生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > お肉のあれこれ > | 産地訪問 > 飛騨工房に行ってきました~①

飛騨工房に行ってきました~①

こんにちは、ヒロりんです。

飛騨高山に新しく出来た

生ハムと生ソーセージの工房ダイニングに

【飛騨工房】さんにおじゃましました。

コンセプトは、ハム・ソーセージの本場である

ヨーロッパの味を国内で再現したいとの思いで造ったそうです。

こ洒落た建物を入ると

「生ハム」がど~~んと!!

本場ヨーロッパでは、生ハム=豚のモモ肉を原料として

製造してるんです。【飛騨工房】さんも、本場ヨーロッパの

生ハム造りを行なっていて、その数60本!!が

只今、熟成中なのです。

この生ハム達は、骨付きの豚モモをじっくり時間をかけて

水分を抜き熟成されます。

その期間は1年以上!!

よって、まだ食べれません(TT)

脂で覆われた外側は、良いのですが、解体時にカットした面の

乾燥を防ぐ為、ある程度の熟成期間が経った物は

ラードでカバーします。

本場ヨーロッパの生ハム工場はテレビでしか見た事がありませんが

間近でこの製法を見ると迫力があります。

塩も当然こだわっていて、岩塩を使っているそうです。

精製塩と違いツブが大きくで、しょっぱくないんです。

ちなみに、この生ハムが食べれるのは

来年以降(TT)の、お楽しみ

では、

グワシ!!

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10010
この記事へのトラックバック一覧
飛騨工房に行ってきました~① from 29Log

ホーム > お肉のあれこれ > | 産地訪問 > 飛騨工房に行ってきました~①

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でも29Log
http://blog.todock.com/mt4i/29log/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ