生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 地球の未来を考えよう > ペットボトルにワイン

ペットボトルにワイン

8月15日といえば終戦記念日ですが、札幌ビール園の最終日でもあるのです。そこで滑り込みセーフ。今年初めて、札幌ビール園にやっとこさ行ってきました。happy01

beergarden028.JPG
ここに来ないと、夏を体験したことにはならない!っていうくらい、今では札幌夏の風物詩ですね。

私、実はさほどビール党ではないのですが、夏の暑いときに一杯飲むのはいいですね。しかも、世間の人々が働いている真昼間に飲む、、、、というのは本当に最高です。

しかしこの前に既に、ワインを一本開けていた私たち二人(ヒラリ~+主婦にしてソムリエのNちゃん)。昼間に飲むとさすが酔いが早い。。。lovely

Nちゃんはワインに詳しく、自然派ワインについての資料をこの日もわざわざ私のために持ってきてくれていました。以前にも書きましたが、私も最近は自然派ワインにとても興味を持っていますが、実は最近になってペットボトルに入った自然派ワインというのも登場しているようなのです。

その名もオーガニックワイン『OKO』(オコ)。 光を通しにくい特殊構造のボトルなので、ガラスビンに匹敵する品質なのだそうです。

snail世界最大オーガニック認証機関エコセール認定の自然派ワイン。

snailボトルラベルは再生紙を使ったもの。

snail生産から出荷までカーボン・ニュートラル。

snailワインの収益の一部が、水供給チャリティーの支援に。

img10395267055.jpg肝心のお味ですが、業者さんのウェブサイトを読むと「ダークチェリーやプルーンの果実味とスミレのアロマが印象に残る、優しくふくよかな味わい」らしいです。しかもお値段も1200円ちょっととお手ごろ。ラベルのデザインもステキです。

環境負荷を考慮して、最近ワイン業界もペットボトル入りのワインを登場させています。記事で読んだりニュースで見たことはありますが、まだ試したことはない私です。

ワインというと、あのガラスのボトルに入っているのがいいな~と思っていたので、「ペラペラのペットボトルじゃあどうも。。。」という気もします。でも高価なワインは別として、ボジョレーや軽い白、ロゼなど、気軽に早く飲むワインであれば、ペットボトルでも良いかもね。

JALでも国際線の成田=ロンドン線で提供を開始したそうです。これだと従来のガラスボトルに比べて重量が7分の1だそう。燃料も排出するCО2も大幅に削減できるそうでで、今後は順次他路線へ拡大していく予定だそう。確かにこのエコボトル、飛行機会社にとってはあリがたいのかもしれません。機内のワインボトルの総量たるや、馬鹿にならない重さです。それをお金を払って運んでいる訳ですから。。。

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 1

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/27649
この記事へのトラックバック一覧
ペットボトルにワイン from ECOLOG
オーガニックの日本語訳は? from 英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・マンツーマン英会話・初歩からビジネス英語まで ETC 2009-08-28 (金) 01:33
090813.mp3 (4分34秒) 今日はオーガニックワイン専門の輸入販売会社、マヴィ株式会社の代表取締役、田村安さんのお話しをお聞きします。  最近良...

ホーム > 地球の未来を考えよう > ペットボトルにワイン

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもECOLOG
http://blog.todock.com/mt4i/ecolog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ