生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 個室「銀杏の間にて」 > 個室『銀杏の間』にて ~第十五話~

個室『銀杏の間』にて ~第十五話~

「ナナコ」と、呼び捨てで呼ばれるのは、抵抗がある。

だからと言って、特別に、こう呼んで欲しい、という呼び名がある訳じゃない。

生理的に苦手というより、不意に、苦手だなと感じることが、最近多くなった。

きっと、コミュニケーションの距離が変化すると、そんなことを感じるのかもしれない・・・。

前の夫”昔の男”が口にする「ナナコ」にも、イラッとする瞬間がある。

名前を呼ばれるたびに動悸が速くなり、戸惑ってしまうが、わたしは、訓練された笑顔でそれを隠している。

訓練された笑顔・・・。

わたしは、百貨店で美容部員として働くようになった時、笑顔の訓練をした。

顔の筋肉を知ること。歯のお手入れをすることから始めた。

「いー」の状態をキープして、口角を上げ、歯が見えるように笑顔を作る。

化粧をしてキレイに変身する瞬間が好き!と自分で言えるぐらい、メイクの腕を磨き、常に新しいスキルも習得した。

スキルに自信がつくと、立ち振る舞いは自然になる。

お客様がキレイになって帰る時に、お見送りする笑顔が、今のわたしの笑顔だ。

 

今夜、”昔の男”と『割烹ゑびす』で食事をすることになっている。

わたしは、昔付き合っていた男、前の夫も含めて全部、”昔の男”としてカテゴライズしている。

そうやって整理した方が、スッキリしていい。

 

『割烹ゑびす』に行く時は、地下鉄を使う。

地下鉄は好き。正確には、午後7時過ぎの地下鉄の中の風景が好きだ。

仕事帰りの疲れた顔、仲間と飲みに行く楽しい顔、デートの前の嬉しそうな顔、家族の待つ家路を急ぐホッとした顔。

色とりどりのファッションにメイク、会話。楽しそうな女の子を見ていると、こっちまでワクワクする。

聞こえてくる会話のトーンが、わたしの耳に丁度いい。人のファッションを見るのも楽しい。

わたしは、黒のロングブーツとAラインのコートを着ている。

黒のロングブーツは、径が細めでヒールが高い、シンプルなデザイン。

ワンピ風のコートは今年の流行で、わたしは、ショップの店頭に飾られていたAラインが素敵だと思い、カードで買ったものだ。大きいボタンが二つ付いていて、可愛い。

地下鉄から出ると、11月の夜風は、きっと冷たく感じるだろう・・・。

 

『割烹ゑびす』へ向かう遊歩道では、マフラーを巻き直し、背筋を伸ばして歩く。

ブーツのヒールが歩道を叩く音が、カツカツカツと心地いい。

わたしは、”昔の男”と、さばの山漬けの話をした日のことを思い出していた。

その時、わたしは、ハワイの女神になりたい、みたいなことを話した。

今みたいに、頻繁に会う前のことだ。

 

「この塩さば、食べてごらん」

Dscn1729

そう言って、”昔の男”が指差したのは、こんがりと焼き目が付いた半身の塩さばだった。

「これは、国産の真さばだよ。

Scomber_japonicus_28matsuwasaba29

さばには、2種類あるの聞いたことがあるだろう?

真さばとゴマさばって。

真さばは、平さばと呼ばれていて、断面が楕円形なんだ。

対して、ゴマさばは、表面に黒い斑点がゴマのようにあるから、そう呼ばれている。断面は丸い。

釧路で獲れるさばは、ゴマさばも混じっているんだけど、ゴマさばって、どちらかと言えば、温かい海水を好むんだ。

北上しているのは、温暖化の影響かな?ほら、最近、ニュースで温暖化って言っているだろう。

真さばと比較して、ゴマさばは評価が低いけど、真さばが夏に味が落ちるのに対して、ゴマさばは、通年、味が変わらないから、夏にさばを食べるなら、ゴマさばなんだよ

・・・面白くない?こんな話」

 

いい大人が、子供みたいに楽しそうに喋るのは、好感が持てると思った。

”昔の男”が目の前で一生懸命喋る姿は、滑稽でもあるが、愛らしさが先に立った。

わたしは、意地悪にこう答えた。

面白くなーい!

「はは、そんなこと言うなよ」

 

わたしは、お皿にのった塩さばに箸を伸ばし、ひと口。

・・・うん?今まで食べた塩さばの中で、一番美味しいかも。

「どう?このさばは、秋から冬にかけて、三陸沖から銚子沖で獲れたさばだよ。

寒さば、秋さば、って言葉を聞いたことがあるだろう。それぞれ、さばの旬を指しているんだ。

寒の時期が旬なのは、九州沿岸のさば。

秋が旬なのは、太平洋沿岸のさば。

だから、これも旬の時期のさばなんだよ」

・・・旬だからか。・・・でも、それだけじゃないような・・・。

「さばは、春頃、伊豆半島沖で産卵して、餌を食べながら北上して来る。

北海道沖へと北上している間、脂肪は皮と身の間に貯められる。

そして、南下が始まる9月~10月に、脂肪が身に刺し込んでゆく。身も締まる。

秋さばが美味い!と言われるのは、そう言った理由なんだよ。

特に、八戸沖で水揚げされる戻りさばが良い、って何かに書いてあったなぁ。

これは、三陸、銚子沖だけどさ、まぁ食べようよ!」

 

その言葉と屈託のない笑顔に促されて、わたしは、もうひと口。

・・・うん?これは・・・?やっぱり、いつも食べている塩さばと違う・・・。

味がなんて言うか・・・深い・・・濃厚・・・。そして、まろやか・・・」

「気づいた?・・・とその前に、何か飲もうか?」

・・・。

「田酒にしよう!ナナコは?」

・・・じゃあ、ファジーネーブル。

わたしは、若い頃、ファジーネーブルばかり飲んでいた。居酒屋でもバーでもカラオケでも、ファジーネーブルを飲んでいた。

「日本酒にしなよ。上善如水が飲みやすいよ」

半ば強引に注文がされ、テーブルの上には、コップが入った升がふたつ置かれた。

 

「山漬けって、知ってる?」

鮭の山漬けって聞いたことあるけど・・・、と話に乗ろうとしたが、それ以上の知識を持っていないので、わたしは、考えるポーズをとる。

沈黙の時間を埋めるように、わたしは、コップに口を近づける。

香りとフルーティーな甘みが、スーッと喉をすべる。

あ、美味しい・・・。

「鮭の山漬けは・・・、”寒風秋鮭”とか”浜かぜ干し”とか、聞いたことない?

そんな感じで、このさばも塩漬けされて、塩抜きされているんだよ。

この真さばは、1尾づつ焼き塩を振っていて、約20時間、山漬けにしているんだ。

塩とさば自体の重みで、余分な水分が抜けるんだよ。

そして、タンパク質が分解されて、旨み成分のアミノ酸になる。

旨み成分が、一層凝縮されるんだよ」

ふ~ん。

そう言って、”昔の男”の顔を見つめると、穏やかな笑顔で、わたしを見ていた。

「塩かどが立たない、まろやかな味がするだろう?

塩抜きがポイントなんだ。

塩抜きには、水を使う。その水に緑茶を入れることで、真さばの旨みを残して、2%程のまろやかな塩味に仕上げている。

たかが、塩さばって思うけど、なんか手が込んでいて、スゴイと思わない?

足したり、引いたりして、まろやかな味になるんだって」

 

「人も経験を積んで、プレッシャーの重みに耐える経験を多くすると、”自分らしさ”が凝縮されて、表情に出てくるかもしれないね。

・・・なんて。・・・離婚の経験して、こんな話おかしいよね?ナナコ」

 

・・・あなたは、”昔の男”の一人なの。・・・普通の大人同士の会話、って受け止めているけど・・・。

そう言って、わたしは、口角を上げ、歯を見せて笑顔で答えた。

「・・・。不思議だな。笑顔って、本心を隠すことも出来るんだね。今の笑顔は、足してるけれど引いていない・・・、まろやなな感じじゃないな~」

・・・。

 

11月の冷たい風が吹く。

あの頃は、ナナコと呼ばれることに、抵抗は無かったのにな・・・。

それに・・・、どうして昔のことなんて思い出すんだろう。

わたしは、戸惑っている・・・。

二人の距離が変化していることに気付いているし、もう”昔の男”の一人ではなくなっていることにも気付いている。

わたしは、戸惑っている・・・。

 

ゑびすに着き、女将さんに案内されて、わたしは、銀杏の間の襖を開く。

スッ。

黒のロングブーツを脱ぎながら、わたしは、寒いね、と笑顔を送る。

「もうすっかり、冬の装いだね」

そうなの!これも買っちゃった!ワンピ風のコートが流行りなの。見て!このAライン!

わたしは、頭の中で足し算、引き算をして、思い切り口角を上げ、歯を見せて笑顔。

ねぇ、今のわたし、まろやかな笑顔になってる?

 

真さばの旨みが凝縮!「国産さば山漬まろやか塩味」は、トドックでお求めになれます。

Dscn1728

紙面で見かけたら、是非!

コメント: 3

マルハラフーズ 佐原 2008年6月 2日 07:14

突然申し訳ありません。
さば山漬けお褒め頂き有難うございます。
確かに手作業で手間はかかりますが、このコメントで、疲れも取れます、今後と間宜しくお願い致します。

松紫 2008年6月 2日 09:02

コメントありがとうございます。
こちらの方こそ、疲れが取れます。
嬉しいです。
本当に美味しい商品に出会うと、誰かにこの感動を伝えたくなります。
生産者の思いが伝わると言うか、気持ちが入った商品だなあと言うのが分かります。
これからも、みんなが感動するような美味しい商品を作り続けて下さい!
では。

マルハラフーズ 佐原 2008年6月 3日 11:39

こんにちは
嬉しいのは私の方です、今後とも宜しくお願い致します。
最近は近畿(6県)で定着してきました、また美味しい物を提案していきますので宜しくお願い致します。
私は開発が趣味で?営業はメールのマガジンで開発品を即配信(月四回全国バイヤーさんその他400名)しています、もし良かったら見て頂きたいですね。
追伸:このブログは開発に大変参考になりますので、毎日拝見させて頂きます。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/11126
この記事へのトラックバック一覧
個室『銀杏の間』にて ~第十五話~ from 割烹ゑびす

ホーム > 個室「銀杏の間にて」 > 個室『銀杏の間』にて ~第十五話~

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
QRコード
携帯でも割烹ゑびす
http://blog.todock.com/mt4i/ebisu/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ