生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 特派員からのお便り情報 > 『冬休み親子クッキング教室』in氷点下10度の旭川その2

『冬休み親子クッキング教室』in氷点下10度の旭川その2

こんにちは。
"旭川特派員"です。

昨日に、引き続きみんなががんばっていた
『冬休み親子クッキング教室』
の模様を旭川からレポートkaraokeいたしますよ〜sign03


講師のフードソムリエの
中本ルリ子先生のお料理の説明が終わったら
参加親子で調理開始ですsign03

お子様の皆さんは、小さなpaperで、
一生懸命がんばってくれました。


・・・・・・わが子もこんな手の大きさだった
時期があったのね~catface
今じゃ、2人のわが子の手も
グローブやキャッチャーミット並に、
大きくなりました。


それはそうと、
まずは、チーズフォンデュです。
(我が家の憧れのメニューです。)


調理方法は、
(レシピは、次回のブログで紹介させていただきます。)
にんにくのみじん切りをバターで炒めて、
小麦粉を加えます。


0116冬休み親子みじん切り01.jpg


暖めた牛乳と顆粒状のコンソメを加え、
「とろけるチーズ」を3回に分けて投入。

こしょうとナツメグを加えて、出来上がりhappy01 
ワインを使用しないので、
お酒の弱い方でもお子様でも大丈夫です。

フォンデュ鍋がないという方は、
100円ショップの土鍋でも出来るそうですよ。


0116冬休み親子フォンデュ02.jpg


かぶとオレンジのサラダは、
レシピをご参照ください。
(次回のブログに掲載。)
・・・・・特派員のくせにcameraを写してませんでしたsweat02


アラスカ風ちらし寿司は、
いろどりと大葉がポイントです。
アラスカかまぼこは、簡単にさけるので、
親子で作るのに、おすすめですね。

いり玉子も、温度に気をつければ、
きれいなパラパラ玉子なります。

0116冬休み親子チーズ03.jpgのサムネール画像

きゅうりは、中の種の部分をスプーンで取り除くと、
水っぽくならなくて美味しいそうです。

大葉は、裏返して、ポンと手の平で
たたいてあげると 良い香りが出るそうです。
・・・・・・くれぐれもストレス解消に、
パンパン叩かないでくださいね。


0116冬休み親子チラシ(1)04.jpg


0116冬休み親子チラシ(2)05.jpg



今回のサブメイン、
手作りガナッシュチョコは、
ぜひ、バレンタインにどうぞheart01

まずは、チョコレートを包丁で細かくきざみます。

0116冬休み親子きざみ06.jpgのサムネール画像

鍋で生クリームを温め、沸騰したら、
きざんだチョコを投入します。

0116冬休み親子混ぜる07.jpgのサムネール画像

かき混ぜすぎないように、ゆっくりと混ぜます。
ホワイトチョコは、特にかき混ぜすぎると、
分離するので注意dangerしてね。

チョコレートが溶けたら、無塩バターを入れます。
平たい皿にクッキングシートをひいて置き、
チョコレートを乗せて平らにし、
それを冷蔵庫で冷やします。

固くなったら包丁で切り分けて、
ラップを使い、手の平でくるくるとまるめて、
粉砂糖をまぶして、出来上がりです。

0116冬休み親子平ら08.jpgのサムネール画像

0116冬休み親子チョコ09.jpgのサムネール画像

長い時間、くるくるしていると、
チョコレートがでろでろになるので手早くねwink

0116冬休み親子出来上がり10.jpgのサムネール画像


さあ、おいしそうにできましたsmile
残すはお楽しみの試食sign01

その様子は次回、レシピと一緒にご報告です。
お楽しみに!!

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/23575
この記事へのトラックバック一覧
『冬休み親子クッキング教室』in氷点下10度の旭川その2 from イベログ

ホーム > 特派員からのお便り情報 > 『冬休み親子クッキング教室』in氷点下10度の旭川その2

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもイベログ
http://blog.todock.com/mt4i/evelog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ