生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 企画編集担当 ピリカ > | 夏ギフト > | 食品 > しんむら牧場の土の話「ミミズがいない?」

しんむら牧場の土の話「ミミズがいない?」

こんにちは。企画編集担当ピリカです。
前回に引き続き、しんむら牧場のお話です。

新村さんの案内で牛達の食堂(牧場)に入れていただきました。




入ってみてびっくり!芝刈りでもしたように、綺麗に牛達は草を食べていました。
ところがひょっと横を見ると、草がしっかり生い茂っていて、丸く残ったところがあっちこっちに点在しています。

丸く残った草。中には...?(マウスオーバーで答えが出ます)

「草が残っているのはどうしてですか?」
とたずねると、新村さんは、その草の真中に手を入れ「見てください、牛の糞です。」と糞を見せてくれました。
「糞をした後は、草にとっては有機肥料タップリでしっかり伸びるのですが、牛達にとってはおいしくないこと、体に合わないことを知っていて残すのです。」とのこと。

ビックリ! 草にも味がある?牛達はおいしい草を知っているんだ?

牧場を始めた頃は、牛がまったく草を食べなかったそうです。よく見ると、土には今までの化学肥料のためか「ミミズや虫君」がいなかった。そのために糞などの分解が遅く、草は育っても牛には悪い草ばかりで、牛達は食べなかったそうです。

新村さんが、「実は牛が健康でよい乳を出すには、食べる草を良い状態にするための『土』が一番大事なのです。」と言って牧場の土のサンプルを取って見せてくれました。良い黒土でした。
ここまでに初めてから13年かかっており、この土をアメリカに送って調査してもらい、まだまだ土の改善をしていくとのこと。

勉強になりました、いい水いい土があり、色々な草・おいしい草があり、牛達が食べ元気に育ち、人間達には四季のある牛乳を出してくれる。
牛達のために「土」の改善は大事なのだと教えてもらいました。

次回は、「オス牛でも子供を産むの?」です。

--------------------------
ティーセットティーセット ネット価格 3,638円 [税込]

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/12530
この記事へのトラックバック一覧
しんむら牧場の土の話「ミミズがいない?」 from コープのギフトブログ

ホーム > 企画編集担当 ピリカ > | 夏ギフト > | 食品 > しんむら牧場の土の話「ミミズがいない?」

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもコープのギフトブログ
http://blog.todock.com/mt4i/gift/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ