生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 地球の未来を考えよう > 低温化

低温化

おはようございます。ヒラリ~です。今日はお天気がいいので、やっと梅干が干せます。happy01

umeboshi006.JPG

今夏は日照不足や長雨の影響で、農作物に大きな影響が出ています。農林水産省では、コメが不作だった2003年以来初めてという、日照不足・低温等対策連絡会議を緊急開催して、さっそく北海道に調査チームを派遣しています。

特に懸念されるのがおコメ。
北海道では7月の降水量が1946年以来最多で、例年の2.5倍も降ったそうなのです。そのため、イネの生育が平年よりも3-4日遅れているそうで、昨年の大豊作とは状況が一変です。

他にも、冬の野菜のほうれん草やミズナ類は低温の影響で生育が早まったため、実際に消費の伸びる8月中旬の出荷量が平年より2-3割は減るそうです。

北海道で、生育状況が懸念される農作物をまとめてみました。

コメ:イマのところ生育は順調だが、今後異常低温が続くと影響が出る
麦:ぬかるみで収穫作業に遅れ
大豆:生育遅れ、減収の恐れ
じゃがいも:収穫作業の遅れ懸念、価格も↑(6-8割)
たまねぎ:生育遅れと一部で病害。価格も↑(5割)
にんじん:生育遅れと一部で病害。
(2009年8月5日付け日経新聞より)

予測によると、8月も北海道では特に日照不足の影響で、農作物が心配な状況が続くそうです。とはいえ、お天気に恵まれた地方では逆に豊作です。たとえば長野や群馬では白菜、レタス、キャベツなどが豊作で、価格も下がっているそうです。

小さな家庭菜園でも収穫物が駄目になるとガッカリですが、農家の方のご苦労を考えると、本当にこの異常気象は死活問題です。

nasu013.JPG

こんなに小さいんです。今年の収穫は。。。

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/27447
この記事へのトラックバック一覧
低温化 from ECOLOG

ホーム > 地球の未来を考えよう > 低温化

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもECOLOG
http://blog.todock.com/mt4i/ecolog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ