生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > バレーボール教室 > 栗原選手、もう少し手加減を・・・。

栗原選手、もう少し手加減を・・・。

こんにちは。
そろそろ復活の“ミ縲怐hです。

 

さて、準備運動の次は各チームに別れての
パスやレシーブの練習でした。
“ミ縲怐hは「河野監督」や「栗原選手」に教えてもらえる
ママさんチームと一緒。

 

まずは「オーバーハンドパス」の練習。
両手の親指とひとさし指で大きめの三角形をイメージして
額の斜め上あたりで構え、飛んで来たボールをかえします。

 

061901_2

“何だか、監督も栗原選手も心配そうな顔(笑)”

 

どうも“ミ縲怐hは上を向くと口を開いてしまうようで・・・。
アホな顔を披露しながらのパスです f(^_^;

 

うまくはじくってゆ縲怩ゥ、
腕と膝のバネを使わないとちゃんと飛ばなくて、
指だけが痛くなっちゃうんですよね。
それに、イイ音もしないんです。

 

お次は、「レシーブ」の練習。
片方の手にもう片方の手の甲を乗せて、
包み込むような感じで親指を合わせます。
その合わせた手を前に伸ばして、
手と胴体の間に二等辺三角形のスペースができる状態にして
手ではなくて、手首よりも若干腕側でボールを受けます。

 

061902_2

“ちょっと、ミ縲怩チてば様になってない??”

 

「栗原選手」の打つボールが恐くて、
腰が退けちゃうんですよ
(T_T)

だからコレがなかなかうまく上がらなくて・・・。

 

061903_2

“反対側のコートでもみんな練習中!”

 

そして、レシーブが一巡したらちょっと高度な技に・・・。

 

一度、真上にレシーブして、
そのボールをもう一度アンダーかオーバーでかえします。
ボールを真上に上げるのは結構大変。
そして、ボールの落下点を探して、構えたままの姿勢でオロオロ。
そんな様子を「栗原選手」がおもしろくアレンジしながら
指導してくれて、みんなに笑いも(^o^)

 

お次は「6人レシーブ」
飛んで来たボールをうまくセッターにかえし
アタッカーが打てるように上げます。
短く落ちるボールや時には強めのボールに
なかなか足が動きません・・・(>_<)
さらには、1人じゃないので隣の人とお見合いしたり(笑)
声出しが大事!

 

061904_2

“みなさん、ほんと上手いんです。”

 

でも、上手く体が動くとすっごい楽しい!
「取ってやった縲怐I!」っていう充実感が沸き起こり、
もう1ぽ縲怩I!みたいな(笑)

 

ここで休憩に入るんだけど、ママさんはすごい!!
休まずに、他の選手と自主練!!
さすがに“ミ縲怐hはついていけずに見学・・・。
誘っていただいたのに、す、すみません m(_ _)m

 

061905_4

“気がつけば、腕が真っ赤! がんばった証です・・・。”
“あはは、自分で言っちゃった f(^_^;”

 

次は休憩後の練習再開だ縲怐I

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/14586
この記事へのトラックバック一覧
栗原選手、もう少し手加減を・・・。 from イベログ

ホーム > バレーボール教室 > 栗原選手、もう少し手加減を・・・。

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもイベログ
http://blog.todock.com/mt4i/evelog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ