生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 産地訪問日記 > 八雲 漁業賞現地審査の旅その1

八雲 漁業賞現地審査の旅その1

こまっ茶です。

先週火曜 八雲に行ってきました。 漁業賞の現地審査の付き添いです。

審査員の皆様は朝函館からバスで

Cimg4162

私どもは9時50分集合だったので札幌6時半に出ていきました。

この日はあいにくの悪天候 大雨や霧に泣かされ丁度ついたのは9時半

バスも早くついたようでほぼ同時でした。

ここの八雲漁協のこだわりは熊鮭ブランド 鮭の山漬といくらです。

10月末から11月初めの5kg以上の大型オスを山漬けにするのです。

ブナ鮭ですがこの時期の大型の八雲の鮭は味がいいようです。

まだ時期ではありませんが実演していただきました。

生鮭を腹出して

Cimg4163

良く洗って

Cimg4165

そのあと一本一本丁寧に塩を塗りこみます。

Cimg4168

それから山にように積み上げていくのが山漬けなのですね。

Cimg4170

3日たつと魚を返して計6日の山漬けです。

出来上がったのがこちら(昨年の商品です)

皮の色はやはりブナですね。

Cimg4171

鼻曲がりというだけあって本当鼻は曲がっています。

Cimg4173

試食できなかったのが少し残念でした。

コメント: 4

KAZU! 2008年9月11日 04:38

こまっ茶さんへ!お早う御座います!八雲の山漬けは以前食べましたが、口の肥えた方には美味しくないと想いますよ!やはり、ブナはブナです!平均的には、今一つですが、山漬けにする事で水分が抜けるので、確かに旨みは出ます!!それと漬物等に入れると良い味を出します!!

たじやん 2008年9月11日 18:10

こんにちは。こまっ茶さん!
相変わらず全道各地へご出張ご苦労様です。
今回は八雲ということで大変懐かしい思い出があります。
八雲で鮭ということですが八雲にはたしかサランベ公園なる公園がありまして、子供の頃鮭が川を上る姿を見に親父に連れて行ってもらいその雄大さに心打たれた記憶を思い出しました。
いつか我が息子にも見せてあげたいなと感じた今日この頃でした!

こまっ茶 2008年9月13日 08:27

KAZUさん お早うございます。
ここの山漬は試食できなかったのが残念です。
さすがに食べられたのですね。
鮭はやはり地元の鮭を地元で食べるというのが
美味しく感じるのでしょうね。

こまっ茶 2008年9月13日 08:29

たじやんさん お早うございます。
たじやんさんの水産に関わる人生の原点は
八雲にあったのですね。
鮭の遡上の姿は確かに訴えるものありますね。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/11789
この記事へのトラックバック一覧
八雲 漁業賞現地審査の旅その1 from 割烹ゑびす

ホーム > 産地訪問日記 > 八雲 漁業賞現地審査の旅その1

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
QRコード
携帯でも割烹ゑびす
http://blog.todock.com/mt4i/ebisu/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ