生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 地球の未来を考えよう > 環境biz エコ・ファッション

環境biz エコ・ファッション

ヒラリ~です。昨日書いたブログをアップするのを忘れていたことに今気づきました。coldsweats01よくあるんですよね。。。さてと気を取り直して、今日はエコファッションの話題を!

世界でエコ・ファッションをリードするのが日本だってご存知でしたか?

アメリカのファッション誌では今「再生ペットボトルを使ったエコ繊維で出来たスーツ」が話題になっています。売り出すのは全米に店舗を展開する総合店のシアーズです。そしてこのエコ・スーツに繊維素材を提供したのが、ニッポンの帝人なのです。

EcoSuit.jpg
その名も「Eco-A-Wear」(wear装いと aware気づきをかけたキャッチフレーズ)は、ペットボトルを再生して作ったポリエステル素材「エコペット」とウールの混紡素材を使用した製品です。洗濯機で洗えるスーツというのが売り。

帝人では又、再生ポリエステル繊維の生産を2010年にタイで始めるそうです。日本で回収した古着や制服などをポリエステル素材に戻して、一部を生産コストの低いタイに運び糸に再生するというもの。再生ポリエステル素材は、分子レベルまで細かく処理してあるので、新品とまったく変わらないそうです。

帝人だけではありません。ダイワボウ・王子製紙は紙製の糸「オージョ」をヨーロッパで拡販しています。これは麻が原料で、軽い上に水にも強い繊維だそう。クラボウでは、デニム工場で出る端切れを回収して、原綿に混ぜて加工したアースデニムを生産しています。

再生繊維の国内市場は約317億円(2008年)で、伸びは鈍化しているそうです。そんな中、繊維各社は、海外市場に注目をし始めたのでしょう。再生繊維って凄い考え方ですよね。

再生繊維に限らず、環境負荷の低い素材を使った洋服も、ある意味エコ・ファッションと言ってよいと思います。オーガニックや天然素材を使った、最近増えている「ナチュラル&リラックス」系?もエコ・ファッションですよね。そして1枚の洋服を大切にして、長く着こなすというのも広義ではエコ・ファッションかも。。。

その意味では私ヒラリ~も、レッキとしたエコ・ファッションの実践者かも。だって、亡き父の形見?コットン100%白の綿シャツ(半そで丸首)を愛用してますから。福助なので肌さわりいいし、見た目は、ユニクロの白半Tシャツとまったく変わらないですよcoldsweats01 でもさすがに「も◎ひき」類は(いくら保温力が強くっても)遠慮してますがheart02

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/26012
この記事へのトラックバック一覧
環境biz エコ・ファッション from ECOLOG

ホーム > 地球の未来を考えよう > 環境biz エコ・ファッション

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもECOLOG
http://blog.todock.com/mt4i/ecolog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ