑色か?

こんにちは~~。管理人 ハカセです。

「殺青」、これが今日のキーワードです。
青を殺す...。さていったいなんのことなのでしょうか?
詳しくは茶ぼうずさんから。



こんにちは!茶ぼうずです。
今回はお茶の色はなぜ緑色かを考えていきたいと思います!

お茶の生葉は緑色をしていますが、これは緑色色素の葉緑素(クロロフィル)によるものです。
クロロフィルは、生葉のまま放っておくと、葉に含まれる酸化酵素により酸化されて変色してしまいます。

しかしお茶を作る時に生葉を蒸したり釜で炒ったりして熱を加えるので、酸化酵素が失活し、酸化が止まります。

これを「殺青(さっせい)」と言います。

殺青することにより、出来上がったお茶には緑茶特有の緑色が残るということなのです!

また同じチャの葉からは紅茶や烏龍茶も作られますが、日本茶とは異なり、茶の色は濃い褐色です。
これは、紅茶や烏龍茶を作る時には、日本茶のように最初に殺青をしないので、酸化酵素が働き褐色のお茶になるというわけなのです!

なぜ緑色なのか理解して頂けましたでしょうか?
それではこのへんで失礼致します(^◇^)

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/25462
この記事へのトラックバック一覧
お茶の色はなぜ緑色か? from コープのギフトブログ

ホーム > 2009ギフト > | 新茶予約 > お茶の色はなぜ緑色か?

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープのギフトブログ
http://blog.todock.com/mt4i/gift/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ