生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > デリブーの開発魂 > 「銀杏の間」風

「銀杏の間」風

こんにちはデリブーです。

今回は、水産部ブログ「銀杏の間風」第2弾です。。
賛否両論だブー。。  1弾も見てね。。
http://www.deli-boo.jp/2007/09/post.html

ガード下のカウンターしかない居酒屋で、一人物思いに耽っている。

                                                                                                 

居酒屋の名前は「哲人24号」・・・東南アジア系風貌の親父が、
無愛想に手を動かしている。

                                                                                          

この店でメニュー表を見たことはない。黙って座っていると
腹具合に合わせて勝手に料理がでてくる。

                                                                                 

出てくる料理に裏切られたことはない。餃子の次は何か?
期待が膨らんでくる。

                                                                                                         

冷の酒を飲みながら物想いに耽る。間もなくやって来る年下の友人・・・松紫。
彼の思考には中々ついていけない。頭の中は、既に未来世界に移行しているらしい。

                                                                                                            

初めて会ったときのことを思い出す。

                                                                                                         

あまりにも真っ直ぐで、あまりにも正直な心が、鋭利なナイフのように尖っていた。
同時にそのナイフは、自分自身も傷つけていたはずだ。暗い眼をしていた。

                                                                                                                  

世の中の矛盾を許せず、そのくせ世の名に馴染めない自分自身を持て余している。
正しい自分が受け入れなれない状態を許せない。そんな生意気で、我侭な彼の姿に
なぜか好感を持った。

                                                                                                                

・・・なんのことはない。鏡を見ているような不思議な感覚だった。

                                                                                                   

同じだ・・・ムツコの言葉が再び蘇る・・・・。「あなたは、大人になりきれない」。

                                                       

自分の正しさを、自分の好みをムツコに押し付け、そのことを認めない彼女を非難する。
そんな日々に疲れ果て、彼女は・・・。

                                                          

思わず自虐的な引きつった笑いがでてくる。

                                                            

「何が悲しい」・・・t哲人24号が話しかけてくる。彼が話しかけてくるのは、ほとんど奇跡に近い。
「人が笑っているのに、悲しいはないだろう。」不意をつかれ思ってもいない悪態をつく。

                                                        

「笑い方も、泣き方も知らないのか・・・」彼は、無表情に言い放ち、目の前にいつの間にか料理が・・・

                                                        

揚げだし豆腐・・・・。

Photo_2

全く飾り気のない普通の揚げだし豆腐だ。最初の一口は物足りない・・・

                                           

しかし・・・

                                           

箸を止められない。豆腐自体の旨みが広がる。

                                       

生産工場直送の味だ。

                                              

しかも、このたっぷりのたれは・・・不必要な添加物を極力除いた自家製だ。
その上、たれが豆腐を邪魔していない。独立した旨味が、最終的に見事なハーモニーを奏でる。

                                                            

まるで・・・「人と人との関係は、個人で成り立たない」  そう訴えかけているようだ。
そう思い立った瞬間、再び自虐的な笑みが浮かぶ。

                                                

目の前の親父が皮肉な目線を送っている。居場所を失くした落ち着きの悪さを

箸を動かすことで誤魔化し続けるしかない・・・。

                                               

それにしても、旨い。ブー。。

                                        

揚げだし豆腐は、絶賛販売中!!!
Photo_3

曜日・時間によって販売していない場合があります。ご了承ください。

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/6057
この記事へのトラックバック一覧
「銀杏の間」風 from Deli-Boo-Log

ホーム > デリブーの開発魂 > 「銀杏の間」風

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもDeli-Boo-Log
http://blog.todock.com/mt4i/deliboo/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ