生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 地球の未来を考えよう > サッポロスイーツ・グランプリ作品!

サッポロスイーツ・グランプリ作品!

以前もこのブログで書きましたけど、サッポロスイーツカフェというのが大通りの地下街に出来ましたよね。heart sapporo sweets.JPG

このカフェの運営に関わっているのがスイーツ王国さっぽろ推進協議会という団体です。この団体が中心となって、札幌では毎年、地元のパティシエを対象に「札幌スイーツコンペティション」というのと開催しているのですね。

P1110047.jpgその応募要項を見ますと

1.洋菓子の街さっぽろをイメージさせるさっぽろスイーツの開発および提案
2.北海道や札幌の素材を生かした地産地消スイーツの開発
3.札幌の洋菓子製造者のレベルアップ
4.地元市民のスイーツへの興味を増加させる

というのがコンペの目的で、応募基準には「札幌をイメージする洋菓子」とあります。具体的には

1.スイーツ王国さっぽろを、デザイン的、味的に表現していること
2.北海道素材を使い、生かしていること
3.洋菓子店で、通年を通して作りやすいレシピであり、尚且つ個性を生かしやすいこと
4.消費者に支持され、店舗の売上に結びつきやすい商品であること

だそうです。

優秀作品には、グランプリが贈られて、その作品をそれぞれの店がアレンジしたスイーツが各店に並びます。そのスイーツを食べ歩くスイーツラリーでスタンプを集めると、ギフトももらえるとか。

そして、ジャンジャンジャン~。

本年度(2009年度)、見事グランプリに輝いたのがこちらです。

ハスカップフロマージュ(パンチ)20.jpgパティスリー「ジョネス」のパティシエ、若山一哉シェフの「さっぽろハスカップフロマージュ」です。

(写真:スイーツ王国さっぽろ推進協議会) 


白い作品が多い中で、これは北海道産のハスカップを使って綺麗な赤のスイーツです。お酒にも合うスイーツで、4種類のチーズを使っているので、食べ方によって味が異なるというおまけつき。ハスカップの酸味とチーズのコンビネーションが特徴です。若山シェフはまだ30歳。札幌プリンスホテル、ミクニやプリンス・ドゥ・プリンス、そしてズコットのオープニング・スタッフなどを経て、昨年12月に念願の自分のお店「ジョネス」をオープンしたばかりです。

北海道という土地柄はご存知のように乳製品も豊富だし、カラッとしているのでお菓子作りに最適だそうです。

あと必要なのは、創造力や発想力、そしてお菓子作りの技術のレベルアップじゃないでしょうか。もっともっと素晴らしいものが出来る可能性があると思います。

地元の素材を生かして、地元のタレントを生かす、、、とってもいいことだと思います。これから雪祭りで世界中の観光客が訪れますから、是非、サッポロスイーツをPRしてほしいです!

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/29914
この記事へのトラックバック一覧
サッポロスイーツ・グランプリ作品! from ECOLOG

ホーム > 地球の未来を考えよう > サッポロスイーツ・グランプリ作品!

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもECOLOG
http://blog.todock.com/mt4i/ecolog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ