生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > お店のあれこれ > | 産地訪問 > 苫小牧地区情報~白老牛のお話その①

苫小牧地区情報~白老牛のお話その①

こんにちは、苫小牧地区特派員の @エリモです。

そうです、苫小牧地区とは言いますが、すんご~~~~く広いんですヨ。

でも今日は、比較的に近隣にある白老牛の紹介です。

苫小牧地区は、コープさっぽろの畜産部門で売上ベスト15位までに

入る大型店舗が3店舗もありますが、この3店舗よりも売上とお店の大きさは

負けますが、牛肉の販売構成比が勝っちゃうお店があるんです。

それが、白老店なのです。

1_2

苫小牧地区では、お隣りの白老町で生産されている白老和牛が

人気NO1.苫小牧市役所からも車で40分の所に白老和牛が

肥育されてる「ブリーディング白老牧場」があります。

この牧場は面積7万坪!の広さで、現在400頭の和牛を肥育してます。

味にこだわり、雌牛のみの肥育と聞いてさらに驚き!

かのフレンチの巨匠も「黒毛和牛の中で3歳の雌牛が最高の和牛」が

持論との事で、白老和牛がソレにあたります。

2_2

僅か5~6頭の牛の肥育からスタートして現在に至ります。

2~3年後には一貫生産を目指してるそうです。

3_2 4_2

この中に沢山牛がいるんです。

牧場は清潔感たっぷりで牛舎の床は、おが屑・木屑の中間の様な

チップを使用し4日に1度、新しい物と交換されています。

7_2

交換されたチップは、牛の飼料や牧場の堆肥として再利用し循環型の

牧場としての整備を進めています。

5_2

6

これが牛の飼料になる牧草ロールで250Kg位もあります。

8

ちなみにマス毎(牛の部屋)に管理表を付けて管理しています。

ここの牧場は、牧場内に小川が流れていて、しかも温泉も湧いているんです。

牛には、夏は地下水・冬場は温泉水を飲ませてるそうです。

冬場は牛も体が温かくなって良いらしいです。

コメント: 2

KAZU! 2008年1月12日 03:15

@えりもさん!お早う御座います!初めまして!
KAZUです!白老牛に最近はまっている一人です!
何故かと言うと肉の味がはっきりしているのです!
等級により価格が決められていますが!本来の等級
とは違う部分に成りがちです!只刺しが入り脂まみれで柔らかければ美味しいと言う今日此の頃ですが
やはり、本当の肉の持つ美味しさも消費者には知っ
て頂きたいですね!今後とも宜しく!!
「独り言です!!笑い!!」

@えりも 2008年1月12日 11:07

kazuさん始めまして、@えりもです。白老牛のお話の紹介のコメント有難う御座います。苫小牧地区から初めての掲載ですが、取材では、生産者の方のご苦労も再認識致しました。私達も大切に育てられた白老和牛を組合員の皆さんに、もっと広げていきたいと思っています。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/9939
この記事へのトラックバック一覧
苫小牧地区情報~白老牛のお話その① from 29Log

ホーム > お店のあれこれ > | 産地訪問 > 苫小牧地区情報~白老牛のお話その①

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でも29Log
http://blog.todock.com/mt4i/29log/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ