生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 産地訪問日記 の一覧

産地訪問日記 の一覧

懐かしの出張編NO2 チリの風景

こまっ茶です。 昨日に引き続き懐かしの出張編  今回は02年に行ったチリ編です。

ここには2月に行きました。 札幌は真冬ですが向こうの首都のサンチャゴは35℃の真夏でした。

2003年2月13日0063.JPG

懐かしの出張編 アラスカの風景

こまっ茶です。  この間体調壊していたのもあり(今は直ってます)

あまり食欲もなく魚も食べてなくなかなか新しいネタがありません。

こういう時は昔懐かしシリーズということで2年半前アラスカに行ったのを

紹介します。

DSCF0061.JPG

これはアラスカアンカレッジからダッチハーバーに移動の飛行機から撮りました。

きれいでしょう!

 

釧路のししゃも 今年は不漁!

こまっ茶です。 私事ですが息子の私大推薦入学が正式に決まりました。

田中義剛の後輩になるようです。 学部は違いますが。 嬉しい反面大変です。

ところで先日釧路に行きましたが天気はとても良かったです。

飛行機から見た景色もいいですね。

CIMG5588.JPG

これが帯広に入ると雪がなくなります。

CIMG5589.JPG

鹿児島甑島(こしきじま)訪問その4 若干の観光編

こまっ茶です。 何回か引っ張ってきた鹿児島甑島ネタも本日最終です。

若干甑島の名所を紹介します。 といっても訪問した上甑島のみ

それも移動中にちょっと立ち寄ったレベルです。

まずは甑島の名前のゆかりにもなったというこの岩

CIMG4854.JPG

鹿児島甑島(こしきじま)訪問その3 まぐろ養殖場視察編

こまっ茶です。  甑島訪問の本題です。  まぐろの養殖場を見てきました。

そう 今はまぐろも養殖する時代なのです。

養殖場を遠くから見たものです。

CIMG4851.JPG

環境はいいですね。  このあと養殖場にも行きました。

 

鹿児島甑島(こしきじま)訪問その2 きびなごづくし

こまっ茶です。昨日の続き甑島訪問編です。

夕食できびなごの刺身ときびなごのすきやきときびなごが2品出てきました。

でもまだまだ続きます。

鹿児島甑島(こしきじま)訪問その1 初日夕食編

こまっ茶です。

月曜に書いた串木野まぐろラーメンの続きです。

串木野16時50分のフェリーにのり

CIMG4784.JPG

約1時間20分で甑島に到着です。

CIMG4788.JPG

鹿児島県串木野のまぐろラーメン

こまっ茶です。 先日鹿児島県の甑島(こしきじま)というところに行ってきました。

ここはまぐろの養殖の視察です。

甑島には鹿児島県の串木野からフェリーで行きます。

一日ほぼ2便の運行なので待ち時間の関係で札幌からはどうしても2泊3日になってしまいます。

ということで1日目は千歳から羽田経由で鹿児島へ  

鹿児島到着は1時半頃 ここからレンタカーで串木野へ行きました。

 

組合員さんと浦河に行く その2

こまっ茶です。  昨日の続きです。

組合員さんも工場に到着していよいよ秋鮭の山漬加工のスタートです。

最初は生秋鮭の加工から

Cimg4324

組合員さんと浦河に行く その1

こまっ茶です。

さる9月16日(火)西地区の組合員さんがコープ厳選「寒風秋鮭」の製造工程を

視察したいということで浦河にいくことになったので私も現地で合流することになりました。

途中牧場が多いです。 サラブレッドも見えますね。

Cimg4316_2

八雲 漁業賞現地審査の旅その2

こまっ茶です。 昨日の続きです。

鮭の山漬を見たあとはいくら醤油 

これも10月末からの大型の鮭の筋子から作っています。

卵も大粒です。

Cimg4175

八雲 漁業賞現地審査の旅その1

こまっ茶です。

先週火曜 八雲に行ってきました。 漁業賞の現地審査の付き添いです。

審査員の皆様は朝函館からバスで

Cimg4162

私どもは9時50分集合だったので札幌6時半に出ていきました。

この日はあいにくの悪天候 大雨や霧に泣かされ丁度ついたのは9時半

バスも早くついたようでほぼ同時でした。

三大がっかり名所 はりまや橋

こまっ茶です。  高知出張報告最終回

今日は若干の観光編 (かんこうへんで変換したら肝硬変と出ました なんかいやだな)

仕事で行った時基本観光はしません。 ただせっかくの高知 今回も時間の様子見て

若干の観光です。

まずは初日 某スーパーの店舗17時半頃見たあとそこから車で約5分走ると

桂浜です。  ここにはあの坂本竜馬の像があります。

Cimg4100

高知で食べたもの その他編

こまっ茶です。 高知は本当美味しいものがたくさんあります。

この間紹介した以外でもたくさん食べました。

まずは視察したスーパーで買った魚屋の巻き寿司

かつおににんにくがやはり入っています。

Cimg4092

これはもちろん仕事です。4個298円という価格がいいですね。

さば寿司も食べました。

Cimg4093

こちらは清水というところのさばを使ったさばの押し寿司が伝統食なのです。

まだまだ続きます。

高知で食べた塩かつおたたき

こまっ茶です。  高知といえばそうかつお

高知にきてかつお叩き食べないわけにいきません。

ということで行ったのが地元の人にも観光客にも人気の「ひろめ市場」

Cimg4117

高知で食べた珍しいもの

こまっ茶です。 8月29-30日で高知に行ってきました。

高知に行くのは1年ぶりです。

高知といえば やはりアンパンマン

ホテルにもありました。

Cimg4116

そういえばあるスーパーの前にはこんなお店も

Cimg4151

アンパンマンカステーラって?

いえいえ今日はアンパンマンの話ではなくお魚の話です。

根室でたこまんまを食べる

こまっ茶です。 昨日の続きです。

たこの柔らか煮を試食した際活たこから内臓とか取り出していました。

Cimg4029

良く見るとそのなかに美味しそうなものが・・・

そうこれこれ

たこまんま

Cimg4039

漁業賞現地審査 根室落石への旅その2

こまっ茶です。

昨日の続き 昆布の視察のあと珍しいものを試食させていただきました。

それはたこの柔らか煮

Cimg4026

漁業賞現地審査 根室落石への旅その1

こまっ茶です。

前回の留萌・天塩の農業賞・漁業賞の現地審査第2回目  本日は

根室落石漁協婦人部の「海鮮工房 霧娘(きりっこ)」の取り組み視察です。

私は当日現地合流です。

落石の港です。

Cimg4011

仙台の笹かま

こまっ茶です。 お盆真っ最中の13日に仙台に行ってきました。

空港も地場色あふれています。  伊達政宗公です。

Cimg3941

漁業賞現地審査 天塩のしじみその3

こまっ茶です。 天塩のしじみ現地審査報告の最終回です。

水揚げから一通り見て最後はしじみの試食会です。

まずは味は絶品のしじみおにぎり!

Cimg3836

漁業賞現地審査 天塩のしじみその2

こまっ茶です。 昨日の続きです。

いよいよしじみ漁のスタートです。

船が桁引きで網を引いていくのです。

Cimg3807

漁業賞現地審査 天塩のしじみその1

こまっ茶です。 昨日報告のオロロンラインを北上してようやく天塩につきました。

まずは漁の視察 通常は朝の漁ですが私どものために夕方船出してくれました。

ここから船が出ます。

Cimg3792_2

オロロンライン北上中

こまっ茶です。

留萌~天塩へのオロロンライン北上の旅はまだまだ続きます。

留萌から天塩まで2時間強  ひたすら走ります。

途中小平の鰊番屋の道の駅に寄りました。

Cimg3778

留萌のエビマーチを踊る幼稚園児

こまっ茶です。 30日にコープさっぽろの農業賞・現地審査に行ってきました。

全体は農業と漁業と一緒なので2泊3日の行程

しかし私こまっ茶とライターの1人松紫君の2名は水産関係は30日なので

車で別行動で参加しました、。(ぎょれんさんも一緒)

30日最初に向かったのは留萌です。

ここの「留萌管内お魚普及協議会」が交流賞部門にノミネートされていたのです。

迎えてくれたのは幼稚園の子ども達

Cimg3776_2 

室蘭の昆布

こまっ茶です。 先日室蘭視察に行ってきました。

そこで見せてもらったのに昆布がありました。

室蘭って昆布のイメージあまりなかったけど結構いい昆布獲れるようです。

Cimg3666

氷温干物の工場訪問

こまっ茶です。

旭川に行ってきました。  店舗視察の前に宅配やギフトでも大人気の氷温干物の

工場を視察してきました。

Cimg3625

帆立の加工場 

こまっ茶です。 まだ紋別編は続きます。

紋別で帆立のむきみの加工を見させていただきました。

オホーツクはちょうどこれから漁が本格化します。

Cimg3279

大漁の帆立ですね。

紋別で食べたずわいがに

こまっ茶です。

またまた紋別編です。 だっていっぱい美味しいものあるのですよ。

今回はずわいがにの紹介です。

紋別に行った際前浜で上がったずわいがにをいただきました。

Cimg3243

組合員さんと野付に行く!最終回

こまっ茶です。 組合員さんとの野付訪問最終回 植樹編です。

実は全体のスケジュールは1泊2日なのですが私こまっ茶は日帰りのため

この植樹終えて札幌に戻ったのです。

今回植樹のコープの森の前に以前から首都圏コープ(現パルシステム)様の

組合員さんの植樹した森もあります。

Cimg3360

おっ! ここで昔の私が店舗にいた時の上司で首都圏コープに行った

方の木を見つけました。 そこそこ育っていますね。

Cimg3361

組合員さんと野付に行く!その3

こまっ茶です。 野付訪問の続きです。

昼食を食べたあとまずはセリ前の北海しまえびを視察

ボイルする前のしまえびはこういう色なのですね

Cimg3343

Cimg3346

これが昨年書いた(その記事はこちらhttp://www.coop-ebisu.jp/2007/08/post_944a.html

のようにボイルすると赤くなるのです。

組合員さんと野付に行く!その2

こまっ茶です。

昨日の続きです。 あさりの潮干狩りを終えたあとは漁協で婦人部の皆さんや漁協の

職員の皆さまと一緒に昼食です。  

お世話になった婦人部の皆さまです。

Cimg3328

組合員さんと野付に行く!その1

こまっ茶です。

先日野付漁協さんに組合員さんと一緒に植樹活動に行ってきました。

思い起こせばこの「割烹ゑびす」 立ち上げの挨拶除いて第一号の記事が

昨年の野付漁協訪問のしまえび漁の話でした。

記事はこちらhttp://www.coop-ebisu.jp/2007/08/post_944a.html

早いものですね。 また1つ年をとりました。

明太子の本場は博多!

こまっ茶です。

宮崎・福岡出張の最後の報告は博多明太子!

さすが本場であってメーカーもたくさんあります。

(もともと北海道の助宗卵が博多に運ばれて文化が出来たものです 最近はアメリカ

産かロシア産原料がほとんどですが)

Cimg3065

福岡は今日も旨かった!

こまっ茶です。 

先日、宮崎から福岡へ入った出張の福岡夕食編です。

福岡は北海道と並んで魚の美味しいお店です。

ということで入ったお店がココ 

Cimg3075

うなぎチェック③

ところで表題が

「うなぎチェック」となっているのに、(前回のは特に)全く調査されていない

内容でした・・・

Cimg4789_2     

    

    

    

    

    

  

  

  

  

 

 

 

 

  

↑行ってきた証拠。畑ではないですよ。うなぎの養殖池です。

うなぎチェック②

とある講演会の日・・・

2日前から突然の下痢に襲われ夜中も満足に寝られなかったせいもあり、ついウトウト(というより思いっきり)寝てしまいました。

気がつけば後ろの席には私たちのボスが(トップが)講演を聞きにきていましたshock

とてもきまずい1日でした(下痢も続く)・・・

 

Cimg4786

   

   

   

   

    

  

  

  

  

  

  

  

  

※加工場にて、トドック用のうなぎ長焼を梱包している風景。

うなぎチェック①

暑い季節がやってきました。

暑い時は、うなぎがおいしいです。

コープの国産うなぎは、宮崎・鹿児島県産を販売しています。

そんな事でうなぎの産地へ訪問Cimg4769

  

  

  

  

  

鹿児島の鰻養殖場で見た黒とんぼ

こまっ茶です。

宮崎には鰻養殖場(場所は鹿児島)も視察しました。

Cimg3029

そこで見た北海道では珍しいいとんぼです。

宮崎の名物といえば・・・

こまっ茶です。 先週宮崎、福岡に出張で行ってきました。

Cimg3034

今回はうなぎと明太子のメーカー訪問したのですがその中身は

ムカインディゴブルー君に報告もらうとして私は食べたものの紹介です、

さて宮崎の名物料理といえば・・・

「地鶏」「チキン南蛮」「かつお」「うなぎ」・・・・

面倒なので全部食べました。

広島で見たお魚

こまっ茶です。 広島訪問日記その3

今日は広島のイズミさんで販売していたお魚です。

やはり北海道になじみの無い魚もあります。

例えば ほごめばる   

Cimg2904

北海道でいうと柳の舞に近いかな

広島の名物は・・・

こまっ茶です。

広島の話の続きです。  そう広島といえばお好み焼き

これを書こうと思いましたが既においしいブログでフロクさんが先に書いていますので

http://www.oisi-blog.jp/2008/05/post_cf50.html

私は写真だけ ちなみに運転していたのは私です。 カーナビにだまされました。

Cimg2882

鮭の魚醤工場視察しました。

先日 鮭の内臓等で作った魚醤の工場を拝見させていただきました。

醤油はまるだい佐藤水産さん製造のもの。

造っているのは石狩にある蔵造りの建物の中です。

Cimg2817

宮崎訪問日記 ぶりづくし

宮崎ぶり訪問日記も最終です。

今日は昼食で食べたぶりづくし紹介です。

Cimg2697

どうです このボリューム? 

宮崎訪問日記 ぶり加工場編

宮崎のぶり訪問日記はまだ続きます。

今日は加工場編

養殖場で育ったぶりを船の中で活〆にします。

ここを切るのですね

Cimg2624

人間でいう延髄の部分のようです。 

そういえば昔アントニオ猪木の得意技で延髄蹴りというのがありましたね。

ここを切ることで血抜きして鮮度保持するのです。

宮崎訪問日記 ぶり養殖場編

昨日の続きです。

23日朝ホテル6時40分集合で串間に向かいます。 ところが1人遅れてきた人が・・・

その人とはTさん。

Tさんは市場関係者で朝が強い人なのに 2度寝したそうです。 

さて車で約1時間40分かけて串間に到着

さっそく養殖場の視察です。

船に乗って進みます。  

この日は結構波がありかなりの縦ゆれです。

私どものAバイヤーもつらそうです。

Cimg2669

Cimg2667

宮崎訪問日記 知事も出迎え?

こんにちは こまっ茶です。

22-23日で宮崎県のぶりの養殖場、加工場を視察してきました。

宮崎県といえばそうこの人 

Cimg2607

ちゃんと空港で出迎えてくれました。

オホーツクの「珍棒」

ピリ辛ますこなみ「珍棒」  私どものギフトの帆立貝柱個包装も作って

いただいている上湧別の出口水産様の商品です。

名前でどきっとしますが極めて真面目な商品です。

Cimg2412

函館での食事

こまっ茶の函館シリーズはまだ続きます。

函館の店舗も「北海道盛」のお造り頑張っていました。

Cimg2476

これは八角とそいとたこですね。

そいや八角というあたりが立派です。

帰ってこいよ!ー・・・

先日釧路訪問した際釧路の店舗に並んでいたのがこれ

釧路産の〆さば

Cimg1784

釧路で水揚げされたさばを使って釧路丸水さんが作ったものです。

野付の帆立はでかくて旨い

本当は産地訪問日記の予定ですが私こまっ茶が土曜日に野付に

行くのに千歳空港に行ったら大雪で飛行機飛ばず行けなかったのです。

そうしたら野付漁協のS専務さんが貝付の帆立送ってくれたのです。

これがまた大きい。

Cimg1850_2

釧路貝塚店の鍋

釧路訪問シリーズ最終回は店舗で見た鍋の紹介です。

今回は私ども釧路地区でNO1店の貝塚店

もともとダイエーさんのハイパー第一号店だった店舗です。

ここでは寒い時期にぴったりの鍋がたくさんありました。

雪は少なく道路もほとんど出ている釧路市内ですが

Cimg1774

気温は寒く鍋の提案が重要です。

宮城県のフード見本市

2月6日(水)

塩釜フード見本市、石巻フード見本市が同時開催されたので行って来ました。

塩釜は、水産加工地として有名です。

石巻は、水産物の産地として有名です。

・・・石ノ森章太郎の萬画館があることでも有名です。

(話をそらせますが・・・)

さて、石ノ森章太郎の漫画で有名なのが、仮面ライダーです。

ウルトラマンと同様、今も子供達のヒーローとして、揺るぎない地位を確立しています。

『ヒーロー』『HERO』

う~ん、この響き!今でも流れる血を熱くさせるパワーを持っているではありませんか!

せめて、ベルトのバックルぐらいは誰よりも大きい物をつけたい!

・・・要は、気持ちと心意気の問題です。

♪ヒーロー ヒーローになる時 あーあ それは今~♪

自然と口からこぼれるメロディー。

「おい君!今は仕事をする時だ!。何がヒーローだ!バカタレが!」

「すみません・・・」

さて、フード見本市ですが・・・。

 

日本の裏側って⑤

日本の裏側に位置するチリに訪問してはや5ヶ月。

飛行機に乗っているだけで片道20時間+国内乗り継ぎして何だかんだで1週間かけて訪問した産地視察も、文章にして5回目で終了・・・早いものですdash

細かい事を伝えるならば、50ページの資料にもできますが、ブログで端的に伝えるのって難しいですね~。

ただ見てきたのではなく、商品として販売されていますので、最終回の今回は、製品になるまでを伝えていきます。

Cimg3541  

ここはサーモンを加工している工場。海岸沿いにありますが、サーモンを育てている場所からだいたい車で2時間以上はなれています。ここまでサーモンを移動させるには、船で近くまで生きた状態で移動させ、工場の目の前にある生簀にいれられます。

Cimg3543  

↑写真の中央にあるのが生簀。この生簀と工場は、パイプで繋がっています。

Cimg3554  

ポンプから工場へ運ばれてきたサーモンは、元気いっぱい跳ねていますが、ここから30分かけて水温を下げ、サーモンを仮死状態にもっていきます。

日本の裏側って④

先日、テレビをみていたら、チリと日本のサッカーの試合やっていましたね。結果引き分けでしたけど。

チリは行く場所によって、都会だったり、手付かずの自然あふれる場所だったり、道路がじゃりだったり、その場その場でいろいろな風景がありました。

Cimg3537 

サーモンの稚魚が成長したら、今度は海上へ。船にのって見にいきました。

Cimg3536  

船で移動する事数分、海上に家が・・・。監視センターという名で、その名の通り監視員やダイバー、コックさんら15名ほどが生活しながら仕事をしていました。

日本の裏側って③

チリに行った時、現地で働いている日本の方からもらった名刺に「智利」と書かれていました。「智利」は「チリ」を漢字にしているそうです。

下の写真は何だと思いますか?

Cimg3449_2

これは、靴の消毒マット。足マークのあるシートに消毒液を染み込ませていて、建物に入る前に、靴裏の消毒をさせる物です。チリの工場には、建物入り口には必ずあり、中に入っても、いたるところにありました。他もそうでしたが、衛生に関しては、チリは日本と同じくらい徹底しています。

日本の裏側って②

毎日、雪の処理にうんざりですねぇ。車の上部に積もったままの雪乗せて走行している車ありますけど、アレあぶないですね。後ろについて走行すると、霧のようになって視界さえぎられてしまいました。春がまちどおしいです。

~先回のチリ訪問の続き~

お先に訂正・・・先回、プエルトモントに人口が集中していると記載されていましたが、正しくは、「サンチャゴ」でした。失礼いたしました。

Cimg3406

まず向かう先はリオネグロ。プエルトモントという町から、セスナで移動。このセスナが近くで見ると、けっこうボロくて、大丈夫なのかと不安になりましたが、何とか飛んでくれました。

Cimg3422

ついたところは、写真のとおり、じゃり地帯(出発もじゃり地帯でしたが)。セスナのパイロットは、僕らをこの地に降ろしたら、即飛んでいきました。もはや自動車感覚ぅ。

大阪は食い倒れの町です。

皆さま こんにちは 私こまっ茶は今大阪に来ています。

大阪は思ったより寒いです。 北海道ほどではないですが。

大阪といえばたこ焼 

Cimg1633_2

ちゃんとたこも入っています。 (たこ焼きとねぎ焼のセットです)

日本の裏側って①

北海道もすっかり寒くなってきました。

昨日の夜、ストーブをつけた時の温度が11℃で、かろうじて2ケタ維持していましたが、4時間たっても19℃となかなか室温あがりませんでした。

春がまちどおしいですぅ。

きっと南半球は真夏なのでしょうね。

日本の反対側にある「チリ」に昨年の秋行きましたが、その時チリは春でした。飛行機で経由したカナダは秋でした。その時は気温の差が少なかったので、反対側に行くなら春や秋に行ったほうが体調も維持できますよ。

Cimg3638  カナダで飛行機待ちの間に見た「ナイアガラの滝」。ここまでは日本からの観光客やツアー客も大勢いました。

名前の知らない魚

日本は広いです。 海もたくさんあるので日本各地獲れる魚は本当違います。

瀬戸内にあるスーパーを見させてもらった際も名前の知らない魚も

たくさんありました。

”ぎょ!”

Dsc00024

釧路のつぶ蕎麦

こんにちは こまっ茶です。

先週釧路に行ってきました。 夏は霧の多い釧路ですがこの時期は天気が

いいです。 

釧路といえば海鮮の蕎麦も有名

牡蠣そばも有名ですがこの日の昼はつぶ蕎麦を食べてきました。

中国うなぎ訪問日記その5

最終回の今日は固い話は一旦終わって中国で食べた料理

それも割烹えびすなので魚料理編を紹介します。

いろいろ出ますが何回に分けて食べたものでいっぺんに食べたわけではありません。

まずはこれ

つぶに似た貝のボイルです。

Cimg1240

中国うなぎ訪問日記その4

今日は工場訪問編です。

でも実は今中国のうなぎが売れていなくて在庫たまっているのでこの時期

生産は中断しているのです。

それでも工場は見せていただきました。

私は3回目ですが衛生管理は非常にしっかりやられています。

中国うなぎ訪問日記その3

昨日に続き今回はメーカーさんの直営養殖場を視察(中国で唯一の日本資本です)

ここのうなぎは現在コープさっぽろは仕入ていませんが

将来的なことも考えての点検です。

ここはダムの水から注水しています。

Cimg1238

乾季で大分水は減っていました。

次は養殖場です。

中国出張日記その2

うなぎの点検の最初はまず養殖池

コープさっぽろの潮育ちうなぎは名前のとおり通常淡水養殖ですが

海水の路地池での養殖 海水だと成長は遅いのですがうなぎが丈夫で

薬品投与がほとんど必要ないのです。 うなぎがのびのび育つ養殖です。

池はこちらCimg1212

中国うなぎ訪問日記その1

先月11月27-30日で中国にうなぎの視察、点検にいってきました。

実は夏に中国産うなぎが問題になった時期に全て検査結果はOKでもらっていたのですが

コープさっぽろ独自で検査したところ1つのうなぎから基準値ぎりぎりではありますが

合成抗菌剤が検出されたので、組合員さんに返金して以降中国産の

うなぎを販売ストップしているのです。

もちろん毎年のように現地点検はしていたのですが、今回新たに私どもの

品質管理の人間と組合員さんの代表2名も同行していってきました。

福島のお魚 食べられなかった

こんにちは 管理人こまっ茶です。

私は1日の夕方から2日にかけて福島県にいってきました。 

夜7時頃福島空港についていわき市に向かう途中 携帯のスポーツ速報で日本シリーズ

の途中経過気にしながら・・・・・・残念! 3日のチケット取っていたのに・・・

こうなれば美味しい魚食べるぞ と思いと裏腹にお腹の調子が良くなく結局晩御飯は全く

食べられなかったのです。

でも泊まったホテルは温泉付でよかったです。 部屋からの景色です。

Cimg0955

第28回鰻供養祭 その2

会場内には、ジャズが流れています。

Dscn1676_2

鰻の供養ですが、人のそれと同様、厳かな空気が感じられます。

お経が唱えられました。(厳粛な雰囲気なので、写真も遠くからになっています)

そして、合掌。

 

第28回鰻供養祭 その1

平成19年10月19日(金)

宮崎市のサンホテル・フェニックスに於いて、大森淡水さん主催の『第28回鰻供養祭』が行われました。

Dscn1350

あいにくと、外は、小雨まじりの空模様です。

 

ベトナム訪問日記その6

ベトナム訪問日記も今日でおしまい

若干の観光報告です。

Cimg0592

これは統一会堂という昔のフランス統治領時代に作って後に南ベトナム政府が使って

いた建物の屋上に展示しているヘリコプター

ベトナム戦争の末期サイゴン開放時に南ベトナムの要人がこのヘリに乗って逃げたそうです。

ベトナム訪問日記その5

こんにちは ベトナム訪問日記の続きです。

今回は流通視察がメインなのでサイゴンコープさん以外も3店ほど視察しました。

ベトナムは外国のスーパーの本格参入はこれからですが

既にフランスのビッグC  や

Cimg7529_6 

ドイツのメトロ

Cimg7795_2

は入っています。 ドイツのメトロは会員制の卸売主体のスーパーなので

まとめ買いのお客さんが多かったです。(店内写真は×です)

ベトナムのコープで見た可笑しいもの

こんにちは 管理人のこまっ茶です。 ベトナム日記もそろそろ最終に近くなってきました。

今日はサイゴンコープで見たちょっと可笑しいものを紹介します。

Cimg0512_3

ベトナム訪問日記その4

今日はベトナムのサイゴンコープの店舗紹介します。

店舗は最新タイプで新しい店も多いです。

Photo_20

魚売場はやはり対面と活魚がメインです。

Cimg0480

ベトナム訪問日記その3

こんにちは 管理人のこまっ茶です。

昨日はファイターズもコンサも勝利で最高でした。 ドームも凄い人でした。

ところでベトナム日記も3回目 今回はベトナムにあるサイゴンコープという

生協の話を聞くのも大きな目的の一つでした。

Cimg0436

サイゴンコープの人達です 一番右の方は通訳の方なので講演してくれたのは

皆女性です。 ベトナムは女性が非常に働く国だそうです。

ベトナム訪問日記その2

今日もベトナムの食べたもの編 夕食編です。

ベトナムといえばやはり食事が最大の楽しみですね

お店はガイドブックにも載っている「ソングー」というシーフードレストラン

Cimg0531

ところで最初に食べたのがこれ!

Cimg0532

これはボーヌオンズアというココナツの殻を器にした人気料理です。

中身は牛肉、タマネギ、コオコナッツオイルを煮込んだスープだそうです。

(一部べベトナムガイドブック参照しています)

Cimg0535

ベトナム訪問日記その1

    こんにちは 管理人こまっ茶です。

今日から何回に分けてベトナム訪問日記を載せたいと思います。

産地訪問になっていますが今回は産地訪問ではなく私どものお取引先様と

現地の流通視察にいったものです。 今回はデリカ部と一緒だったので

Deli-Boo-log  http://www.deli-boo.jp/ のデリーブーさんでも紹介されるかも

しれませんがご了承ください。

とにかくバイクが凄い!Cimg0525

ノルウェーに行ったよその6 番外編

こんにちは 管理人のこまっ茶です。

ノルウェー出張報告も今日が最終 番外編です。

ノルウェーの人は皆背が高いです。 165cmの私は皆見上げてしまいます。

当然乗っている車も大きいと思ったら実は小さい車が圧倒的でした。

Cimg0357

何故かというとノルウェーは物価がめちゃくちゃ高いのですね

トヨタにヴィッツが約400万、ランドクルーザーが1200万もするそう

加えてガソリン代も約リッター230円  福祉国家なので税金が高いのです。

ノルウェーに行ったよその5

ノルウェー訪問日記もいよいよ終盤 今日は工場加工編です。

  Cimg0299_3

ここは加工場のすぐそば 養殖場から出荷前の魚をここに持ってきて

餌留しているところです。

ここから加工場に自動ポンプで魚が吸い上げられて運ばれます。

Cimg0300

ノルウェーに行ったよその4

今日はノルウェーの訪問4回目 養殖場の報告です。

養殖場へは船で約20分 

乗った船はこちら

Cimg0260_2 

そばの家も素敵でした。Cimg0261

で養殖場に向かって出発!

ノルウェーに行ったよその3

いよいよ孵化場につきました。

アトランテッィクサーモンは完全に卵からの人口孵化からの養殖です。

孵化場がこちらです。

Cimg0259

ここで海の養殖場に入れるまでのサイズに育てるのです。

ノルウェーに行ったよその2

ノルウェーにアトランテッィクサーモンの養殖点検にいきました。

今日は私どもが取り扱っているLEROY 社の本社とハッチェリー(孵化場)の話です。

先に食べ物の話から 昼に工場で頂いたオープンサンドです。

Cimg0358 スモークサーモンやローストビーフ、

くじら肉や、えび等なかなか豪華でした。

ノルウェーに行ったよ

こんにちは 管理人こまっ茶です。 無事ノルウェーから帰ってきました。

ノルウェーといったら何を想像します?・・・うーん出てこない人が多いかな?

私はガイドブックで調べました。 ノルウェーでも私の行ったベルゲンには

何と世界文化遺産があるのです。  それは ブリッゲン!

Cimg0234_2

コープの「寒風秋鮭」 寒風干編

こんにちは 管理人のこまっ茶です。

今日はコープの「寒風秋鮭」の最終 寒風干を紹介します。

実は寒風干にするには名前のとおり寒くないとだめなので11月末からになるのです。

山漬は生からするので9-10月なのでそれまで冷凍しておくのです。

冷凍庫から出して真水と塩水で塩抜きをします。(塩抜きしないでそのまま山漬でだす商品もありますがそのままでは干せないのです。)

塩抜きした鮭がこちら どうです きれいな鮭でしょう!

Dscf0040

このあといよいよ外に干します。 浦河の浜風がいい鮭を作るのです。

まず風があたるように腹の部分を開きます。

Dscf0046

これから一気に干台で2日間干すのです。

Dscf0047_2

全体干すとなかなか圧巻です。

Dscf0048

切った身の色もきれいでしょう!

Dscf0050 Dscf0052

最後に焼いた鮭を皆で試食 脂もあって美味しかったよ!

コープの寒風秋鮭 上記のように新物できるのが干上がったあとなので

12月初めの予定です。 まもなく昨年作った分がなくなりますので

新物発売までお待ち下さい!

コープの「寒風秋鮭」 山漬編

こんにちは またまた管理人のこまっ茶です。

今日はコープの「寒風秋鮭」の山漬編です。 ちなみにこの写真は3年前最初の年に撮ったものです。

鮭に使う塩はこちら  さぬき塩という瀬戸内の塩です。

200490038

このように鮭に塩をして山のように積み上げるのを山漬といいます。

2日たつと入れ替え(裏返しと上下逆にする)してもう2日 計4日山漬にします。

200490042

入れた箱は違いますが山漬して出来たものがこれです。

Dscf0007

このあとは塩抜きしていよいよ寒風干 ここは後日組合員さんと訪問した

時を合わせて紹介します。

コープの「寒風秋鮭」 水揚げ編

皆様こんにちは 管理人のこまっ茶です。

いよいよ秋鮭も全道で水揚げ始まり入荷が多くなりました。

今年は魚体がやや小さくkg単価は昨年並みかやや安値だそうです。 

筋子は高いようですが!

秋鮭といえば何といってもコープさっぽろで開発した「寒風秋鮭」です。

この「寒風秋鮭」の紹介をいたします。

本日は水揚げ編   

朝3時起床で船に乗らせていただきました。 まだ暗い中漁の準備です。

200490005

そのうち朝日も昇ってきました。 きれいな夜明けです。!

200490018

準備できたところで定置網を起こします。

200490025

港に戻って水揚げです。  

200490027_3 

早起きはつらいけどやはり水揚げ見るのは楽しいものです。

店舗本部のクマさんが見たら食べたくなるほどのたくさんの鮭でした。

明日以降水揚げされた鮭の山漬加工をご紹介します。

コープのトラウトサーモン  チリ訪問編その3

こんにちは 管理人のこまっ茶です。

今日はチリのトラウトサーモン報告の最終日 養殖場編です。

20032130046 人の全く住んでいなく環境は非常に

良い養殖場です。 フィヨルドで

潮の流れも速いところです。

20032130044 ここに大きな生簀を入れて養殖しています

20032130051 これが餌です。

ペレットタイプになって

いて海の汚染が

ないようにしてます

20032130055 養殖記録もしっかりつけて管理しています。

20032130054 この鮭を活魚船で工場まで活きたまま

運ぶのです。

コープのトラウトサーモンは臭みもなく美味しいですよ  

コープのトラウトサーモン  チリ訪問編その2

管理人のこまっ茶です。 こんにちは

今日は前回に引き続きチリのトラウトサーモンの工場、養殖場の訪問した

時の報告をします。 今日は工場編

20032130015 工場に活きたトラウトサーモンが搬入されます。

工場までは活漁船が持ってくるのです。

ここで活締めされるので鮮度はバツグンです。

20032130017 工場で腹をだして

20032130025 魚を吊るしています

こうすると魚に良いようです

20032130030 そのあと半身におろして

半身ごと塩して冷凍します。

これで出来上がりです  工場の衛生管理もピカ一でした。

コープのトラウトサーモン  チリ訪問編その1

こんにちは 管理人のこまっ茶です。 このブログが掲載されるころ

私はノルウェーにいる予定です。 今日はその反対側の国チリに訪問した

時のことを紹介します。 実はこれは02年に行った時のものです 今年9月中に

ムカインディゴブルーが5年ぶりに行く予定です。

本日はチリの風景編です (2月 向こうは真夏でした)

20032130004_3  札幌から30時間近くかかりチリについてまた飛行機

にのって工場に向かう途中に寄った有名な滝のようです。

名前は忘れました。

20032130047 これは養殖場です。

フィヨルドになった湾の中で流れは速いです

20032130063 最終日 首都のサンチャゴに戻り少し時間あったので

山にのぼった写真です 35℃の暑さでした。

工場や養殖場の詳しいものは次回ご案内します。

「酢だこだす」足も再開しました。

上から読んでも「すだこだす」、下から読んでも「すだこだす」で大人気(?)の

コープ厳選「酢だこだす」 今年の漁がスタートして販売中断していた足も販売再開しました。

ここで昨年の11月に組合員さんと一緒に斜里のメーカー(ハッピーフーズ)様訪問した時

のご紹介をいたします。

Cimg1718_2 これが斜里産の水たこ 茹で上げる前の

たこです。

Cimg1722_2    Cimg1723_2

たこを茹でるの説明受けます これが茹でる釜です。

Cimg1733 Cimg1735

茹で上がったたこです これから酢に漬けます

オプションで見た生たらばがにの水槽に組合員さんも大はしゃぎでした。

Cimg1749

「酢だこだす」このシールが目印です。 

A_2 Cimg1763

PS:今回から斜里産限定ではたこの数量集まりにくいので今回から

 オホーツク海産に産地広げました 斜里に加え網走、常呂まで対応しています。

漁業賞現地審査根室編

こんにちは 管理人のこまっ茶です。

皆さんコープさっぽろの農業賞ってご存知でしたか?

今日はその中の漁業賞部門の現地審査に同行して根室まで行ってきました。

当日根室も30度近い気温 現地の方もこんな暑いの久しぶりといっていました。

訪問したのは根室歯舞漁協様 今回はあさりの資源保護が中心です。

皆で潮干狩り体験です。 

Cimg013a

ひとでも結構とれるようです。

Photo_16

終了後すぐそばの納沙布岬で記念写真 

Photo_17

残念ながら北方領土は見えませんでした。

そのそばの売店で売っていたオランダ煎餅 根室名産のようです。

Okasi

審査委員の方も何人か買っていました。

審査結果発表は10月末 乞うご期待!

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

全ての記事

ホーム > 産地訪問日記 の一覧

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
QRコード
携帯でも割烹ゑびす
http://blog.todock.com/mt4i/ebisu/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ