生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > お肉のあれこれ > | 産地訪問 > 飛騨工房に行ってきました~②

飛騨工房に行ってきました~②

飛騨工房ネタが続きますが

生ハムの製造も行なってますが
今は、レストランとしての事業が主役です。

ここで製造している生ハムは、未だ熟成期間が

経過していないので食べれません(TT)が

替わりにヨーロッパの生ハムを提供してくれます。

ユーロの生ハムの共演です。

イタリア&スペインの生ハム達です。

ちなみに、お皿の生ハム達は

プロシュート、パルマ、ハモン・セラーノ、ハモン・イベリコ。

の4種類。

世界の3大ハムと言われてるのが

イタリアのプロシュート。

スペインのハモン・セラーノ

中国の金華ハム。だそうです。

その中の2つが、このお皿に!!!

さらに、

イベリコの生ハムの原木も登場!!!!

イベリコ(スペインの豚肉の品種)の中でも最上級の

べジョータってグレードのものです。

普段は、厨房でスライスしたものを食べさせて

頂くんですが今回は特別に

同行したフルハウスさんが、スライスに挑戦!!

【見てください、ほっぺが落ちそうでしょ?】

ヨーロッパの生ハムは、熟成期間が長い為

味わい深い風味が特徴です。本当美味しかった!

さらに飛騨工房では、生ウインナーも製造していて

レストランで提供してくれます。

特徴は、お肉がぎっしり詰まったウインナ-

ヒロりんが何時も食べてるのとは、食感から違います。


ヨーロッパには、行った事がありませんが

そんな雰囲気にさせてくれる工房でした!!

それでは、アディオ~~ス

グワシ!!

コメント: 4

フルハウス 2008年6月14日 09:13

こんにちわ。フルハウスです。ヒロりんと生ハム食べに飛騨まで行ってきました。

提供されている生ハムは機械で切っていますが、恥ずかしい写真のように手切りもしました。実は初めてだったりもしますが…

それで、このイベリコがこれがまた驚くくらい風味があって、味が濃くその絶妙なバランスが今でも忘れられません!

早く工房の生ハムできないかなぁ~

美味しくなってほしいなぁ~

機会があればレポートします。

ヒロりん 2008年6月14日 09:22

フルハウスさん。おはようございます。
手切りのイベリコ生ハムの味は、格別でしたネ~。
多分、飛騨工房の生ハムを1年後には格別の
風味を携えて出荷されると思うと
ワクワクです。
最新レポートについては、是非ヒロりんまで
送っていただきたいな~~。

KAZU! 2008年6月14日 12:53

ヒロリんさん!お早う御座います!いや!もう昼か
!!生ハムと聞いてはだまっていられません!笑い!!向うの生ハムは特に凄い!イタリアやスペインは文化が違います!特にスペインは一日5回ほど
食事が有るのですよ!生ハム類は、2回目の朝の軽食(メリエンダ・メデイア・マニャーナ)か一日のメインの食事アルムエルソ(PM2時頃)の食事に
主に出されますが!スペイン人は皆大好きですよ!
それでは!アスタマニアーナ!!!
(又、お会いしましょう)

ヒロりん 2008年6月14日 13:07

KAZU!さん、こんにちは。
1日に5回も食事があるんですか~。
知らなかったです(汗)
しかも生ハムが朝・昼で出るとは。
全く日本と違うんですネ。
生ハム=ご馳走ってイメージなので
ついつい夕飯と思ってしまう私が勉強不足です。
それにしてもKAZU!さん、知識が豊富。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10011
この記事へのトラックバック一覧
飛騨工房に行ってきました~② from 29Log

ホーム > お肉のあれこれ > | 産地訪問 > 飛騨工房に行ってきました~②

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でも29Log
http://blog.todock.com/mt4i/29log/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ