生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > トドック今週の新商品 > 世界が君を待っている!飛び出せ!今週の新商品! ~08年9月3週~

世界が君を待っている!飛び出せ!今週の新商品! ~08年9月3週~

8月24日北京オリンピック閉幕。
(もう結構前の話ですが・・・)
・・・それにしても、いろいろな競技があったものだ。
もっと自ら関心を向けていかないと、流れている情報だけでは、得られる知識は限られてしまう。
それは、人生の半分をムダに過ごしていることに等しい・・・。
さあ!もっと自らを奮い立たせて動くんだ!(自分へのエールです)
 
知らない国名。
知らない競技名。
知らないルール。
知らないアスリート名。
あまりにも知らないことが多過ぎる。
 
もしかすると・・・、
おそろしく競技人口が少なくて、
おそろしくマイナーなスポーツで、
予選から一切のテレビ中継がなくて、
人知れずオリンピックに出場していて、
人知れず金メダルを獲っている・・・。
そんな日本人がいるかも知れません・・・。
競技は・・・ビー玉とか、輪ゴム鉄砲とか。

さて、
08年9月3週のトドックの新商品は・・・、
コレです!

Dscn2319

ご飯ではありません。

玉子でもありません。

玉子にかかっている、コレです!

”鮭醤油”
・メーカー~佐藤水産
・規格~150ml
・売価~430円
・加工地~石狩市親船町の魚醤工場
・原料原産地~鮭(北海道産)

魚醤のイメージと言えば、どうでしょう?
・・・ク・サ・イ?
 
そんなことはありません!
(イメージ通り臭いものもありますが・・・)
しかし、この鮭醤油、臭みがほとんどありません。
新鮮な鮭の内臓、白子を原料にしています。
そう!原料の鮮度が良いと匂いはしないのです!
そして、昔ながらの杉樽で、塩と麹で仕込まれ、静かに発酵と熟成が行われるのです。
 
この”鮭醤油”のポイントをまとめると、
・新鮮な原料(佐藤水産ならでは!※以下のどれもがそうですが・・・)
・杉樽仕込み
・低温と低温の二段熟成
・上品な酸味と深い味
となります。
  
さて、
鮭の魚醤と言えば、”魚々紫”が有名です。
こちらも風味が深く、干物やイクラ醤油等の加工品にこれを使うと、
間違いなく美味しく感じてしまいます。
 
この”鮭醤油”は、魚々紫と製法は違いますが、
これを使った商品は・・・、
やはり、間違いなく美味しく感じてしまいます。
 
醤油は、日本で発展した発酵調味料。
ならば、日本の伝統的な朝ごはん”玉子かけごはん”で食べてみましょう!
 

普通の醤油よりも深い味わいなので、玉子に多くかけ過ぎないことがポイントです。

リズムよく、玉子を溶いていきます。

シャッ、シャッ、シャッ、シャッ、シャッ!

普段使っている醤油とは違う風味が鼻腔を刺激します。

う~ん、早く食べたい!

充分溶いたら、ご飯にかけます!

そして、更に、ご飯と溶いた玉子がベストマッチするように・・・、

混ぜるべし!混ぜるべし!混ぜるべし!

混ぜるほどに漂うに風味・・・。

我慢できずに、ひと口。

パクッ!

口から鼻へと抜ける深い味わいにして、喉越しやさしいまろやかさ・・・。

これは、大豆の醤油ではなく、間違いなく鮭醤油・・・。

醤油文化の奥深さを感じずにはいられない、一品。

  

もし・・・許されるなら・・・。
こんなシチュエーションで食べてみたい!
相手は、中山美穂似の女性。(君のことかもしれないぜ!←このコメント余計)
 
「信じられない・・・」
もう3ヶ月が経つというのに、毎朝、目が覚めるといつも思うことだ。
「起きたぁ?朝ごはん出来ましたよ~」
台所からミポリンの明るい声が聞こえてくる。
オレは、ミポリンの声に、夢と現実の間を行ったり来たりしている。
まどろみの朝のベッドの中。
最近、オレのお気に入りの時間になっている。
「信じられない・・・。オレがミポリンと結婚したなんて・・・」
 
食卓テーブルには、ご飯と味噌汁と目玉焼きと納豆が並んでいる。
「平日は和食。週末はパンとコーヒー。分かった?」
ミポリンの問いに、オレが「分かったよ」と答えて、我が家の約束事がひとつずつ増えてゆく。
向かいでミポリンが微笑んで「おはよう」と言う。
オレも「おはよう」。
挨拶がこんなに大切だとは、こうして一緒になるまで気付かなかった。
些細なケンカで、ミポリンと挨拶をしなかった日は、その日だけではなく、1週間は尾を引くほどのダメージを受ける。
 
「今日は・・・秘密兵器があります!」
玉子焼きを食べようとするオレに、ミポリンが言う。
「えっ?!」と言って、オレは慌てて箸を止める。
「ふふふ。何だか分かる?」
悪戯な瞳でミポリンが、顔を近づけてくるので、オレはドキドキする。
(まったく翻弄され放しだな。もう3ヶ月も経っているって言うのに・・・)
「では正解です。ジャーン!鮭醤油なのだ~!」
そう言って、細く白い指で持たれた小さな醤油の瓶が、オレの目の前に登場する。
 
ミポリンは鮭醤油の瓶を傾け、目玉焼きに、ツーッとかける。
ほのかに香ばしさが漂う・・・。
たまらない!
オレは、半熟の黄身をクチュッと崩して、鮭醤油と混じり合うのを見つめる。
う~ん、たまらない!
パクッ!
「なんて深く、まろやかな味わいなんだ・・・」
顔を上げると、そこにはミポリンの笑顔。
そこで、オレの思わず発した一言は・・・。
「・・・信じられない」
・・・みたいな。(バカな妄想)
 
Dscn2290
 
出番はすぐそこ!08年9月3週!
”鮭醤油”よ、今こそ飛び出せ!世界が君を待っているぞ!

コメント: 4

KAZU! 2008年9月 2日 08:28

松紫さん!お早う御座います!いや~~!ミポリンですか??彼女は今、パリ!ではないですか?
おまけに!いや!主役の鮭醤油!これは中々のものですよ!本当に美味しいですね!勿論!魚醤油は沢山種類が在りますよね、秋田しょつつる!から始まりイシル!やカツオ醤油、海外ではニョクマムなど等かなりの種類が!又、この佐藤水産のは!本当に
臭みが有りませんよね!又、プロデユースが小泉先生なのですよ!!

松紫 2008年9月 2日 08:41

KAZU!さんコメントありがとうございます。
その通り!
この鮭醤油は、発酵学の第一人者で、北海道名誉フードアドバイザーの小泉先生のプロデュースです。
・・・なんだか、ものすごく美味しいものを知っていそうですよね。
では。

たじやん 2008年9月 2日 15:11

こんにちは。松紫さん!
今回は鮭醤油ですか!
是非、この鮭醤油で生筋子を買ってきて自家製いくら醤油にチャレンジしたいですね^^
本当にこの醤油という調味の文化がある日本はすごいですね。
KAZU!さんのコメントにあるように魚醤油だけでもたくさんの種類があり、その醤油それぞれににあう料理もたくさんあるのでしょうね。
先日、私も衝撃的な出会いをした醤油を使った商品がありました。
以前より、友人から協同購入にたまに出るチーズたまり醤油ドレッシングなるものがおいしいよと聞いていましたが先日ついに載っていたので購入してみました!
感想といたしまして「これほどまでとは!」
その後、もっと買っておけばよかったーと後悔・・・
話がそれて自分の世界に入ってしまいそうなので、このへんで^^
ではまた。

松紫 2008年9月 2日 16:54

たじやんさんコメントありがとうございます。
チーズたまり醤油ドレッシングの衝撃!
文章の長さから衝撃がどれだけ凄かったか、伝わってきます。(どんどん自分の世界へ入って行って下さい!)
今度、見かけたら是非、購入してみます。
では。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/11773
この記事へのトラックバック一覧
世界が君を待っている!飛び出せ!今週の新商品! ~08年9月3週~ from 割烹ゑびす

ホーム > トドック今週の新商品 > 世界が君を待っている!飛び出せ!今週の新商品! ~08年9月3週~

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
QRコード
携帯でも割烹ゑびす
http://blog.todock.com/mt4i/ebisu/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ