生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 地球の未来を考えよう > 120台が走るゾ!

120台が走るゾ!

おはようございます。ヒラリ~です。4日間のご無沙汰。。。の間に、ブログ・プレゼント・キャンペーンが始まってますねheart 豪華商品があたる大盤振る舞い、この厳しいご時勢に、嬉しいですね。happy01太っ腹!


0180531.JPG
さてさて、我が環境室室長のよっちのブログにもありましたが、昨年から試験走行してきた、てんぷら油の廃油で走るトドック号が、いよいよ本格稼動を始めました。当初の予定通り、120台のトドック号がBDFで走行します。これで09年度は440トンのCO2排出が削減できることになりますが、来年度以降、さらに導入車両を増やしていく方針だそう。


0120531.JPG
燃料となる油ですが、店舗の総菜コーナーから出る廃食油と家庭から出るてんぷら油から再生されています。月に4万5000リットルが回収されてます。てんぷら油の欠点としていくつかあるのですが、その中でも北海道で深刻なのが、低温では固まることがあるということ。粘度が高くなり、特に冬季にバイオディーゼル100%で使用すると、燃料経路内で固まることがあるそうなのです。でも、これも無事クリアー。1年間の実証実験で冬期間も走行に支障をきたさなかったことから本格利用できると判断したようです。

0160531.JPG
BDFとは、バイオ・ジーゼル・フュエルの略。要するに生物由来の油から作られるジーゼルエンジン用の燃料ということですね。もともとは落花生油が始まりだったらしいです。19世紀のこと。ところが落花生の生産は天候に左右されるということでなかなか供給が安定化しなかった。そこに、当時ルーマニアで油田が発見されて、石油などの鉱物油が普及していったことから、ディーゼルエンジンの燃料がバイオディーゼルから化石燃料へと変わっていったそうです。そして21世紀の今、世界がCО2削減に向けて、再びバイオディーゼル燃料に目を向け出したことを考えると、歴史とは皮肉なものです。
0150531.JPG
ところで生物由来の油にはどんなものがあるのかと調べてみましたところ、実にいろいろあるのですね~。椰子、ココナッツ、ひまわり、大豆、米、ヘンプ(大麻)、コーヒー、牛油、豚油、魚油、そしてもちろん、てんぷら油など廃食油。

要するに油であれば、理論上は何でもバイオ燃料になるとゆーことか。。。じゃあ、ギトギトした脂ぎった顔pigの油はどぉなのかkissmark?これを油取り紙でふき取ったものを回収し、再生利用できれば、ホント、究極の自給自足でエコだ。。ってかheart02

ブログさぼっていた理由は庭仕事が忙しかったから(って言い訳ですがhappy01)証拠に写真をアップしましたよ~。まだまだあるのですが、写真失敗したので。。。一番のお気に入りはアジアンタムです。枯らさないようにしよっと~

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/26187
この記事へのトラックバック一覧
120台が走るゾ! from ECOLOG

ホーム > 地球の未来を考えよう > 120台が走るゾ!

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもECOLOG
http://blog.todock.com/mt4i/ecolog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ