生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 地球の未来を考えよう > 節電の悲劇

節電の悲劇

お久しブリーフpig、ヒラリ~です。いいお天気ですね。北海道にもやっと初夏が訪れた!といってもあっという間に7月ですよ。そして8月が来たらもう9月じゃないですか~そしてまた冬だweep北海道の夏は短いから謳歌しないとheart04

環境月間というだけあって、環境関連ニュースが多いです。テレビでも凄い節エネの技をやっていて、思わずメモってはいるのですが、それがどっかいってしまって、、、結局役にたっていない。。。

さて、皆さんもとっくの昔にやっていると思うのですが、使っていない電気のコンセントをすべて抜くという超カンタン節電。しかし気をつけないととんでもないことになるというお話を一席clock

その1.

数日前に東京であった火災。父と娘が焼け死んだのですが、原因はどうやらトラッキング現象らしいのです。
トラッキング現象とは、コンセントとプラグの間に埃がたまり、そこに湿気が生じることでプラグの間で火花放電が繰り返されてその熱がコンセントに接する絶縁部を過熱することで、プラグの刃と刃の間にトラック(電気の道)が発生し放電して炎上するというもの。
プラグを中途半端に差し込むと、刃の間に道ができるので危険だそうです(湿ったり埃があると)
ですから、抜いたコンセントを再び差し込むときは奥まで入れてくださいね。

その2.

友人Hの間抜けな話。節電しようと、家中のコンセントを片っ端から抜いて「地球環境にもお財布にもやさしい」といい気になっていた。しかし最近、ぜんぜん電話がかかってこないと思っていたら、電話線のつながっている通信機器のコンセントも抜いていた、らしい。

しかもそれに気づいたのは1週間後のとある朝。電話もせずにやってきた、若い業者を不快に思いながら(実は髪もとかさず、顔も洗っていない山姥のような形相の自分に引け目があったらしい)それでもにこやかに取り繕って対応していたそうだ。最近の若者は礼儀知らずだ。電話一本入れてからくるのが礼儀だ(=突然来られては、山姥から人間に化ける時間がないじゃないか)と、活を入れようと思っていた矢先、自分の半分くらいの年齢の若者に「何度かお電話したのですが通じませんでしたよ。通信機器がはずれていますとの、メッセージでしたよ」と言われたそうだcoldsweats01。。。。

「電話機自体のコンセントはつながっているので安心していたのよ。電気のコンセントって、複雑じゃない。わかるでしょ?」とHは弁解していたが。しかし、又しても、同じ失敗を繰り返しているらしい。昨夜から、H宅には電話がつながらない。いい加減学べ!

しかもこのH、コンセントに差し込んでいなかったことを忘れて、大事な仕事の締切日ぎりぎりに、ノートパソコンの画面が突然黒くなり発狂していた。見ると電池が0%になっていた。。。無知な奴め。彼女との付き合いはもう4?年以上だが、まったく付き合いきれない。できることならお付き合いを辞めたいが...

(賢明な読者の皆さんは既に、Hが誰のことかおわかりかもしれませんpig

ところで、最近、Hは思いっきり体調が悪いんです。新しく仕事場にした西向きの部屋が、湿っていて冷たいのが原因かと思うのですが。だって、この部屋で仕事していると骨が痛い気がするんですから。ストーブをつけてはいるんですが、節電から逆行してますよね。しかも友人曰く「ストーブは湿気に逆効果」なんだそう。熱で水分が上に上がり、それが壁や天井にこもってしまうそうです。coldsweats02じゃーどうすればいいの?と聞いたところ、除湿機がいいらしい。ってんで、今日は除湿機を買いに行ってきます。私って、余計なことしてる?

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/26616
この記事へのトラックバック一覧
節電の悲劇 from ECOLOG

ホーム > 地球の未来を考えよう > 節電の悲劇

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもECOLOG
http://blog.todock.com/mt4i/ecolog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ