生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 旬のおすすめ品 の一覧

旬のおすすめ品 の一覧

こまいの子の醤油漬け

こまっ茶です。  

今年は道東で生のこまいが大獲れしているようです。 

こまいといえば干こまいが有名ですがこまいの子の醤油漬けも美味しいのです。

実はこの商品数量少ないためコープではなかなか取り扱ってこれなかったのです。

ねむろとか限定販売です。 中標津に行った際競合で売っていたので買ってみました。

CIMG6170.JPG

生にしんの刺身を造る

こまっ茶です。  前にも紹介しましたが今年は生にしんが豊漁です。

CIMG6087.JPG

私も刺身が食べたくなって一尾買ってきました。

CIMG6149.JPG

お魚を知ろう、触ろう、食べちゃおうの会 ゴッコ編

こまっ茶です。 昨日の続きです。

この日の学習会、調理のメインがゴッコでした。

ゴッコは正式名称ホテイウオ この時期美味しい魚です。

CIMG6108.JPG

 

お腹に吸盤があるのが特徴 この吸盤で岩にしがみついているナマケモノです。

CIMG6109-1.JPG

今年は生にしんが安くて物もいいね!

こまっ茶です。

今年は1月中旬から生にしんの漁が多く価格も安く物もいいですね。

コープでもがんがん売っています。

CIMG6087.JPG

この銀鱗がいいですね。

この時期銀杏草の味噌汁も美味しいね

こまっ茶です。

先日の記事で「ふのり」の紹介しましたが

(その記事はこちら)http://blog.todock.com/ebisu/cat634/

今日はこの時期美味しい海藻シリーズ第2弾 「銀杏草」です。

CIMG6078.JPG

ふのりの味噌汁は温まるね!

こまっ茶です。 寒の時期海藻が美味しいです。

先日休みに店舗に買い物に行くとふのりが売っていました。

CIMG5992.JPG

寒のシールも美味しそうです。

 

「寒」に魚が旨い!

こまっ茶です。

いままさに「寒」の真っ最中ですね。

ちなみに今年の「小寒」は5日 「大寒」は21日です。

そうこの「寒」の時期が魚が美味しい季節なのです。

やはり「寒」といったら「寒ぶり」

CIMG1617.JPG

余市店にはしまぞいがいっぱい

こまっ茶です。

先々週土曜に余市店に行ってきました。

道路は雪が無く走りやすかったです。

CIMG5751.JPG

はたはたの煮付け こっこ(卵)が美味しい!

こまっ茶です。 はたはたが今安いですね。

店舗でもがんがん売っています。

CIMG5749.JPG

私も買ってきました。  子持ちメスです。

CIMG5757.JPG

天然ぶりが安い  照り焼きも美味しい

こまっ茶です。

最近スーパーを視察していると天然ぶりを見かけます。

この前 某○○市場を見ていると天然ぶりの大サイズの切身が3切で398円 ものすごく

安く売っていました。  こまっ茶は95%コープで買い物しますが競合店で面白いもの、

極端に安いものとかあったら買って食べてみることにしています。

ということで買ってきました。

色は天然特有の少し黒めですが鮮度はまずまず。

照り焼きにするのに少し小麦粉をまぶすと美味しいと聞いていたのでそうしました。

CIMG4911.JPG

かじかの子の醤油漬け

こまっ茶です。 寒くなってきてかじかの美味しい季節になりました。

かじかといえばこの時期のおすすめが当別かじか(ケムシかじか)の子

CIMG4896.JPG

これは醤油漬が最高です。

こまっ茶も作ってみました。

野付鍋を食べる

こまっ茶です。 

手稲山も初冠雪していよいよ寒くなりましたね。  こまっ茶家も月曜から初ストーブです。

ようやく鍋の季節がやってきました。

先日こまっ茶家でも鍋 今度は石狩鍋に続く地域鍋第2弾 「野付鍋」です。

CIMG4757.JPG

ししゃもの刺身 

こまっ茶です。 

いよいよししゃもの季節ですね。

今ししゃもの寿司も鵡川では大変な人気のようで週末では1時間待ちは当たり前のようです。

そんな時月1回札幌の荷受さんと行っている定期商談会でししゃもの刺身を試食しました。

商品はこれ

CA3A0069.jpg 

 

釧路ではもうししゃもが一杯

こまっ茶です。 釧路の記事をもうひとつ

ちょっと紹介しましたがししゃももう日高の漁がスタートしています。

デリブーブログでダンディブーさんも鵡川でししゃも御膳なるものを

堪能してきたようですが  その記事はこちらhttp://blog.todock.com/deliboo/2008/10/post-497.html

釧路の店舗でも新物ししゃもは並んでいます。

CIMG4634.JPG

ふくらぎを刺身で食べる

こまっ茶です。

ふくらぎを今旬かというと多少違うかもしれませんがこの時期北海道でも

結構揚がります。 ふくらぎは出世魚でぶりの幼魚なのですね。

本州ではワラサとかいわれています。 ぶりも大量に北海道で揚がったりして

やはり温暖化の影響もあるようです。

ところでたまたまフクラギ安く売っていたので1本買ってきました。

Cimg4538

生秋鮭解体ショー 多少スプラッター風

こまっ茶です。  昨日書いた浦河に行った際帰りに生の秋鮭を1本

おみやげにいただきました。

結構大きな鮭です。 4kg以上あります。

Cimg4341

我が家でこの鮭を解体することに 

もちろん調理人は私こまっ茶  撮影はこまっ茶息子です。

息子の写真の趣味で多少スプラッター風になっているので

苦手な方はこの続きは見ないように・・・

生筋子の季節です おいしい自家製いくら丼!

こまっ茶です。

いよいよ秋本番 秋といえば味覚の秋 味覚の秋といえば生筋子ということで

今年も生筋子の季節がやってきました。

今年は秋鮭の水揚げスタート少なく筋子も高値スタートで大変です。

我が家でも1週間前に買ってきてつくりました。

Cimg4287

ジャンボいかめし

こまっ茶です。  いかが美味しい時期ですね。

先日サンプルでジャンボいか飯をいただきました。

確かに大きい!  洗剤と大きさの比較しています。

Cimg3933

佐呂間のしまえび

こまっ茶です。

北海しまえびといえば野付が有名ですが佐呂間も負けてはいません。

先日北見に行った際佐呂間産の北海しまえびをご馳走になりました。

Cimg3935

さんまづくし

こまっ茶です。 やはりこの季節といえばさんまですね。

先週9日に滝川のお店に行ったらすでに売り場は「さんまづくし」

旬の先取りが行われていました。

Cimg3898

もう秋鮭の季節

こまっ茶です。 お盆も終わりいよいよ秋ですね。

売り場ではすでに生さんまは全開 生秋鮭も8月上旬からすでに並んでいます。

これはあばしり店の写真です。

Cimg3876_2

花咲がにがいっぱい!

こまっ茶です。 長かった留萌、天塩の旅報告も終わりました。

今日はその前の日に行った帯広の話題です。

帯広といえばやはり豚丼ということでかしわ店のすぐそばの

いつもの店で豚丼食べました。

Cimg3739

これで680円は安いです。

今年は塩時鮭もチャンスです

こまっ茶です。 昨日のいかを買ったのと合わせて塩時鮭を1尾買いました。

今年は生時鮭も安かったので当然塩時鮭も安くチャンスです。

当然切るのは私です。

Cimg3582

いかはまだ小さいですね

こまっ茶です。 先日店舗でいかを買って刺身にしました。

まだ今年は非常に小さいのが主力です。

Cimg3587

これで30尾サイズ 価格は5杯398円と安かったですが

夏のかじか鍋

こまっ茶です。

本日のテーマ 旬のおすすめ品で何故かじかという方も多いでしょう。

でも実はこの時期のかじかも結構いけるのです。

先日試作した商品です。

Cimg3485

新物紅鮭

こまっ茶です。

先日今年の新物のロシア産の沖流し網の紅鮭の定塩加工したサンプルを

いただきました。

Cimg3486

贅沢うに三昧の旅

以前、このコーナーで、こまっ茶が積丹方面を旅してウニ丼を食べた記事がありましたが、私も積丹を探索しました。ザ・「美国」です。

Cimg4866  

 

 

 

 

 

 

 

遊覧船から見る「宝島」という島はその昔ニシンが大漁にとれたことからつけられた名前との事で、海面はとてもキレイで、1000円ちょいで癒される30分コースを満喫しました。

Cimg4887

生するめいかの季節

こまっ茶です。

いよいよ生するめいいかの季節がやってきました。

一応6月1日が道内解禁です。

店舗にも並び始めています。

Cimg3116

うにが旨い!

久々こまっ茶です。

先日休みの日に久々積丹方面に行ってきました。

Cimg3173

神威岬も行きましたが積丹のこの時期といえば

そう生うにimpact

ということで生うに丼食べました。

つぶのお刺身

こまっ茶です。

店舗に行ったら貝つぶが小サイズですが1個100円で販売していたので

刺身にしようと3個買ってきました。

Cimg3012

生時鮭はやはり旨い

こまっ茶です。

前に生時鮭の紹介もしましたがhttp://www.coop-ebisu.jp/2008/05/post_26b1.html

我が家でもさっそく食べてみました。

半身で今年は1000円以下で販売していることもあるので半身で買ってきました。

Cimg2872_2

おひょうとまつかわ

こまっ茶です。

各地出張増えていますがちゃんと札幌市内の店舗も廻っています。

先日競合のとある店でみつけたのが

おひょうとまつかわの刺身用

おひょうがこれ

Cimg2870

そしてまつかわがこれ

Cimg2868

北海道の五大貝

こまっ茶です。   最近貝のネタが多いですが旬なので仕方ありません。

店舗でもバラ売も拡大しています。 今年は非常に売れています。

Cimg2853

ところで北海道の五大貝って知っていますか?

たらの芽の天ぷら

こまっ茶です。 暑くなったり寒くなったり 皆さま体調は大丈夫ですか?

先日デリカ部の「ダンディーブー」さんからたらの芽(タランボ)をいただきました。

Cimg2769

やはり天ぷらでしょうということで次の日我が家で天ぷらでいただきました。

トキシラズ!

こまっ茶です。

この時期生の時鮭が増えてきました。

Cimg2766

時鮭は「トキシラズ」といわれます。

つぶ揃い!

こまっ茶です。

桜も咲いて行楽シーズン真っ只中 水産売場でもいろいろな種類のつぶが

並んでいます。

つぶといえば「真つぶ」で流通しているこれがやはり一般的です。

Dscf0113_2

野付の帆立はやはり大きい

こまっ茶です。

先日ブレイクデーで店舗廻りしていると帆立を販売しておりました。

野付産と一般のオホーツク海産

大きさが違います。

むきみで見ると一般の帆立はこんな感じです。

Cimg2712

では野付の帆立はというと・・・

こんなに大きいです。

Cimg2711

オホーツクの毛がに

流氷も去りいよいよ毛がにの季節です。

こまっ茶家でも今年初めて毛がにを買ってきました。

Cimg2592

新はっさむ店で1080円で販売していました。

八角の干物

皆さん 八角って魚知っていますか?

正式名称はトクビレ

こんな形です。

Tokubire

ヒレが羽みたいで外見は飛び魚にも似ていますが

皮はよろいのように固く全く違います。

生やりいかのお造り

昨日のきんきにつづき生やりいかが安かったので買いました。

(これはコープです)

Cimg2243

この時期生やりいかは旬で美味しいのですよね

噴火湾産生ぼたんえび

先日だて店のコーナーでも紹介しましたが今は噴火湾や日本海で生ぼたんえび

の漁が本格化しています。

だて店でも販売しておりました。

Cimg2025

Cimg2026

ひなまつりのはまぐりその2

昨日に引き続きこまっ茶家の食卓の紹介

生ちらしと合わせてはまぐりのお吸い物です。

Cimg1963

生やりいかのお刺身

前にも一度紹介しましたが生やりいかの入荷増えてきました。

Cimg1944

生にしん増えてきました

日本海のにしんが増えてきました。

価格も安く今がチャンスです。

Cimg1897

生するめから生やりいかへ

今年は生するめいかが1月に入っても水揚げ多いという異常な事態でしたが

するめいいかも1月末で終了 いよいよ生やりいかの季節です。

北海道ではいかといえばやはりするめいかですが日本海の南九州あたりは

やはりやりいかですね。

Cimg1611

今が美味しいぶりしゃぶ

少し暖かくなってきましたがまだ立春までは「寒」の時期

この時期やはり美味しいのが「寒ぶり」 

ぶりの食べ方の今年の流行が「ぶりしゃぶ」です。

Cimg1609  

お味噌汁の具にどうぞ!

暦の上ではもうすぐ立春 でも北海道は一番寒い時期です。

この時期温かい味噌汁は美味しいですよね。

「寒」のこの時期水産売場にもお味噌汁の具に合う商材が多くでてきます。

最初はこれ ふのり

Cimg1602

ほとけのみみ? 

毎日寒いですね。 札幌も真冬日(最高気温が0度以下)がずっと続いています。

21日が「大寒」でしたがこの時期旬の海藻が美味しいです。

やはり北海道といえばこれ 「銀杏草」(ぎんなんそう)

Cimg1600

「寒」 魚の美味しい季節です

いやー 毎日寒いですね。

そういまは「寒」の時期なのです。 今年は1月6日が「小寒」(My 誕生日)

21日が「大寒」 ちょうど一年でも一番寒い時期ですがこの時期の魚は

「寒魚」といって魚が美味しくなります。

Dscf000801

(注 写真は結構古いです)

生にしんのお刺身

クリスマスに店廻りしていると生にしんのお刺身が並んでいました。

Cimg1434

鮭ばっかりさ

こんにちは。ムカインディゴブルーです。

寒くなってきましたね~。最近は夜になっても明るい景色が見られますね。

Cimg4073

※画像が乱れてますが、イルミネーション。

近くを通ったら、結構まぶしかったですよ。

ところで、今年のクリスマスは23日の日曜か24日の月曜に行うか悩みませんでしたか?

フクラギの刺身を作ってみよう

いやー この時期まだ野球を生で見られるって幸せですね!

少し前では考えられなかったことです。 ドームが出来て季節感が無くなってきましたね

季節感といえば地球温暖化の影響で海水温上昇しているようで北海道の魚も

獲れるものが変わってきています。

秋鮭はスタート遅れたぶん最近になって水揚げ増えたりしています。

そして今まで北海道であまりとれなかった魚がたくさんとれたりしています。

その一つがぶり、そしてその幼魚のフクラギです。

05_2

助宗たらの季節です

北海道沿岸の助宗たらの漁も本格化してきました。

助宗たらの美味しい季節です。

先日私どものにしの店でも助宗たらを販売しておりました。

Cimg0865

この商品は留萌産です。

はたはたの季節になってきました

ついに初雪の便りも聞かれましたね つい3週間前ほどは30℃を超えたばかりなのに

あまりに秋が短すぎですね 雪虫も先日初めてみたばかりというのに

魚のほうもそろそろ主力が替わってきます。 主力だったさんま、秋鮭はまだ水揚げ

は続きますがしだいに減ってこれからはかれいやはたはたやたらが中心になります。

はたはたは一気に増えてきました。

200310130024

必見!あんこう解体 その2

さて昨日の続き 生のあんこうの解体です。

昨日は皮を剥き始めたところで終わりました。

剥けました。

2001880029

必見!あんこう解体 その1

寒くなってきました。皆様風邪をひいていませんか 寒い夜には鍋が最高!

ということで今日、明日でこれから旬のあんこうの解体を紹介します。

解体しているのは私どものコンサルタントの先生です。 (写真は実は何年か前の

古いのですがご了承下さい)

2001880021

どうです このでかさ! さあこれから解体ショーが始まります。

かじかの子

日高地区の店舗廻っているとかじかの子が並んでいました。

Photo

かじかは漢字で書くと鰍  魚編に秋 秋から冬が旬なのです。

ところで北海道で一般的に売られているかじかには大きく2種類あります。

新物ししゃも登場!

鵡川店にいったら新物のししゃもがもう並んでいました。

行ったのが10月2日 その日が初入荷だそうです。 新聞によると初日は大漁だった

そうで今年は期待もてます。

Cimg0699

いくら網(?)今は便利なものが出来ました

またまた管理人のこまっ茶です。

実は私は5日から9日までノルウェーに出張行くこと決まったので今の内に

書溜めしているのです。 帰ってきたらノルウェーの養殖報告しますので乞うご期待!

ところで皆様は「いくら網」という商品ご存知ですか?

Cimg0220_2

そう今は生筋子ばらすのにこんなに便利な商品出来たのです。 専用の網です。

皆様はどうやってばらしていますか ぬるま湯でばらすという方多いと思いますが

一度お試し下さい。 簡単にばらすことできます。 粒がつぶれることもありません

(あまり強くやりすぎると別ですが) 我が家もすっかり網でやっていますよ

さらに今は生筋子のタレも何種類か出ています。 自分の味付けもいいですが

自信の無い方は是非ご利用下さい。

Cimg0222_2

生筋子もいよいよ本番です。 Cimg0221_6

でも残念な情報ですが今年は生筋子は”高い”です。

昨年より2割位高値といわれています 是非今の時期からご利用下さい。

函館の生簀いかはこんなに違う

こんにちは 管理人のこまっ茶です。 初秋になってきましたがまだまだいかが美味しい

季節です。 今日は函館の「生簀いか」の紹介をします。

いかといったら何といっても函館 「函館いか祭り」もあるように函館はやはりいかの街です。

では函館のいかは他地区と何が違うのでしょうか?

函館地区のいか船の中には「生簀(いけす)」を積んでいるのがあります。通常のいか

船は水揚げしたらそのまま船上で箱に詰めてしまうのですが、この生簀積んでいる船は

生きたままいかを生簀に入れて水揚げするので鮮度が違うのです。

これが「生簀いか」の写真です。

Photo_10

この写真では光の関係もあり黒っぽくも見えますが生きたいかは透明感があって

白っぽいのです。 それから黒くなって鮮度落ちてくると白くなってくるのです。

札幌あたりでは黒いいかが鮮度の良い証なのですが、函館は黒いいかはやや鮮度

落ちたいかの評価なのですね

「生簀いか」は刺身にする時の切り方も違います。 通常のいか刺身は包丁を

引いて切る(糸造り)なのですが、「生簀いか」は身の弾力あるので細く引いてきること

が出来なく押して切るのです。

函館の店舗では「生簀いか」のお造りが並んでいます。

Photo_11 Photo_12

札幌地区でもようやく大型店限定ですが函館から引っ張って週3回「生簀いか」

の販売が始まりました。 是非お試し下さい。!

さんまの季節です。

全国的には猛暑続いていますが北海道はかなり秋らしくなってきました。

秋といえば何といっても生さんま さんまは秋刀魚と書くように8月から10月半ばまでが

最大旬です。

さんまの棒受の大型船も水揚げスタートしてさんま漁も全盛です。

今年は漁が昨年よりも早いこともあって価格も安くサイズも大型と消費者の皆様には

お買い得です。(生産者は魚価安で大変ですが)

コープでも大型サイズ中心にがんがん売れていますよ

Photo_13

この間伸びているのはさんまの刺身とさんまの寿司

Photo_14 Photo_15    

この写真はねむろ店でとりましたが根室ではさんまの刺身は

一味唐辛子で食べます。 これがまた美味いんだな!

是非お試しあれ!

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

野付の北海しまえび

こんにちは! 管理人のこまっ茶です。

先日、私どもの組合員さんと一緒に
野付漁協に「植樹活動」に行ってきました。

魚と植樹とどういう関係?

そう野付漁協では豊かな水産資源を守るには
豊かな森林が必要とのことで何年か前から植樹活動行っているのです。

美味しい魚とれるには豊かな自然も必要なのですね!

野付といえば何たって北海しまえび
自然に優しい風が動力の打瀬船(うたせふね)の漁を間近で見ました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

全ての記事

ホーム > 旬のおすすめ品 の一覧

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
QRコード
携帯でも割烹ゑびす
http://blog.todock.com/mt4i/ebisu/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ