生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > デリブーの開発魂 > 室蘭は今日に限って雪だった

室蘭は今日に限って雪だった

こんにちわ 久々の登場の24号でブー

たっぷりとお正月休みをいただき・・・、充電していた・・・・・・・・

わけがなく、なにかと忙しい日々を送っていました。

そんなこんなで、今回は、先日デリブーが報告してくれたhttp://www.deli-boo.jp/2008/01/post_6d56.html「室蘭やきとり弁当」の話です。

今年度24号最大のヒットは 「北海道旨物発掘シリーズ」です。

『根室エスカロップ』http://www.deli-boo.jp/2007/11/post_cbc2.htmlを皮切りに、

『炭火焼帯広豚丼』http://www.deli-boo.jp/2007/10/post_9e13.html

『昔懐かしい美唄とりめし』

ぶろぐでも紹介した『北見塩焼きそば』http://www.deli-boo.jp/2007/12/post_36e5.html)、

そして年末に発売した『芦別ガタタン炒飯』http://www.deli-boo.jp/2007/12/post_83e0.html

(余談ですが・・・北海道を飛び出し本州へ進出した『金沢ハントンライス』っていうのもあります)

Dscf3557_6Dscf3556_3Dscf2232

Dscf0458_2

Dscf3692_4

賢明な読者はお気づきのように(・・・字にしているから誰でもわかるって・・・・・・)、このシリーズ実は「○○風」というのが多いんです。

そのものズバリを名乗るには、いろいろな意味でかなりハードルが高く・・・・・・・

優柔不断な24号は・・・・・・・・

ついつい「○○風」で妥協してしまうのです・・・・・・・・・・・・・・・・・

が・・・・・、しかし・・・・・・

今年は決して日和らず!!譲らず!!手をうたず!!と・・・・・、新年に誓い、

今回は「室蘭やきとり弁当」ではなく、ズバリ「室蘭やきとり弁当」でいこうと決意し、

あの大荒れの日に、室蘭へ向かったのでありました。

                                 

                                

ところで『室蘭やきとり』って知っていますか?

普通『やきとり』っていうのは、鶏肉長ねぎを交互に串に刺し、(好みもありますが)唐辛子をかけて食べるというのが一般的ですよね。

これに対し豚肉玉ねぎを串に刺し、洋がらしをつけて食べるのが『室蘭やきとり』といわれています。

また、やきとり屋さんや居酒屋では「タレにしますか、塩にしますか?」と聞かれ、たいていの人は「塩で」と答えます。

(余談ですが・・・・惣菜で売っているやきとりは、陳列しているうちに肉が乾いてしまうのを防ぐのにタレを塗っているタイプが普通です)

これが『室蘭やきとり』の場合は、タレが普通で、原則塩という選択肢はありません。

(なんだか今日の24号は格調が高いぞっ)

要するに豚肉+玉ねぎ+タレ+洋がらしが、正統『室蘭やきとり』のスタイルです。

(再び余談ですが・・・・昨年オベンピックhttp://www.deli-boo.jp/2007/10/7_93c5.htmlならぬやきとりンピックというやきとり日本一決定戦なるものが福島で開催され、見事室蘭やきとりが初代金メダルを獲得しています。ちなみに今年のやきとりンピックは室蘭で行われます)

                            

                            

話をもとに戻し、今回この正統「室蘭やきとり」をお弁当にしようと・・・・・

向かった先は・・・・・・・・・・・・・・・・・・

創業昭和22年(間違っていたらゴメンナサイ!!)、創業以来変わらぬ味を守り続ける老舗中の老舗「吉田屋」さん。

折りしも北海道各地大雪のため、JRが乱れに乱れ、運休が相次ぐ中、普段の行いのよさが味方してくれ(?)、10分程度遅れただけで、無事室蘭へ到着。

駅へ降り立つと、この時期の室蘭には珍しいくらいの雪があたりを白銀の世界に変えていました。

除雪もままならない駅前から、少し奥へ入った・・・・・・・・・・・・

雪のため24号をなんとなく郷愁にからせる・・・・・・・・・・・・

いかにも何ともいえない予感がする小路を歩くと・・・・・・

「あ~~~っ!! あっ~~た~~~~~~っ!!」

Photo_23              

いかにもそれっぽい看板・・

雪の中にひっそりと・・・・・・・・・

昭和初期そのままに・・・・・・・・・・・

情緒たっぷりに「吉田屋」さんが・・・・・・・

佇んでおりました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf3741

                   

~ここは何処? 私は誰?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイムスリップしたかのような感覚のまま、のれんをくぐると・・・・・・・・

そこはまさに老舗の趣・・・・・・

Dscf3747

~コープさっぽろです        と ご挨拶をした途端・・・・・・・・・・・・・

「すっご~い雪だったでしょ」

「JR動いているの?」

「風車の羽が折れるくらいのスゴイ風だったんですよ」

「おかげで今日は暇そうだから、私ひとりでやっているのよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

まるでマシンガンのように・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

「新聞見た?」

・・・・・・・・と、吉田屋さんが載っている新聞を渡され・・・・・・・・・・・・

「昨日のTVの○○見た? うちがでたのよ」

・・・・・・・・・・・~すみません・・・・・・・・仕事中で見ていません・・・・・・・・・・・・

「じゃあ、この前の△△は?」

・・・・・・・・・・・~すみません・・・・・・・・それも仕事中で見ていません・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・~あのーーーー、注文いいですか?・・・・・・・・・・・・

「あらっ、ごめんなさい。私しゃべってばかりいたわ」

「ところで、先週の××見た? うちでてたのよ」

・・・・・・・・・・・~すみません・・・・・・・・それも仕事中で見ていません・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・~あのーーーー、豚とモツとカシラください・・・・・・・・・・

「あらっ~、本当にごめんなさいね~、ちょっと待ってね」

と・・・・・・・・・・・・

ここからは本気モード。

今までのおしゃべりはどこへいったのか。真剣な眼差しで、焼き台の前に立つおかみさん。まさに職人技。

Dscf3735_2

強火で両面をあぶり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして串を手に持ち 遠火にし・・・・・・・・・・

じっくりあぶり・・・・・・・・・・・・・・

部位によって焼き時間を変え・・・・・・・・・

最後に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秘伝のタレがはいった壷を手に取り・・・・・・・・・・・・・

焼き上げた串を壷の中にいれ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「はい、お待たせ!!」

ジャッジャッジャッーーーーーーーーーン!!               

Dscf3736_2

~ぅおっおっーーー!!  おいしそうーーーーーーー!!

           

まずは豚串を・・・・・・・・・・・

~やっぱり室蘭やきとりはタレだよなーーー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぅおおっーーー

~甘すぎず、しょっぱすぎず、くどすぎず、そうはいってもコクがありつつ・・・・・・・

~でも意外にあっさりしつつ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~カリッと焼きあがった肉に、タレが適度にまとわりつつ・・・・・・・・・・・

~肉からあふれでる肉汁と口の中で混ざると・さらに・さらに・・・・・

~味が引き立つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~これはーーー!! うまーーーーーーーいっ!!

(なんか・・・・・・・いつも同じ表現のような気がしつつ・・・でもうまいものはうまいのだっ!!)

ムシャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ムシャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ムシャ・・・・・・・・・・・

ムシャ・・・・・・

~おかみさん、このタレ、ホントにおいいですねーー・・・・・・・・・・・・

!?!?!?!?!

Dscf3738

~どうしてごはんが??? ・・・・でるの????

「ごはんにね~、このタレをかけると、大きな声じゃいえないけど・・・・・

ソラ○さんの豚丼のタレより・・・・・・・・・・・・・・

おいしいのヨッ!!」

              

~ホントですかーーー?  

一口食べると・・・・・

~ホントにおいしーーーーい!!!! これは確かに・・・・・・・・・・・・ごはんにも合うっーーー!! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24号が至福の時を過ごしていたら・・・・

あっ、いけない・・・・・・・・・・・今日は室蘭やきとりを食べにきただけじゃないんだ!!

~おかみさん、実は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、おもむろに札幌で作って持ってきた24号の自信作を差し出し

~このお弁当に・・・・吉田屋さんの名前を・・・使わせてくださいっ!! お願いします      

Photo_25             

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・」

「いいんじゃない。すっごい美味しそう」

と・・・・・・・・・快諾いただきました。

             

               

~おかみさんっ!!、レバーとつくねとモツ煮込み、それと生ビール、あと豚串もくださいっ!!

と、思わずホッとし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思わずいつものように・・・・・・・・・・・・

思わず時間を忘れ・・・・・・・・・・・

思わず時の過ぎ行くままに・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

思わず・・・・・・

~あっーーーー、電車の時間だっ!!   

Dscf3749_2

こうして、とってもいい気分で、再び電車に乗り、札幌へ向かいました・・・・・・・

               

                    

室蘭やきとりって・・・・・・

こうやって、守り続けられ・・・・・

こうやってみんなに愛され・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなに愛されるような・・・・・・・・・・・・・・・・

お弁当にすることを・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24号決意しました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            

                         

ちなみに『室蘭やきとり弁当』は、主に土曜日に、コープさっぽろの比較的大きなお店で販売されています。(全店の取り扱いでないのです。すみません)

是非是非一度ご賞味ください。

吉田屋さんのタレは、決して皆さんを裏切りません!!

コメント: 2

KAZU! 2008年2月 1日 10:10
デリブーさんへ!&24号さん!!やりましたね!~~風は新年のどこぞの和尚が書き初めの字に成りますよね!!凄いですね!「室蘭焼き鳥吉田屋弁当」完成!!おめでとう 御座います!!!拍手!!!!!
ブー24号 2008年2月 1日 12:27
KAZUさんへ いつもありがとうございます 新年で思い出しましたが、私の今年の目標は「風を吹かせる」でした・・・ やっぱり「風」とは、縁が切れないようで・・・

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/6192
この記事へのトラックバック一覧
室蘭は今日に限って雪だった from Deli-Boo-Log

ホーム > デリブーの開発魂 > 室蘭は今日に限って雪だった

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもDeli-Boo-Log
http://blog.todock.com/mt4i/deliboo/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ