生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 産地訪問日記 > 組合員さんと浦河に行く その2

組合員さんと浦河に行く その2

こまっ茶です。  昨日の続きです。

組合員さんも工場に到着していよいよ秋鮭の山漬加工のスタートです。

最初は生秋鮭の加工から

Cimg4324

腹だしして腹を洗浄します。

Cimg4332

それから1本づつ鮭に塩をします。

Cimg4328

組合員さんもじっと見ています。

それから1本づつ丁寧に鮭を山のように積んでいくのですね。

Cimg4330

この高さまで積み上げます。 これを山漬加工といいます。

鮭の余分な水分が抜けて旨みが増すのです。

Cimg4323_3

こうして2日山漬にしたあと1本づつ手返ししてまた2日山漬 

計4日の山漬になります。 こうして冷凍したあと

寒風が吹き始める11月末から塩抜きをしてから2日間寒風干にするのです。

この手間のかけかたに組合員さんも感心していました。

鮭を干すのはこちら

Cimg4322

もちろんこの時期は干していませんが干すとこういう感じに

なります。(3年前の写真です)

Dscf0029_2

視察終了後組合員さんは様似のホテルへ。

私とお取引さんは札幌へ

太平洋に沈む夕日がきれいです。

Cimg4338

やはりゴメになったどこかへ飛んでいきたいな。 なんてね

コメント: 4

KAZU! 2008年9月26日 04:44

こまっ茶さんへ!お早う御座います!浦河!本当にお疲れ様でした!!「ごめ!」になって飛んで行きたいなんて!文学的ですね!夕日の向うも!きっと着いてみると、そう変わりなく、又、戻るのでしょうね!やはり、愛する人や友のいる所が良いのでしょうね!!???

こまっ茶 2008年9月26日 08:05

KAZUさん お早うございます。
浦河ありがとうございました。
そうか 夕日の向こうもそう変わらないかもね。
やはり家族や友人のいるここがいいのでしょうね。
納得しました。

たじやん 2008年9月26日 18:13

こんにちは。こまっ茶さん!
ここのところ出張続きでコメントをできなかったたじやんです><。
今回は浦河の旅お疲れ様でした。
今年は水温が高いみたいで鮭の水揚げが遅れているそうですね。
私はいけませんでしたが今年のさけ祭りいかがでしたか?
ではまた!

こまっ茶 2008年9月27日 21:17

たじやんさん お久しぶりです。
全然コメントないので南極へでも出張しているのか
と思いました。
今年水温も高いです。 筋子も高いです。
まいりました。
鮭祭り 実は私も行けなかったのですが
近日中に公開予定です。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/11811
この記事へのトラックバック一覧
組合員さんと浦河に行く その2 from 割烹ゑびす

ホーム > 産地訪問日記 > 組合員さんと浦河に行く その2

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
QRコード
携帯でも割烹ゑびす
http://blog.todock.com/mt4i/ebisu/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ