生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 食育と健康づくりセミナー > ポッカレモン大学〜2時間目【薬学部編2】〜

ポッカレモン大学〜2時間目【薬学部編2】〜

こんにちは!
イベント体験担当の"お〜ちゃん"です。

「食育と健康づくりセミナー」2時間目「薬学部編」の続きですup

レモンの健康成分には、ビタミンC、クエン酸、ポリフェノール、リモネンなどが含まれています。

この中で、今回は・・・
クエン酸の効果について教えていただきましたflair

レモンの健康機能.jpg

レモンにはクエン酸6%ほど含まれていますicon:body_no1
ちなみにミカンには1%くらい、クエン酸が多く含まれていると言われる梅でも3%ほどdelicious

レモンは梅の2倍もクエン酸が含まれているんだ〜sign03


クエン酸の効果として、キレート作用というものがありますrun
ポッカさんの商品「キレートレモン」のおかげで、キレートという言葉は馴染みがあるのですが、キレート作用については、なにか知らなかったな〜coldsweats01
この作用はカルシウムの吸収を助けてくれる働きがあるですってup


カルシウムと関わりの強い骨icon:body_biceps
では、「骨粗鬆症とレモンについて」す。

骨粗鬆症とは自覚症状が無い病気coldsweats02
骨の骨密度は、30〜40歳までにMAXになっていき、その後だんだん減少してしまうようですdown

この密度があまりに低くなってしまう状態を骨粗鬆症といいますicon:body_no1
予防するには、まずは最初に高いピークにもっていくこと、減少を緩やかにしていくことが大切flair

その為には、カルシウムを積極的に摂取していくことが大事ですscissors
日本人のカルシウム摂取量は10代の頃は給食もあり摂取量も多いのですが、それ以降は足りていないのが現状のようです。

更にカルシウムには吸収率が低いという特性もあり、吸収率が高い牛乳でも4割程度といわれていますtaurus
ちなみに"お〜ちゃん"は低脂肪牛乳派だったりします smile
「牛乳きら〜い。」とか、言ってる子はいないよねsign02


そこでカルシウムを効率よく吸収する為に、クエン酸のキレート作用の出番という事ですsign03


カルシウムを多く含んでいる食材といえば、魚介類があげられますがレモンが添えられている事も多いと思います。
レモンを添えることにより、彩りもよくなり、爽やかな香りで臭みを和らげられますよねshine

そして、豊富に含まれているミネラルの吸収を助ける働きもあるんですgood
レモンってすごいsign03

魚レモン.jpg


まだまだ続きますsmile
次は「最新のレモン研究について」ですflair

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/28588
この記事へのトラックバック一覧
ポッカレモン大学〜2時間目【薬学部編2】〜 from イベログ

ホーム > 食育と健康づくりセミナー > ポッカレモン大学〜2時間目【薬学部編2】〜

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもイベログ
http://blog.todock.com/mt4i/evelog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ